ピクシブ百科事典

ギマイラ

ぎまいら

ウルトラマン80に登場する怪獣
目次[非表示]

概要

吸血怪獣

体長59m
体重5万2千t
出身宇宙

ウルトラマン80第17話「魔の怪獣島へ飛べ!!(前編)」、第18話「魔の怪獣島へ飛べ!!(後編)」に登場(ただし前編は触手状の舌と鳴き声だけで登場)


能力

全身から宇宙のカオスで出来ているを発生させ、吸い込んだ人間の思考能力を低下させて思うがままに操る。また霧はビルや戦闘機などの無機物を破壊するという二重の効果を持ち、一気に噴出することで強力な武器になる。
霧はUGMの技術でも分解は不可能というとんでもないもの

最大の武器は頭部から生えた
突き刺すことで強力なエネルギーを送りこめる他に、生物を怪獣化させる怪光線を出し、怪獣化した生物を自分の思うままに操ることができる。しかも怪獣化させられた生物は元に戻ることは不可能で元に戻ることができるのは死ぬときだけという残酷な能力で、劇中では人間怪獣ラブラスとタコ怪獣ダロンを支配下に置いていた。
他にも触手のようなによる電撃攻撃と多彩な能力を誇り、格闘戦でも80を上回るパワーを持っていた。

上述の能力で操った人間や怪獣をUGMや80に差し向け、自分は咆哮だけで命令して高みの見物をする高い知性を持っている。


劇中の活躍

20年前に、後にイトウチーフの婚約者で宇宙人でもある星沢子の宇宙船を襲い、地球へと飛来して潮風島の岬の洞窟に潜伏していた。
そして20年経ち、消耗していたエネルギーを蓄えようと島を霧で包み、島民たちを操り生き血を啜っていた。
同じ頃、島の異変に単独で向かったイトウチーフをラブラスに怪獣化させた。

連絡がとれなくなったイトウチーフの捜索と島の異変調査にやってきた矢的らUGM隊員にラブラスとダロンを差し向けて80を苦戦させるが、人間の意識を取り戻したラブラスがダロンに攻撃し、その隙に80はウルトラレイランスでダロンを仕留める。しかしラブラスは姿を消す。

後日、沢子は矢的らを持っていた爆薬を奪い、止めようとする矢的を振り切りギマイラの住処を爆破する。
姿を現したギマイラは防衛隊の戦闘機を次々と撃墜し、変身した80を圧倒的なパワーで追い込む。
そんなピンチにラブラスが再度現れ、ギマイラに反旗を翻し決死の反撃をする。
ギマイラがラブラスを始末してる間に体力を回復させた80の渾身の反撃を受けてしまい、最期はムーンサルトキックを受けて爆散した。

ダロンの時もギマイラの時もラブラスの加勢がなければ80は敗北していたかもしれない…


余談

80交戦時は洞窟を爆破されやむなく出てきた。つまりエネルギーは不完全だったにも関わらず、終始80を圧倒していた。
そのためPHP文庫の書籍「最強ウルトラ怪獣決定戦」においては、他の80怪獣最強候補のザキラプラズマ&マイナズマを差し置いて、 80エピソード中最強の怪獣であると分析されている。


鳴き声は『ウルトラマンA』のバキシムの流用。

80以外での登場

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の百体怪獣ベリュドラの右手の人差し指のパーツとして登場している。
有言実行三姉妹シュシュトリアン」では冒頭でハヤt…ではなく怪獣おじさんに修復されるスーツ役で頭だけ登場した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギマイラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18506

コメント