ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゴモラアーマー

ごもらあーまー

ウルトラマンエックスが身に纏うモンスアーマーのひとつ。オーブトリニティも使用可能。
目次 [非表示]

『サイバーゴモラ・ロードします』

『サイバーゴモラアーマー・アクティブ』


エックス「ちょっと、何だよこれ!?」

大地「地球人のサイバー怪獣技術とエックスのコラボ! 名付けて、ゴモラアーマー!!」

概要編集

  • 身長:45m
  • 体重:5万5千トン

Xioが、大地の持つゴモラスパークドールズを解析して開発したサイバー怪獣の一つであるサイバーゴモラのデータをリードすることで纏うモンスアーマー。初登場は第2話。


鎧の色は水色で、両腕のプロテクターに赤く「G」と刻まれている(これは元になったサイバーゴモラも同様)。


両腕のクローを用いたパワフルな戦いを得意とする。アーマーは重厚な見た目通りにかなり頑丈で、第2話では素の状態で苦戦したあのバードンのクチバシによる攻撃を連続で受けてもビクともしなかった(だが流石にゼットンのパワーの前には叩き伏せられている)。


必殺技はゴモラ振動波。両腕のクローにエネルギーを集めて発射する。ザナディウム光線と同様、相手をスパークドールズ化させる効力を持つ。

第5話では、大怪獣バトルでのゴモラのゼロシュートのように、両腕の爪を敵の体に突き立てて直接振動波を流し込むという使用方法も見せている。第9話では暗黒星団チームの面々をスパークドールズ化させることなく宇宙の彼方へと吹っ飛ばした。


第11話でサイバーゴモラの実体化が成功し、実戦投入されて以降は登場しなくなった。

しかしウルトラマンオーブの劇場版『絆の力、おかりします!』で久しぶりに登場している。


オーブトリニティ編集

エックスの力を受け継いだオーブトリニティも使用可能。

初使用時は腕部分のみを使用していたが『つなぐぜ!願い!!』ではフル装備して使用。肉体をデータ化してサイバー空間に出入りすることが可能となる事が判明しており、劇中ではギルバリスの作り出したサイバー空間に飲み込まれそうになったジードを救出するために使用した。

しかし、かなり体力を消耗する能力らしく、無事にジードを元の世界に連れ戻すことにこそ成功したものの、(激戦続きだった事もあって)使用後にはオーブのカラータイマーが点滅していた

NEW GENERATION THE LIVE ウルトラマントリガー編でエックスと因縁の敵であるグリーザと相対した時には、数多の戦いを得て経験を積んだことでゴモラアーマーのみでグリーザと互角に戦っており、最後はゴモラ震動波とウルトラマンサーガのサーガマキシマムの同時攻撃でハイパーゼットンとグリーザを倒した。



エックスダークネス編集

ダークネスの1人であるエックスダークネスも使用可能。

UGFニュージェネレーションヒーローズ』にて、ダーク宮殿での決戦において使用し、モンスアーマーを駆使するXに対して応戦し、防戦一方に追い詰める。


立体物編集

ソフビ編集

2015年にウルトラヒーローXシリーズより発売。


食玩編集

2015年当時に発売された「アーマーチェンジ!ウルトラマンX」では、サイバーゴモラの一部パーツをウルトラマンXに付け替えることで再現可能。

また、説明書にはないが構造上ウルティメイトゼロに対応しており、ウルトラマンゼロにサイバーゴモラアーマーを取り付けることも可能。


S.H.Figuarts編集

2018年版&エックスダークネス編集

2018年10月に「ウルトラマンX&ゴモラアーマーセット」として発売。換装式でアーマーの装着が可能。


またリカラー品としてエックスダークネスバージョンがプレミアムバンダイにて2020年4月に発送。


ニュージェネレーションスターズver編集

2024年5月24日案内開始。

2018年版のアーマーのみの単品販売。同年5月25日発売の「ウルトラマンX ニュージェネレーションスターズ」および、同日案内開始の「ウルトラマンオーブ オーブトリニティ」に対応している。



関連タグ編集

ウルトラマンX ウルトラマンエックス オーブトリニティ サイバーカード サイバー怪獣 Xio

モンスアーマー サイバーゴモラ

関連記事

親記事

モンスアーマー もんすあーまー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57877

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました