ピクシブ百科事典

E.G.I.S.

いーじす

E.G.I.S.とは、特撮テレビドラマ『ウルトラマンタイガ』に登場する民間警備組織である。(メイン画像は組織のロゴマーク)
目次[非表示]

概要

地球に移住した宇宙人絡みの事件を追う民間警備組織。
正式名称はEnterprise of Guard and Investigation Survice(警備及び調査を専門とする会社)。

宇宙人絡みの事件を専門に取り扱う警察組織・「外事X課」に所属していた佐々木カナが立ち上げた企業であり、日々様々な依頼が舞い込んでくる。

取り扱う事件も数多く、宇宙人絡みの事件の他にもハッカー対策、ワクチンソフト開発等のサイバーセキュリティ業務もこなしているという。
民間企業と言う事もあり、携行武器は銃ではなくトンファー(但し、スタンガンとしての機能が付属)。専用車のベース車は日産エクストレイル。

シリーズでも非常に珍しい「企業」と言う体裁を取っている防衛チームである(厳密な初出は前作アイゼンテックだが、主人公の所属先としての登場は今作が初)。
依頼事や困っている人々の為とあらば、中身を問わず対処するのが大きな特徴で、外事X課時代のカナの上司だった佐倉が、X課では対処が難しい案件の解決を依頼する事も少なくない。

その一方、あくまで警備会社としての立ち位置故か、依頼がない、または自分達では到底対処出来ない事件の場合、例え怪獣が出現しても事態を静観するにとどまるケースもしばしばで、タッコングニセウルトラマンベリアルの件などに至っては、終始事態を傍観するのみであった
このように、怪獣や宇宙人への対処を直接の存在意義としていない団体であり、こうした点においても異色の防衛チームと言える。(メタ的な事を言えば『商業的な事情で戦闘機などのスーパーメカを出せない為』であるが、形式としては過去の防衛チームとそれほど変化はない)

最終回の前話で判明した事だが、組織内で社長以外の正式メンバー全員が、実は自身の出自に何かしらの秘密を抱えている(詳しくは各メンバーの記事を参照)。

最終回のエピローグにて、地球人と宇宙人の共存を示す為の、政府公認のモデルケースに認定、下記の宇宙人達を新社員に迎える事になった。

所属人物

社長


実働部隊

オペレーター


試験採用者

新規採用者警備士)

新規採用者(会計)

協力者

余談

前作『ウルトラマンR/B』では家族を中心にした物語であった為、積極的に謎の追求に向かわせる事が出来なかった反省から、事件に関わる組織として設定された。

『タイガ』の公式ツイッターアカウントにE.G.I.S.メンバーの業務報告書や日報が掲載されており、日々の活動内容を窺い知ることができる。

初期案では、E.G.I.S.に経理担当の中年男性が居る等していた……が、最終回にて上記の通り、マーキンド星人が会計士となってボツ設定が復活する事になった。

ちなみに一部所属隊員の苗字には宗谷旭川と北海道の地名が使われているが、北海道出身の田口清隆監督とは関係ないらしい。

オフィスのセットは、探偵事務所をイメージしたシックな木目調とハイテク機器が混在しており、生活感も表現することで民間組織であることを強調している。ヒロユキとホマレは外回りが多いため、専用のデスクはない。

ロゴは読み方が「まもる」という複数の漢字の中から4つを選び、「E」は身を呈して外敵から「衛る」を意味するイージスの盾、「G」は失わないように見「守る」を意味するアテナの目、「I」は主君に真心を尽くして「忠誠」「葵る」を意味する葵の葉、「S」は傷つかないように「護る」を意味するアテナの翼で構成されている。フレーム部分や羽根にはタイガの角を暗に入れ込んでいる。

関連タグ

ウルトラマンタイガ 防衛チーム

DEUS AIB 科学特捜隊(ULTRAMAN) - 宇宙人絡みの事件への対処を目的に活動する警備組織。
SSP - 怪奇現象の調査を目的に活動する民間組織。

SRI(怪奇大作戦) - 形式としてはこちらに近い。

湊家/アイゼンテック←E.G.I.S.→ストレイジ

関連記事

親記事

ウルトラマンタイガ うるとらまんたいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「E.G.I.S.」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59317

コメント