ピクシブ百科事典

カイザーダークネス

かいざーだーくねす

カイザーダークネスとはベリアル陛下が新たに名乗った名称である。
目次[非表示]
おい、お前ら


「久し振りだな。フフフフフフフフ・・・会いたかったぜ、ゼロ」

データ

登場作品:『ウルトラゼロファイト
第2部『輝きのゼロ』登場

別名:暗黒大皇帝
身長:不明
体重:不明
出身地:怪獣墓場

CV/小野友樹

概要

アナザースペースでの激戦の末、敗れ去り、宇宙を彷徨っていたベリアル陛下の魂が怪獣墓場にて、かつて自身が密かに惹かれ、闇に染まる元凶になった憧れの暗黒宇宙大皇帝陛下が装着する筈だった最凶最悪の生きた鎧『暗黒魔鎧装アーマードダークネス』に憑依し、実体化することにより復活した際、新たに名乗った芸名、もとい新たな姿。

バット星人グラシエや愉快なお笑…じゃなかった、冷酷かつエリート揃いの悪の宇宙人集団「ダークネスファイブ」の面々が「あのお方」と呼んで仕えていた一連の事件の黒幕でもある。

暗黒大皇帝 カイザーダークネス


元々亡霊として怪獣墓場を漂っていた所をアーマードダークネスに憑依、実体化したという経緯からなのか、ゼロによって付けられた右目の傷が無くなっており、さらに声帯も変わって低くなっている。

皇帝陛下しか使いこなすことができないとされるアーマードダークネスを纏った姿(決して予算の都合とか突っ込んではいけない)でありながら、憑依という形で一体化しているためか、吸収されることなく易々とその力を使いこなしており、ダークネストライデントの矛先から放つレゾリューム光線を放つなど、その戦闘力はストロングコロナゼロとも互角に渡り合うほどの大幅なパワーアップを遂げている。
また、ゼロへの挑発的な態度などは生前と変わっておらず、彼との戦いを笑いながら楽しむという、ゼロを「ドン引き」と言わしめるほど狂気じみた一面を垣間見せた。

メフィラス星人魔導のスライがゼロに対し、彼に会う資格があるどうかをためし、見事にそのテストを合格し、認められたゼロの前にアーマードダークネスの姿で現れた後、自らその素顔を見せてゼロを驚かせ、戦闘に突入する。

激しい激闘の末、ウルティメイトゼロへとフォームチェンジしたゼロのウルティメイトゼロソードで胸を貫かれて爆発四散しバラバラに砕け散るも、実際には憑依していた器であるアーマードダークネスを破壊されたに過ぎず、その直後、一瞬のスキを突きゼロの肉体へと憑依、ゼロダークネスへと姿を変え、ウルティメイトフォースゼロを絶体絶命の危機へと追いやることとなった(というより、ベリアルがこうなることを見越してわざとゼロの攻撃を受けたのは言うまでもない)。

元々ゼロは一度は自分を倒した憎っくき相手であるが、同時に宇宙最強の肉体の持ち主でもあり、かつ陛下の魂は肉体がないと維持できなくなっていたため、その肉体と力を手に入れることにより、再び全宇宙を手中にすることが本来の目的であった。まんまと経過通りに事を運んだかに思えたが…

余談

どうでもいいがこんなベリアル陛下を見てみたい気もする。
※下記のイラストを参照

演技指導

pixivに投稿された作品 pixivで「カイザーダークネス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9124

コメント