ピクシブ百科事典

メカギラス

めかぎらす

メカギラスとは、『ウルトラマン80』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:60m
  • 体重:5万トン
  • 別名:四次元ロボ獣
  • 出身地:四次元空間


概要

第5話「まぼろしの街」に登場。
バム星人が、捕まえた人間たちを利用して建造したロボット怪獣
原題の科学力では発見しにくい本拠地である四次元空間と人類の住む三次元空間を自由に行き来することができ、それを利用してUGMのレーダー基地を狙って破壊行動をしていた。
武装は破壊光線と、上顎から発射されるミサイル。このミサイルは1分間に2000発発射され、一度狙われたら避けることはできない。また、前面は強力なバリアで身を守っており、正面からでは打撃攻撃はおろか、サクシウム光線すら通用しない。ただしこのバリアは四次元空間でのみ使用することが可能で、三次元ではUGMの攻撃で損傷していた。
UGMのレーダー基地などの主要施設を次々と襲撃したが、自分が不利な状態に追い込まれると四次元空間に逃げていた。
四次元空間でウルトラマン80と戦闘。上述の能力で80を苦戦させたが80が首の回りを高速で回転されて首の回転が止まらなくなってしまい、首の関節部分にスパークビームを命中させて隙を作って三次元世界に引きずり出し、両足で蹴り飛ばされサクシウム光線を受け首と両腕が吹っ飛び大破した。

ウルトラ怪獣擬人化計画

メカギラス


ザンドリアスに続き、『80』出身怪獣としては2体目のラインナップとなった。
デザインを担当したのは、ゴモラバードンベムラーのデザインも手掛けている、ニトロプラスminoa氏。
minoa氏の描き下ろしたイラストも投稿されている。

ウルトラ怪獣擬人化計画「メカギラス」



容姿は金髪碧眼アンドロイド少女といったところ。肩や腰の球体関節、そして何より大きく結わえたポニーテールがチャームポイント。
頭部のミサイルの発射口や腕部などに名残は見られるものの、それ以外のパーツはほぼオリジナルとなっており、一目見ただけではメカギラスとはわかりづらい見た目になっている。これを大胆なアレンジと取るか、魔改造と取るかは人次第であろう。

漫画版でもモブキャラとして何度か登場しているが、台詞が少なく、細かい性格設定などは不明な点が多い。
なお、とあるエピソードでは花粉症に悩まされている描写があることから、アンドロイドではなく生体組織に機械を融合させたサイボーグである可能性もある。

アニメ版では劇場版に登場。
同じ『80』出身のキャラクターであるザンドリアスノイズラーのバンド活動に参加しているようだ(ちなみに、ポジションはベース。正規のメンバーなのかサポートメンバーなのかは不明)。

月刊少年シリウスで連載されているもう1つの漫画作品である『ウルトラジャーニー』では、ペダンシティーに住むアンドロイドの1体として登場。作中では既に暴走したキングジョー一族によって破壊されており、時空移動をしていたヒナとナタのそばを残骸が横切るシーンがある。

余談

鳴き声はガイガンの、足音はメカゴジラの流用。そういえば、見た目もどこかメカゴジラと似ているような…。

漫画版には後継機のメカギラス2号機が登場。猛の同僚である相原京子を人質に取ったバム星人が復讐目的に作ったもので、初代とは異なり3機のメカに分離が可能。ウルトラブーメランで首を切り飛ばされ、サクシウム光線で粉砕された。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 ロボット
メガギラス…名前が似ているが全く無関係のキャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「メカギラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191017

コメント