ピクシブ百科事典

サイバーゴモラ

さいばーごもら

『ウルトラマンX』に登場するサイバー怪獣の1つ。
目次[非表示]

データ

身長40m
体重2万t
別名電脳怪獣


概要

防衛チームXioが、大空大地の持つ古代怪獣ゴモラスパークドールズを解析して得られたデータを元に作り出した、サイバー怪獣の1つ。

体の色は青を基調としており、姿形は本物のゴモラを忠実に再現しているものの、外見がかなりメカニカルになっている(まぁ、データ怪獣なのだから当然だろう)。また、両腕がより重厚かつ巨大になっており、爪も非常に長くなっているのが特徴。腕にはゴモラの頭文字であるアルファベットの「G」が赤い字で刻まれている。

大地のスパークドールズのデータを元にしている為、スパークドールズの頃の記憶を保持しており、大地の身を案ずるなど感情を有していることが窺える。

両腕の爪を活かした豪快な一撃を武器とする。また、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』で、レイのゴモラが使用していた「大回転打」のような尻尾浴びせ攻撃も披露した。また、両腕は盾のような役割を果たし、相手の光線を弾き返してダメージを与えることも可能。
必殺技はサイバー超振動波。エネルギーを両腕のクローと角に集め、敵に高速で接近し、ゼロ距離で振動波を浴びせる(両腕からも振動波を発する点以外は『大怪獣バトル』でゴモラが使用していた「ゼロシュート」に近い)。

戦闘能力は非常に高く、エックスとの2人掛かりだったとはいえ、あのキングジョーを圧倒した上、ザラガスやメカゴモラといった歴代のウルトラ戦士たちを苦戦させてきた強敵や、ダークサンダーエナジーを浴びてパワーアップした怪獣たちを相手に互角以上の戦いを繰り広げている。

実体化前

サイバーゴモラを含むサイバー怪獣は、当初は実体化させて使役することを想定して開発されていたもので、第1話ではサイバーゴモラの実体化実験が行われているが、体を構成するエレクトロ粒子の定着が67%に達したところで崩壊・消滅してしまい、実体化に失敗してしまった。

それ以降はエックスの装備するモンスアーマーの1つ:ゴモラアーマーを装着する際にサイバーカードが使用されているのみで、直接登場はしていなかった。

ただ、上記の実体化実験のシーンでは実際にサイバーゴモラの着ぐるみが制作され、それをデジタル処理することで粒子定着の様子が描写されている。このため、ファンの間では今後、何らかの形で実体化して登場してくれるのではないかと期待する声も上がっていたのだが……。

第7話と8話の間に放送された総集編「出会い そして仲間たち」の予告シーンにて、なんとザラガスと戦闘するサイバーゴモラの雄姿が!!

ファンの予想通り、実体化が決定したのだ。

実体化後の活躍

第11話

初登場は第11話「未知なる友人」。

実は第1話以降もシンクロ実験は続いており、冒頭では26回目の実験で実体化には成功している。しかし、大地の脳波とのシンクロが成功せずに、粒子がすぐに分離してしまう状態が続いていた。
27回目の実験の後からゴモラが大地に思考を読まれないように心を閉ざしてしまったため、実体化どころか心を知ることも出来ない状態になってしまう。

君と僕の絆!


しかし、キングジョーとの戦いで窮地に陥った大地のエクスデバイザーにカードが出現。大地の心と繋がったことで、これまで心を閉ざしていたのは大地と繋がることで彼の身に及ぶ負担を心配してのことだったと判明する。その後、戦う覚悟を決めていた大地の意志を受け入れ、その心が繋がったことでスパークドールズが出現、それをリアライズして実体化に成功する。そしてエックスと共にキングジョーと戦い、見事な連携で撃破した。

第12話

今回は、ツルギデマーガに敗れて電脳世界に散ってしまったエックスのデータを探している大地に変わり、アスナが脳波コントロールする形で実体化した。
ギナ・スペクターが実体化させたザラガスを相手にザラガスフラッシュに苦しめられながらも善戦し、最後はサイバー超振動波で撃退することに成功した。

第14話

ギナ・スペクターの手によってXioの基地近くに出現させられたメカゴモラに対抗すべく、今回もアスナ隊員によってリアライズさせられる。
強固な装甲と豊富な武装を誇るメカゴモラを相手に一進一退の激しい攻防を繰り広げるが、最後はサイバー超振動波とアリサ隊員の放ったウルトライザーの同時攻撃でメカゴモラを粉砕し、勝利を収めた。

第15話

ウルトラマンX 第15話「戦士の背中」


ダークサンダーエナジーでパワーアップしたゴメスに苦戦するエックスを援護するために、アスナに代わって神木隊長自らがリアライズ。ゴメスの怪力や口からの破壊光線に翻弄されながらも、隊長本人のボクシングスタイルで互角に戦い、エックスの勝利に繋げた。

第21話

Xio日本支部に保管されているスパークドールズを狙い飛来してきたグリーザを迎撃すべくアスナ隊員がリアライズ。エクシードXと貴島隊員の操縦するスカイマスケッティと共にグリーザに立ち向かうが、体術や多彩な光線技に翻弄されて敗北してしまう。

第22話

グリーザを食い止めるべく貴島隊員がリアライズ。果敢に立ち向かうも、やはりグリーザの猛攻の前に敗北してしまった。

劇場版

東北から地底を通って首都に向かうザイゴーグ迎撃のために大地がリアライズ。サイバー超振動波をぶつけるも通用せず、ザイゴーグが発射した二本の棘で貫かれ敗北した。
後にサイバーカードがアスナの持つXioバズーカに使用され、「ゴモラ振動砲」を発射した。

余談

TV本編の登場に先駆け、2015年9月26日にソフビが発売。
ソフビには新たにデザインの描き直されたサイバーカードが付属している。

第1話の脚本初稿では、実体化してファイヤーゴルザとの戦いで負ける展開だったが、戦闘シーンが多くなることから、出番を先送りされた。

当初、第19話ではサイバーゴモラがEXゴモラに変貌するという予定だった。

関連項目

ウルトラマンX ゴモラ サイバーカード サイバー怪獣
モンスアーマー ゴモラアーマー

メカゴモラ - 同じくゴモラのデータを元に生み出された怪獣。ただし、こちらは侵略者の尖兵である。第14話で共演。

pixivに投稿された作品 pixivで「サイバーゴモラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64596

コメント