ピクシブ百科事典

再生怪獣

さいせいかいじゅう

再生能力を持った怪獣。または過去、何らかの形で倒された怪獣が復活した個体の総称。
目次[非表示]

概要

再生怪獣には大きく分けて2通りの意味がある。

  1. 一度倒されても復活するいわゆる再生能力を持った怪獣。
  2. 早い話が仮面ライダーシリーズなどに登場する再生怪人怪獣版の事。

しかし、怪獣は背後の悪の組織によって誕生した個体なぞ殆どいない訳であるからして、1の場合は生まれながらの体質、2の場合は超常現象的なやら何かしらのエネルギーを得る、何者かの手により新な命を吹き込まれる、あるいは怨念の力や特殊能力で蘇生したりして蘇る場合が多い。
そのため、姿が生前より少し変わっていたり、能力強化や新たな力を得たりしている場合が多い。

しかも、再生後は全く違う個体として扱われる者も多いため、再生怪人と違い、戦力が戦闘員以下になることは殆ど無いのが特徴である。

ただし忍者反比例の法則に該当する場合は話が別なのは言うまでもない。
また、元が強大な個体(所謂中ボス・ラスボス格)が何らかの手法で自我なき操り人形として復活した場合は、ほとんどがオリジナルの実力を発揮出来ていない。そのため、再生対象の実力によっては単体であってもその実力を完全再現されないことがある。

なお、ジャンボーグAキングテッドゴンは再生怪獣という肩書だが、死んだ人間の遺体をつなぎ合わせて作ったという出自で、1でも2でもない珍しい例。

主な再生怪獣(1の意味で)

フランケンシュタインフランケンシュタイン対地底怪獣
サンダ(フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ
ガイラ(同上)
岩石怪獣ゴルゴスウルトラQ
ストップ光線怪獣ストップゴン(マグマ大使
変身怪獣ザラガスウルトラマン
再生怪獣ギエロン星獣ウルトラセブン
廃棄物人間怪獣ダストマン(スペクトルマン
人喰い墓場怪獣ベガロン(同上)
磁力怪獣マグネドン帰ってきたウルトラマン
異次元人ヤプールウルトラマンA
未来恐獣ガイガン流星人間ゾーン
再生恐獣カスタムジュラー(同上)※1
再生怪獣ライブキングウルトラマンタロウ
大ガニ怪獣ガンザ(同上)
不死身怪獣リンドン(同上)
分裂怪獣ワニゴドンザ☆ウルトラマン)
毒ガス怪獣メダンウルトラマン80
再生怪獣サラマンドラ(同上)
アメーバ怪獣アメーザ(同上)
宇宙の帝王ジュダアンドロメロス
邪悪生命体ゴーデスウルトラマングレート
赤色火炎怪獣パワードバニラウルトラマンパワード)※2
再生怪獣グロッシーナウルトラマンダイナ)※3
吸電怪獣ギアクーダ(同上)
宇宙捕獲メカ獣Σズイグルウルトラマンガイア
鉱脈怪獣アーナガルゲウルトラマンネオス
脳魂宇宙人ザム星人(同上)※4
フィンディッシュタイプビースト・ノスフェルウルトラマンネクサス
溶岩怪獣グランゴンウルトラマンマックス
完全生命体イフ(同上)
宇宙斬鉄怪獣ディノゾールリバースウルトラマンメビウス
宇宙礫岩怪獣グロマイト(同上)
無双鉄神インペライザー(同上)
冷凍星人グローザム(同上)
虚空怪獣グリーザウルトラマンX
奇機械宇宙人ガピヤ星人サデス(劇場版ウルトラマンオーブ
亡霊魔導士レイバトスウルトラファイトオーブ
アブソリュートディアボロウルトラマントリガー

※1:軟体恐獣ジュラーからもぎ取られた腕が1体の怪獣(恐獣)として再生を遂げたもので、本体は倒されていない。

※2:バニラ自身の能力か、封印されていた石棺によるものか不明。パワードアボラスも再生できる可能性あり。

※3:以前出現して倒された個体がサイクロメトラに寄生されて復活したもので、自身に再生能力はない。2の意味も持っている。

※4:パイロット版及びウルトラマン超闘士激伝の設定。OV版はこの設定はない。

主な再生怪獣(2の意味で)

