2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:宮野真守

データ

身長:58m
体重:4万5000t
飛行速度:測定不能
走行速度:マッハ22
ジャンプ力:8000m
水中速度:マッハ12
地中速度:マッハ11
腕力:28万t
握力:22万t


概要

映画『ウルトラマンサーガ』に登場。
ハイパーゼットンの強大な力の前に一度は倒れたウルトラマンゼロウルトラマンダイナウルトラマンコスモスの心が一つとなり、ウルティメイトブレスが変形したサーガブレスの力で合体して誕生した新たなウルトラマン。誕生時、コスモスとゼロのポーズを合わせたような動作を見せる。

読み仮名の「誰も見たことのないウルトラマン」は映画のキャッチコピーでもあり、その言葉の通りに、これまでのどのウルトラマンとも大きく異なる見た目をしている。以後の作品のウルトラ戦士にも類似の見た目の戦士は映像作品では一切登場しておらず、小説などを含めてもウルトラマンFブラストのみである。

モチーフいうよりデザインイメージは「人の形をした光」とのことで、結晶体のようなボディの内側から光が溢れ出しているような姿をしている。

なお、本編では掛け声として「サーガ!」と発するくらいで一度もサーガと名乗ることも呼ばれることもなかったが、「ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀」でバット星人が、「ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突プロローグ」でコスモスがサーガの名前を出しており、「ウルトラマンサーガ」という名前であることは知られている模様。

スペック

ゼロたち3人による攻撃を一方的に叩きのめしたハイパーゼットンとも互角に渡り合い、決着の見えない死闘を演じた。その戦いぶりには子供たちは息を呑み、チームUのリーダーであるアンナは「あのウルトラマンは絶対に負けない!」と勝利を確信した。

ウルトラマンキングウルトラマンレジェンドウルトラマンノアといった3大チートラマンと呼ばれた従来のチートラマンたちに比べ、多彩な光線技に加え、超速移動を絡めた激しいパンチやキックのラッシュと極めてフィジカルかつスピーディーに戦うことが特徴。

サーガブレスからサーガエフェクトという力を発生させ、様々な技を使用する。

必殺技

  • サーガアクセラレーション

サーガを象徴する能力で自身を粒子のように変化させて行う瞬間移動。「アクセラレーション(加速)」とあるが、速すぎてハイパーゼットンのテレポートと普通に渡り合える。

  • サーガスラッシャー
いわゆる八つ裂き後輪。3つに分裂させて放つサーガトリプルスラッシャーという攻撃も可能。

  • サーガプラズマー
胸に発生したサーガエフェクトを、両腕で押し出すように放つ光球。ハイパーゼットンの1兆度以上の火球群と相殺する威力を誇る。
1兆度以上の炎といえばウルトラマンノアのノア・インフェルノを上回る威力であるが、それと同等のものをなんと連射可能。

  • サーガアタッカー
超高速で飛行し、敵に体当たりする荒技。
マッハ33で飛行しながら、突進するハイパーゼットンと相殺しあった。

  • サーガシューター
カッター状のエネルギー弾を手から高速で放つ。牽制のためにも使われる。

  • サーガカッター
左腕のサーガブレスからエネルギーの刃を発生させ、敵を切り裂く。

  • サーガパンチャー
拳をサーガエフェクトのパワーとともに打ちこむ。

  • サーガスピナー
飛びながら回転し、敵に破壊エネルギーを込めたキックを連続で加える。

  • サーガプロテクション
エネルギー波動で防御する。ハイパーゼットンの渾身の特大火球を防いだ。

  • サーガマキシマム
サーガエフェクトの全エネルギーを拳に集めた必殺のパンチ。この技を放つ際は、主役3人が無限に写り続いていく特殊な演出が入った。

  • ギンガビクトリーマキシマム ウルトラマンギンガビクトリーとの合体技。2人のブレスを重ね合わせた後、サーガマキシマムとギンガビクトリーブレイカーを同時に放つ。

アイテム

  • サーガブレス

ゼロが持つウルティメイトブレスレットが展開するように変形した、サーガのアイテム。腕輪というよりは、腕に直接装着されているように見える。

変身者

合体して誕生する関係上、厳密には変身者は存在しない。
一応、作中描写を見るに、他の2人は普段の変身方法だったのに対し、タイガはサーガブレスのみで変身しているため、あえて限定するのであればタイガが初期変身者と見ることもできる。

合体元となった3人のウルトラマンの変身者たちが、サーガを動かしているような演出をとる。


余談

当初、劇場版『決戦!ウルトラ10勇士!!』にもゼロ、ダイナ、コスモスが揃っていることから、坂本浩一監督はサーガを登場させようと思っていたが、普通にエタルガーを倒せそうなためか、それともギンガビクトリーの合体という見せ場を奪いかねないためか、「さすがにそれは」とスタッフに反対されて没になった。その代わりなのか、10勇士の中で唯一ゼロが全タイプチェンジを披露することとなった。その後、今度は3体融合繋がりということでプロット段階で『ウルトラファイトオーブ』にサーガを登場させようとしたそうだが、こちらも没になった。確かに映えそうだが、『10勇士』以上にサーガを登場させにくい状況なので没になったのも仕方ない。

坂本監督としては自身がまだ演出したことのないウルトラマンの代表格とのことで、定期的に出したいという案を出しているらしい。

デザイン段階では、様々な色のバリエーションのデザイン画が制作されている。また、デザイナーの後藤正行氏は緑色のデザインを予定していたが、グリーンバック合成に不向きという理由で没になった。

合体ウルトラマンではあるが、それぞれのポイントを拾うのではなく、神秘的なものにするため、光の具現化のようなものとして「光る結晶」をイメージしたものとなっている。ボディや形は左右非対称となっているが、顔を非対称にするとクリーチャーになってしまうことから全身の印象をクリーチャーに寄せつつ、ウルトラマンに見えるギリギリのところを狙った。

関連

ウルトラマンサーガ(登場作品)
ウルトラマンゼロ ウルトラマンダイナ ウルトラマンコスモス
チートラマン
ハイパーゼットン(敵)
フュージョン

合体したスーパーウルトラマン繋がり

ウルトラマンレジェンド
メビウスインフィニティー
ウルトラマンギンガビクトリー……ウルトラマンフュージョンファイトではキズナ必殺技を持つ。

ウルトラマンゼロビヨンド……ウルトラマンゼロの新たな最強形態。連続パンチやキックなどに多様な技を持つ他、劇中では弱体化してたせいか披露する機会はなかったがゼロビヨンドもサーガのようなテレポーテーションが可能。

関連記事

親記事

ウルトラマンサーガ うるとらまんさーが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルトラマンサーガ(キャラクター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12868

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました