ピクシブ百科事典

メカゴモラ

めかごもら

メカゴモラとは、サロメ星人が古代怪獣ゴモラを元に作り上げたロボット怪獣。
目次[非表示]

概要

  • 身長:44メートル
  • 体重:2万2000トン
  • 別名:メカロボット怪獣


かつてにせウルトラセブンを製造した侵略星人サロメ星人の技術で、別次元のレイ(レイモン)のゴモラのデータを元に開発された。その性能はオリジナルより遥かに優れており、設定上はEXゴモラのデータもフィードバックされているという(そのためなのか、登場した当初は、通常のゴモラを終始圧倒していた)。

宇宙人がオリジナルを元にロボットを作り上げ、本物と戦うシーンはアレを連想した人も多いだろう。実際、公式もそれをオマージュ元にしている。

武装

  • メガフィンガーミサイル…指に内蔵されているミサイル。
  • メガボディーミサイル…腹の棘のミサイル
  • クラッシャーメガ…右胸のビームランプから発射されるビーム。
  • ナックルチェーン…鎖付きのロケットパンチ
  • メガ超振動波…ゴモラのデータを基にした超振動波
  • 熱線…ウルトラファイトオーブで使用した武器。口から発射する
  • 切断光線…ウルトラマンジードで使用した武器。腹部から発射する。


主な活躍

ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ

STAGEⅠ、Ⅱと共に登場。

ひょんな事で惑星チェイニーに着陸したレイ達の前に立ちはだかり、圧倒的な戦闘力でゴモラを苦戦させる。突如助っ人で登場したウルトラマンゼロには手も足も出ずに一旦退場するも、サロメ星人の基地を攻撃していたレイのリトラをメガ超振動波で撃墜する事に成功する。

続くSTAGEⅡでは再びゴモラと対峙するが、何らかの原因で暴走したダークロプスゼロ(元々はカイザーベリアルの物だったので文句は言えないが)に洗脳されてしまい、今度は2対1でゴモラに襲いかかるも、ニセウルトラ兄弟との死闘を潜り抜けたゼロの加勢により再び形勢が逆転。

最後は別次元のレイと力を合わせパワーアップしたゴモラの超振動波を受けて敗北した。

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル

第2弾に登場し、ゴモラ、ゴモラ(レイオニックバースト)、EXゴモラの3匹とのゴモラ対決を披露する。
しかしライブしていた千草が「科学の力を見よー!」と調子に乗ってミサイルやビームを乱発したために顰蹙を買って袋叩きに遭ってしまい、尻尾を引きちぎられた挙句ゴモラ軍団の中で最初に脱落してしまった。

ミサイル発射シーンは『ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』からの流用。

ウルトラマンX

第14話に登場。

今回は、地球に呼ばれたマーキンド星人からスパークドールズの状態でシャプレー星人の手に渡り、グア軍団の戦力として使役される(スパークドールズの入手経路は明らかにされていないが、公式サイトでは「サロメ星人が開発したものを調達した」との記載があることから、こちらの世界でも元々はサロメ星人の物だったと思われる)。

Xioの基地周辺で暴れ出し、同じくゴモラを元に作り出されたサイバーゴモラと対決。
互角の戦いを繰り広げたものの、サイバー超振動波とアリサ隊員の放ったウルトライザーのコンビネーション攻撃で完全に破壊された。

ウルトラファイトオーブ

亡霊魔導士レイバトスが復活させた個体で、恐らくかつてレイとゴモラによって倒された個体が復活したものと思われる。
ゼロとジュダ・スペクターとの戦いに突如乱入し、一度はゼロを追い詰めるものの、追跡してきたオーブライトニングアタッカーの妨害に遭い、こちらとの戦闘に突入。
頑丈な体表と「攻撃をされてもダメージを受けない」という亡霊体の特性を存分に活かしてオーブを苦戦させるが、オーブがオーブトリニティになると徐々に劣勢となり、最後はウルティメイトゼロとオーブトリニティの合体攻撃を浴びてジュダ・スペクターともども爆散した。

ウルトラマンジード

第19話『奪われた星雲荘』に登場。
伏井出ケイ怪獣カプセルから出現させた個体で、ケイに操られたレム人間態が操縦する。首が弱点。
ジードを苦戦させたが、レムがケイの支配から逃れて脱出すると逆転。ロイヤルメガマスターのスペシウムフラッシャーで倒された。

関連項目

ウルトラ銀河伝説外伝ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ ウルトラマンギンガ ウルトラマンX ウルトラファイトオーブ ウルトラマンジード
サロメ星人 グア軍団 レイバトス ゴモラ

サイバーゴモラ - 同じくゴモラのデータを元に生み出された怪獣。『ウルトラマンX』で共演。

pixivに投稿された作品 pixivで「メカゴモラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19040

コメント