ウルトラマン


再生ドラコ再生テレスドン再生ピグモン

何れも怪獣酋長ジェロニモンの特殊能力で復活した個体。再生テレスドンと再生ピグモンはそうでもないが、再生ドラコにいたっては何故か生前と姿が少し変わっている(翼が無いのは以前、レッドキング(2代目)にむしり取られた事が原因だと、まだ説明がつくのだが、角の数が1本から5本に変わっていたり、両腕が鎌から普通の腕になっていたりと不思議なことが起きている)。

ちなみに戦力的には戦闘員以下しかなく、ピグモンにいたっては元が善良な怪獣であったため、問題外……。っというか彼の活躍でイデ隊員の目が覚めたため、彼は大健闘をやってのけたのだけは間違いない……。

キャプテンウルトラ

メタリノーム、ゴースラー、キュドラ、アメゴン、ウルゴン、シャモラー

先に復活したメタリノームが復活させた。リーダーのメタリノームが喋るようになった以外は能力は従来のものだが、5体とも仲が悪くてメタリノームが手を焼くことに。

スペクトルマン

ネオヘドロン、再生サタンキング再生ゴキノザウルス再生モグネチュードン再生バロンザウルス再生ネズバートン、モッグス2

何れも宇宙猿人ゴリが作り出した怪獣。ネオヘドロンはかつてのヘドロンとは大きく異なる姿となったが、それ以外はかつてゴリが作った怪獣をほぼ同様の姿で再生させたものとなっている。

帰ってきたウルトラマン

再生シーゴラス再生ベムスター

何れもナックル星人の手によりウルトラマンジャックの戦力を調べるために蘇生された個体。
なお、シーゴラス、本編では殺されていないのだが、何故か再生怪獣として登場している。
「死んだ別個体をナックル星人が蘇生させた」という解釈の他、「ナックル星人が角を『再生』させた(=初代と同一の個体)」と記している児童書もあり、角をスペシウム光線で破壊されただけで絶命しているらしい。

ウルトラマンタロウ

再生デッパラス再生エレキング改造怪獣

再生デッパラスはデッパラスが怨念の力(?)により蘇生した姿で生前より凶悪化、更に姿も結構不気味なものに変化している。
再生エレキングは以前ウルトラセブンに斃された個体が月光の光を浴びてエネルギーを蓄え蘇生した姿。要はゾンビである。以前は高圧電流を武器にしていたが、今回は火炎を武器としており、体色が濃い黄色に変化しており、満月の晩にしか活動できないという特徴を持つ。ついでに最早ピット星人に操られていない=野生化した状態なため、角も回転していないらしい。
ちなみに再生エレキング、別名を改造エレキングともいい、映画『ウルトラマン物語』では宇宙の悪魔ジュダの配下のメフィラス星人が改造を施して連れてきた個体という設定である。

ウルトラマンダイナ

クローンシルバゴンクローンシルドロンクローンダイゲルンゴルザⅡ幻影怪獣軍団

クローン怪獣たちは以前倒されたものをコピーしたもの。以前の個体の弱点を補強してあるがいずれも前座。
ゴルザⅡはアスカ達が「ゴルザスフィアが甦らせたのでは?」と推測しているが詳細は不明。(書籍では単にゴルザの同族としているものもある)
幻影怪獣軍団はメージヲクによるもので実体はない。

ウルトラマンネオス

再生シルドバン

一度倒されたシルドバンの身体がバッカクーンに寄生されて操られているもので、生命活動が再開しているわけではない。1の意味の内のグロッシーナサイクロメトラの関係にも近い。

ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース

暗黒四天王知将・アーマードメフィラス(G)
暗黒四天王謀将・策謀宇宙人 デスレム(G)
暗黒四天王豪将・冷凍星人 グローザム(G)
暗黒四天王邪将・異次元超人 メビウスキラー(G)

