ピクシブ百科事典

宗谷ホマレ

そうやほまれ

「宗谷ホマレ」とは「ウルトラマンタイガ」の登場人物である。
目次[非表示]

「ったく、これじゃあの熱血バカじゃねえか...」

演:諒太郎

概要

本作の防衛チームE.G.I.S.」の一員。
工藤ヒロユキの先輩でもあり、彼からは「ホマレ先輩」と呼ばれている。
勤務中はヒロユキとコンビを組んでいる。

直情的なヒロユキとは対照的にクールな人物で、彼に対して「熱血バカ」と毒吐くのが多く、全体的に不愛想で口が悪い。
また、自分達と契約を切ったリヴァーズ星人河津が狙われていると知りながらも、「深入りするべきじゃない」と関わろうとしなかったり、自業自得で命を狙われている依頼主の社長に関しても、それを考慮せずにただただ仕事をしようとする等、現実主義的な一面も見せる。

こうして見ると冷たい人物に思われるかもしれないが、危機に陥った河津を結局は助けたり、自身の身勝手でとある夫婦の命を奪っておきながら、反省の色一つ見せずに自分達に横柄な態度を取り続ける依頼主の社長に、最後は鉄拳制裁を見舞う等、根はヒロユキに負けず劣らずの熱さを秘める。

後輩であるヒロユキも共に行動する中でこうした面を理解していったのか、今では頼れる兄貴分として彼を慕っているようだ。

第1話では瞬間移動のような能力を披露しており河津から「まさか君も?」と言われていた。
その過去にはヴィラン・ギルドとの因縁があるようで…?

正体

実は彼は地球人ではなく、ヒューマノイドタイプの宇宙人アマヤルム星人であり、元ヴィラン・ギルドの構成員であった。
実際、鎖による拘束(それもウルトラマンと一体化しているヒロユキが全く対処出来なかったもの)も易々と破壊したり、本気を出せば屈強な宇宙人をも、パンチ数発で昏倒させる程の恐るべき膂力を持つ。

嘗ては相当腕の立つ宇宙人ギャングであり、地球に潜伏する宇宙人達からも一目置かれる存在であった。そんな荒っぽい一面があった一方、この頃から既に面倒見の良い兄貴分的な部分もあったようで、自分の真似事をして宇宙人同士の抗争を引き起こしてしまい、自らも命の危機に瀕していたヴォルクを引き取り、弟分にする事もしていた。

しかし、ある時を境に悪事からすっぱり足を洗い、いつの日か「地球に住んでいる宇宙人とその家族の安全を守りたい」と思うようになり、現在に至った模様。
悪事から足を洗った詳しい経緯は現段階では不明だが、本人曰く「色んな奴を殴ってきたが、その痛みが拳を通じて伝わってきた」らしく、ここから「暴力では何も解決しない」事を悟った為。

ギャング時代の名残からファントン星人等、多くの宇宙人達とのコネクションが存在しており、それが捜査において大いに役立つ事もある。

告白の行方


自分が宇宙人であることは長い間会社の仲間たちには話していなかったようだが、第9話で幼馴染みの行方マイコと再会した際に遭遇したある事件をきっかけに、意を決してこの事を告白した。それを聞いた会社のメンバーは多少驚いたものの、あまり気にはせずすぐ普段通りに接するのであった。
たとえ宇宙人であろうと、ホマレがホマレである事に変わりはないのだから……

そして、ありのままの自分を受け入れてくれる人と巡り会えたと言う事が、あるエピソードで大きな意味を持つ事になった。

仲間達に自分の事を受け入れて貰えてタガが外れたのか、このエピソードを境に次第に性格が軟化していき、コミカルな面も多く見せるようになっていった。
第18話では甘いものが好きで、朝一番に並んで購入したたいやきを美味しそうに頬張るという微笑ましい一面を見せている。
第20話ではが食べられない事をヒロユキに指摘されていた。

第16話ではトレギアの影響で昏睡状態に陥ったまま、うわ言を呟くヒロユキに業を煮やし、

「おいヒロユキ、何が言いてぇんだ!お前は俺の相棒だろ!俺の声が聞こえるか!この熱血バカァ!!」
カナ「ホマレ、やめなさい!」
「こいつは何かを訴えようとしてるんだ!だからこいつに、こいつの頭の中に、俺の声を届けるんだ!」

自分が熱血バカとしか言いようがない熱さを見せながら、彼を「相棒」と呼ぶとともに、ピリカがヒロユキに声を届ける方法を思いつく等、彼を救出する最初のきっかけを作り上げた。

尚、ヒロユキの脳内で彼に再会した時、闇が迫ってくる事に怯えるヒロユキにまるでタイタスとフーマが駆け付ける事が分かっていたかのように「大丈夫だ」と告げ、昏睡から目覚めた後も「助けたい人が居るんじゃないのか」と彼を送り出す等、ヒロユキとタイガたちの関係に勘付いていると思われる描写が見受けられる一方で、第18話でゼットンの攻撃を受けたヒロユキが光に包まれてタイガへと変身するのを見た際に驚いた表情を見せ、後日ヒロユキにタイガとの関係を詰問するシーンがあった事から、ヒロユキとタイガ達の関係にどこまで気付いているのかは結局のところ不明であった。

最終回にて実際のところ彼女共々、ヒロユキとウルトラマンの関係については、ある段階で完全に勘付いていた様子。

余談

彼はその過去を知る人物達からもホマレと呼ばれているが、これが本名なのか、それとは別の本当の名があるのかは不明だったが、最終回にて「社長に『宗谷』の姓を貰った」と発言している事から、本名だと思われる。
また、地球に来た理由もその時期も不明(一応、前述の行方マイコとは小学校時代の同級生であった事から、十年以上は滞在しているようだが)と、登場人物の中では何気に謎の多い人物である。

君の推しメン


彼に関係する話ではフーマが活躍することが多く、第13話ではE.I.G.S.のイメージキャラクターをどのウルトラマンにするかの会議で彼を推薦している(フーマ本人は「分かっている」「中々見所がある」とホマレを大絶賛していた)。

イージス業務日誌によれば、「うちゅーんTシャツ」を購入したらしい。

関連タグ

ウルトラマンタイガ
光落ち
甘党

シャドー星人ゼナ:悪の一員から防衛組織に寝返った宇宙人繋がり。嘗ての仲間と戦い、更には失ってしまう点も共通する。

関連記事

親記事

E.G.I.S. いーじす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宗谷ホマレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25356

コメント