ピクシブ百科事典

シャイニングウルトラマンゼロ

しゃいにんぐうるとらまんぜろ

シャイニングウルトラマンゼロとは、『ウルトラゼロファイト』に登場したウルトラマンゼロの姿
目次[非表示]

ゼロ「守るべきものがある!俺は…ウルトラマンだ!」
ベリアル「その姿は何だ!?」
ゼロ「お前の闇を!切り裂く光だっ!!」

データ

身長49m
体重3万5千t


概要

ウルトラゼロファイト』第2部から登場した。
肉体をウルトラマンベリアルに支配され、ゼロダークネスとなったウルトラマンゼロの心が、ピグモンや自身が手にかけてしまったウルティメイトフォースゼロの仲間たちの魂の呼びかけに答えて復活した姿。
ゼロ自身の内に秘められた偉大なる光の力を発現させた姿とも言われる。
そのためゼロが今まで他の戦士の力で変身していた形態にはない数々の神秘的な能力を持つ。

よくこの形態までノアの力と勘違いされるが実際は違う(時間操作などノアにはない超能力も所持している)。

体の色は金と銀が主体となった派手なものとなり、カラータイマーは五角形のシャイニングエナジーコアに変化し、ウルティメイトブレスレットは完全に体と一体化した。
その体は神々しいまでにまばゆい光で包まれており、光の技を多数使用する。
ベリアルを肉体から追い出すことで覚醒し、倒されたウルティメイトフォースゼロを復活させた。

かなり強力な能力を持つが、新しい形態ということもあり、初めて変身したときは、一種のトランス状態だったらしく、変身したときの記憶は残っていなかった。
また、シャイニングスタードライヴはかなりのエネルギーを消耗するのか、元の姿に戻ったときは復活した仲間たちに支えてもらえなければ立つことも不可能だった。
一時はその力に恐れを抱いた時もあったが(『ウルトラマン列伝』最終回)、劇場版『ウルトラマンギンガS決戦!ウルトラ10勇士!!』でのウルトラマンべリアル(エタルダミー)との戦いでは自らの意志で変身しており、かつ元に戻っても体力を消耗する事がなかった(但しすぐ逃げられるため、エタルガーとの戦いでは使用していなかった)。

以後、『ウルトラファイトオーブ』でも登場して新技を見せており、極端な体力の消耗はしなくなった様子。
とはいえ時間操作は現在でもゼロの体にすさまじい負担がかかるためにあまり多用はできない様で、他に切り抜ける手段がもはや存在しない時などの最後の切り札として使われることが殆ど。『つなぐぜ!願い!!』で時間操作能力を使った際には激しい戦闘も相まって肉体にもダメージが発生したため、伊賀栗レイトと再び一体化して変身することを余儀なくされた(この時はウルティメイトブレスレットは直っているため、本来であれば変身者は必要なかった)。『ウルトラマンZ』では一体化こそなかったものの消耗を回復するためにかなりの時間(第1話〜第7話までに相当)を必要とした。一応成長に合わせて少しずつ使いこなせるようにはなっている様ではあるが…。

映像作品に先駆け、『ウルトラマンオールスタークロニクル』に先行登場。
カイザーダークネスによって奪われたウルトラスピリットがゼロに集まることで誕生した姿という事になっている。

『ウルトラヒーローバトル劇場第20弾』ではウルティメイトブレスレットと一体化しているこの姿でもイージスを召喚することが可能である事が判明。劇中ではウルティメイトブレードのみを装備させたり、ファイナルウルティメイトゼロを使用した。どうやらこの姿ではイージスを装備できる箇所の融通が利くようだ。

ただ映像作品においては精神世界での戦いを除くと一切格闘戦を行なっていない(精神世界ではベリアルを一撃で吹っ飛ばしたが、シャイニングエメリウムスラッシュは耐えられている)ため、火力を除いた総合的な戦力としての立ち位置は実を言うと不明な点が多い(これは弱体化した状態でしか戦っていないゼロビヨンドも同じだが)
そのせいか強敵と戦う時にはウルティメイトゼロゼロビヨンドに変身することが多く、この形態には超能力を活かす時のみ変身することが多い。

またウルティメイトブレスレットと一体化した姿ではあるものの初変身が精神世界(本物のブレスはベリアルの闇に飲まれたまま)であることやゼロの潜在能力を解放した姿であることなどから、変身にブレスが必須というわけではない様子(ジード超全集ではケガの影響でシャイニングゼロなどのタイプチェンジができなくなっていると語られている)。
さらにいうとブレスから力を得ている形態はブレスが光ってチェンジするのに対し、この形態はカラータイマーを中心に光ってタイプチェンジしている。少なくともブレス(=他の戦士)から力を得ているわけではないようだ

必殺技

シャイニングエメリウムスラッシュ
エメリウムスラッシュの強化版で、通常の光線より太く、高威力になっている。ウルトラマンベリアル(エタルダミー)との戦いでは、時空城の最上階から最下層までぶち抜く威力を見せた。

シャイニングワイドゼロショット
ワイドゼロショットの強化版で、エメリウムスラッシュ同様強化されているが、映像作品には登場しておらず、ウルトラマンオールスタークロニクルで登場した。

シャイニングスタードライヴ
シャイニングウルトラマンゼロの最大の技で、頭上に太陽のような光球を召喚し、そこから光を放つことによって一定空間内のみだが時間を逆行させるというとんでもない技。これを使用してウルティメイトフォースゼロを復活させ、ベリアルの魂を消滅させたかに見えたが、これの影響でベリアル(と地獄のジャタール)も復活することとなってしまった。

『つなぐぜ!願い!!』では逆にオーブと自身を未来の同じ場所に時間移動させた。

さらには時間を巻き戻すという性質上ウルティメイトイージスでは脱出できない4次元空間から脱出することも可能であり、『ウルトラマンZ』では、ブルトンの四次元空間から脱出するための最後の手段として使用した。
一方同じタイミングで配信されたボイスドラマにて「ウルトラマンは嘘をつくなんてこっすい真似はしない」と説教した後に駄々をこねるゼットに、つい「明日何かを教えてやる」と約束してしまい、困った末に自分のこっすい嘘を無かった事にするためだけのために使った(しかも「えーい!」と投げやりにも程がある掛け声で)。しかし、シャイニングスタードライヴは(過去に戻す場合)能力を受けた関係者の記憶も残ってしまうため、巻き戻しの最優先目標だったであろうゼットですらすぐに違和感から記憶を取り戻して時間を戻したとばれてしまった(ゼロは気まずそうに黙り込んでいたが)。結局ブーメランとなってしまったゼロの行動だが、以前にもウルトラゼロアイを無理やり装着させるためだけに嘘をついた結果チビトラマンに変身してしまった前科があったりする…
ちなみにこの回のチャンネル登録の宣伝文句は、「チャンネル登録しないと、君を時のループに引きずり込む」だった(しかも妙にさわやかな声で)。落差が激しすぎる……。
当然のごとく多くの視聴者から「シャイニングの無駄遣い」と突っ込まれたのは言うまでもないが、「外部エネルギーの補給が容易な光の国ではシャイニングスタードライヴの負担も軽く済むのでは?」という考察もある。
また時間を戻す超常現象の割に、ゼットが速攻で気付いたうえ、特に時を戻した事に対して驚いていなかっため、普段から困ったらシャイニングスタードライヴを使っているのではないかという疑惑も持たれている。(無論ゼットの何かしら明かされてない設定の可能性や、逆にボイスドラマのノリからしてギャグ故のメタ要素の可能性もある)

なお、ウルトラゼロファイト第二部の公式配信が『Z』にて上述したシャイニングの活躍の後に、シャイニング誕生の話である第13話を配信したため、また別方向での落差を見せていた。

ファイナルウルティメイトゼロ
『ウルトラヒーローバトル劇場第20弾』で披露。
通常時のウルティメイトゼロが使う技と色や形状も同じ物だが、ゼロの光の力で威力が桁違いに上がっているものと思われる。
ウルティメイトブレード単体装備の後に繰り出す事で陛下に引導を渡した。

シャイニングフィールド
ウルトラファイトオーブ』で使用。ぶっちゃけて言うと精神と時の部屋
ウルトラマンネクサスメタフィールドのような異空間を作る技だが、こちらはゼロの力で外の時間の流れと違う時間の流れを作ることが出来る。
またフィールドを展開した際にオーブのカラータイマーが赤から青に戻っていることから、ウルトラ戦士のエネルギーを回復させる効果もあるようだ。
劇中オーブが時折新たな姿に変身するビジョンを見ていたのは、「シャイニングフィールドを通してお前の時間が逆行して流れ込んでいたのかもな」とゼロに推測されている。
またこのフィールドの説明をセブンと分割して行っており、ウルトラ兄弟なども認知している模様。同様にフィールド展開前までその場にいたゾフィー、ジャックもなんの描写もなしに当然のようにレイバトスの元に先行している。

余談

この状態は、ゼロダークネスとは違い雑誌などで先行紹介されていた他、OP「Final Wars!」にも登場していたが、どのような経緯で登場するのかは明かされなかった。

ウルトラマンジード』には回想シーンにて、シャイニングウルトラマンゼロのウルトラカプセルが登場している。ジードのフュージョンライズ形態にはこのカプセルを用いたシャイニングミスティックが存在するが、残念ながら本編には登場せず、カプセルの行方についても語られず仕舞いとなっている。

関連タグ

ウルトラマンゼロ ウルトラゼロファイト ゼロダークネス 

ウルトラマンビクトリーナイト
ビクトリーがナイトティンバーの力でショウの中に眠るビクトリウムエネルギーを全解放して潜在能力を覚醒させた姿。

ウルティメイトファイナル
ジードがギガファイナライザーで自身の力を完全に解放した姿。

ウルトラマンゼアス
本編未使用の設定上の能力として、少しだけ時間を戻す「ウルトラリワインド」や一時的に亜空間を作り出す「ウルトラブレンダー」というシャイニングウルトラマンゼロに近い能力を持っている。

関連記事

親記事

ウルトラマンゼロ うるとらまんぜろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャイニングウルトラマンゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63973

コメント