TV本編で倒された暗黒四天王が復活した個体で、Gはゴーストの意。

ウルトラ銀河伝説


俺様の部下は多すぎるのでベリアル軍団を参照しろ。ガハハ。

なお、ベリアル自身も複数回再生を遂げている。

ウルトラマンサーガ

怪獣兵器アーストロンゴメスグビラ
バット星人によって怪獣墓場から復活した個体。

ウルトラゼロファイト

地獄の四獣士サドラベムラーテレスドングドン
バット星人グラシエによって怪獣墓場から復活した個体。

ウルトラファイトオーブ

デマーガメカゴモラジュダ・スペクターバードンハイパーゼットングドンツインテールキングジョービクトルギエルタイラント

亡霊魔導士レイバトスの能力で復活した個体。概ねオリジナルと同程度の実力を発揮しているのだが、ビクトルギエルはその強みを生かせることが出来ずに退場している。
また、タイラントは怪獣の魂を融合する形で召喚されているうえ、レイバトスの魔力と同調することで強化されているため、実質強化新生個体と言っていい。

ジャンボーグA

キングジャイグラスドクロスキングデモンスターアントロン
霊媒怪獣ウータンによって復活。

電光超人グリッドマン

メカギラルスメカバモラメカステルガンメカバギラメカフレムラー再生シノビラー/カンフーシノビラーネオメタラスメカジェネレドン
一度倒された怪獣を復元、強化したもの。フレムラーは倒される前の状態で復活してから強化された。

SSSS.GRIDMAN

再生産怪獣軍団
過去に新条アカネが製作し倒された怪獣たちアレクシス・ケリヴが復活させたもの。

ゲームオリジナル

再生ビルガメラー

ウルトラQ』と『ウルトラマン』の間を描いたPCゲーム『ウルトラ作戦 科特隊出動せよ!』に登場するオリジナル怪獣の1体。
第2話で科学特捜隊に氷漬けにされ、半永久的な冬眠状態にされたビルガメラーが宇宙から地球へ接近して来た宇宙鳥獣エックスの卵が放出する電磁波の影響で、急成長した姿で、厳密には再生怪獣とは言わないのかもしれない。
ちなみに再生ビルガメラー、後にエックスと対決し、呆気なく敗北したらしいので、如何やらエックスの強さを見せつけるためだけに用意された怪獣だったらしい…。

改造タイラントII
ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』に登場するオリジナル怪獣の1体。
一度倒された改造タイラントが、強化された合体能力で他の怪獣の怨念を取り込み復活した姿。形状は本来のタイラントに近いものになっている。この形態では倒されても再び怪獣の怨念を取り込んで再生することができるため、1の要素も併せ持っている。

その他


名前に再生とは付いていないが、ザ☆ウルトラマンに登場するバラドン星人怪獣墓場から蘇生して連れてきたレッドキングアボラスバニラアーストロンゴーストロンゴキネズラや『ウルトラマンメビウス』のドラゴリー、ゲーム『ウルトラマンFighting Evolution Rebirth』に登場するブルトンレッドキングエレキングタイラントゴモラジェロニモンなども再生怪獣たちである。

上記以外にも、『DXウルトラコクピット』の専用DVDに登場するアークボガールとの決戦時に、彼が潜伏する異空間に登場する怪獣たちや、ウルトラセブンの未制作シナリオ『宇宙人15+怪獣35』に登場する宇宙人連合軍が連れてきた大怪獣軍団も再生怪獣たちである(後者などは仮面ライダーSPIRITSの再生怪人大軍団状態のため、数に物言わせて(ただしピグモンは除く)セブンやウルトラ警備隊をとことん追い詰めている)。

また、ウルトラマンにこそ倒されていないが、元々死体だったものが復活したシーリザームードンといったケースも存在する。が、こちらは再生怪獣には分類されにくい。

メカゴジラIIキングジョーIIヘルズキング改など、一度破壊されたものが再建されたロボット怪獣も、再生怪獣扱いされることは少ないようである。

関連タグ

ウルトラ怪獣 再生怪人 ウルトラシリーズ ゾンビ

関連記事

親記事

怪獣 かいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「再生怪獣」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「再生怪獣」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1089

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました