ピクシブ百科事典

ウルティメイトゼロ

うるてぃめいとぜろ

ウルトラマンゼロがウルティメイトイージスを装着した姿。
目次[非表示]

「これが! 俺達の! 光だっ!!」

データ

身長49m
体重5万5千t
全高55m(


イージス先端部を含む

概要

アークベリアルとの戦いの中でウルトラマンノアから授けられた、選ばれた者だけしか装着することができないとされる白銀のウルティメイトイージスを装着したゼロ。曰くどんな悪も倒し、更にはノア同様に時空すら超えることができるという光の勇者
ゼロそのものの姿に変化はないが、背部に装着されたウルティメイトイージスのパーツがノアのノアイージスを髣髴とさせる姿になっており、神々しい印象となった。

ウルティメイトイージスは、「バラージの盾」とも呼ばれ、人々の心の光の結晶が結集し、その光をノアが授けたものという、グリッターティガと同種といっても過言ではないアイテム。
通常は使用者の身を守る鎧となるウルティメイトゼロモードを取っているが、それ自体が強力な武器でもあり、装着を解除して敵を射抜く超状のファイナルウルティメイトゼロモードに変形する事ができる。この現象をゼロディフェクターと呼ぶ。この他イージスの名前の如く、分離して盾としても使用可能で、エタルガーの全力攻撃を防ぎきっている。
未使用時はウルティメイトブレスレットとなってゼロの左腕に装着されており、これがウルティメイトゼロへの変身アイテムとなる。また、この形態でもゼロにさまざまな力を与えている)。

そしてゼロが精神的にさらなる成長を遂げウルティメイトブレスレットと一体化することで究極の姿へと進化する。

ライブステージではストロングコロナゼロルナミラクルゼロも使用している。

活用

ノアの力に人々の光が加わっていることもあって、超巨大な敵をも一撃で倒すほどの想像を絶する力を持つが、基本的に戦闘よりも並行宇宙への移動手段として用いられる事が多い。

また無制限に使える訳ではなく、並行宇宙間の連続した跳躍など大量にエネルギーを使用する行為を行うとしばらくは使用できなくなる。
ただ持続時間はゼロの成長(使い方の熟知と言った方が正しいか)と共に伸びていくらしく、ビートスター戦では時空移動後(一応「あちこち探し回った」という台詞があり、仲間を連れた上で相当回数跳躍したと思われる)にエネルギーを使い果たしていたのに対し、ウルトラマンギンガSの劇場版『決戦!ウルトラ10勇士!!』では、時空移動後にそのままエタルガーと激戦を繰り広げた上に、ファイナルウルティメイトゼロを短いチャージ時間で発射し(ただし超巨大な相手ではないということもあり、他のウルトラマンと同じく周囲に被害が出ないようわざと威力を絞った可能性も考えられるが)、なおも戦闘継続可能であった。

最近は時空移動後、ウルティメイトイージスのエネルギーが十分残っている事が殆どなので、戦闘においてこの形態を出す事自体が相手の力を計るバロメーターとしつつある(エタルガーはウルティメイトゼロのままで戦ったが、ナックル星人バンデロブラックキングや改良型のギャラクトロン等は、使うまでも無いとも言わんばかりに戦闘に入る前にイージスを脱いでいる)

ウルトラファイトオーブ』では、レイバトスの下へオーブを送り届けた後にカラータイマーが点滅するほど疲労している描写があったが、これはレイバトスの差し向けた怪獣軍団との戦いや、シャイニングフィールドの使用、オーブに課した10年間の特訓などが原因で、既にある程度エネルギーを消耗した状態で使用したためと推測される。

まさかの破損

ウルトラマンジード』ではかつての戦いギガバトルナイザーを再度手にしたベリアルに敗北してしまい、その際にウルティメイトイージス=ウルティメイトブレスレットが破損してしまい次元移動も満足にできない状態となっている様子(次元移動に関しては不安定ながらも何とか行使できていたようだが、第3話ではその次元移動によって完全に破損して光を失ってしまった)。

また、ゼロ自身も戦いのダメージが現在も完全には回復していないらしく、この影響で地球での活動制限時間もわずか2分間のみ(イージスが無くても本来なら3分は戦えるはず)と大幅に弱体化した状態での戦闘を余儀なくされる事となってしまった(攻撃による撃破を逆利用された結果体を乗っ取られたこそあったものの、ウルティメイトゼロが明確に戦闘で敗北したのはこれが初である)。
なお、ゼロは「調子が戻ったらそのうち直してやるからな」と発言しているため、修復自体は可能な様子(少なくとも次元移動機能だけならXioが再現できたことから修復できると思われる)。

必殺技

ウルティメイトゼロソード
ウルティメイトゼロモード時に右腕に装備される白銀の。そのままでもアーマードダークネスを一撃で串刺しにできる威力を持つが、長大な光の刃を伸ばすと一振りで惑星規模の大きさを持つ宇宙要塞をも真っ二つにしてしまう。この技はソードレイ・ウルティメイトゼロというらしい。
また、別次元への移動の際には、これで時空の壁を切ってから移動する。ある作品の次元刀みたいだ。ちなみにこの移動能力はノアの次元移動と同等である。
ファイナルウルティメイトゼロモード時はウルティメイトイージスの先端に装着される。
ウルトラファイトオーブ』では真空刃として使用する。

GNウルティメイトゼロソード
ロストヒーローズ2で登場。ダブルオークアンタライザーソードにウルティメイトゼロソードのパワーを合わせた巨大なトランザムカラーの光の剣。EN攻撃では最高クラスの威力を誇る。
また両者の中の人が同じなためか壮絶な一人芝居と化す。

ファイナルウルティメイトゼロ
ファイナルウルティメイトゼロモードに変形したウルティメイトイージスをそのまま撃ち出す必殺技。イメージとしてはウルトラマンネクサスジュネッスブルーの必殺技オーバーアローレイ・シュトロームに近い(実際、分子分解は起きないが命中時に青い輝きが放たれる)
その威力は凄まじく、アークベリアルの様な巨大な敵でさえ一撃で撃破した上に直撃ではない余波だけで惑星サイズの超巨大要塞とその周囲に展開した大艦隊を跡形も残さず消滅させることができるが、照準の調整とエネルギー充填に時間を要するという弱点がある。現在のところこの技の直撃に耐えられたのは、エタルガーと雑誌展開のゼロキラーザウルスぐらいである。
ウルトラマンサーガ』ではダイナコスモスのエネルギーを合わせて放つ応用技ファイナルウルティメイトゼロ・トリニティを使用した。
エタルガーにも放ったが、チャージが短かったせいもあるのか仮面と羽衣を破壊しただけで大したダメージは与えられなかった。
なお、ライブステージにおいてルナミラクルゼロはこれを無数に分裂させて連射するというとんでもない暴挙をやってのけている。

余談

上述した台詞はファイナルウルティメイトゼロを放つ際に言い放ったものだが、少し前に中の人が同じガンダムマイスターがこれとほとんど同じ台詞を言っていたりする。

デザイン上、バランスが悪い上に肩を動かして腕を上げるのが困難なため、当初はこの姿で激しいアクションは一切しておらず、『ウルトラゼロファイト』でも早回しにしか見えないフェンシングのような剣捌きしかしていない。しかし、『決戦!ウルトラ10勇士!!』にて遂に普通の格闘戦をする姿を披露した。このころからウルティメイトイージスにベルトが付けられているため、アクション用にイージスを肩で固定している様子。

ウルトラマンX』では、ウルティメイトイージスを模したサイバーアーマー「ウルトラマンゼロアーマー」が登場する。

聖なる鎧を纏いし二人



企画当初よりモードチェンジではなく鎧を装着する形で検討されていた。デザインイメージは「」で、初期デザインでは胸のパーツは左腕に装着していた。

関連タグ

ウルトラマンゼロ ストロングコロナゼロ ルナミラクルゼロ シャイニングウルトラマンゼロ
グリッターティガ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルティメイトゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13641

コメント