ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

かつてレイブラッド星人ウルトラマンベリアルに与えたバトルナイザー。なんと一度に100体以上の怪獣(宇宙人・ロボット系含む)を召喚し操れるというとんでもないシロモノで、完全に使いこなせるのはベリアルとレイブラッド星人のみとされている。


はるか昔にベリアルの乱が鎮圧された後、ウルトラマンキングの手によって怪獣墓場の炎の谷に封印されたが、後にエンペラ星人復活を目論む暗黒四天王たちがメビウスメカザムを脅迫して持ち出させ、利用されそうになる。

結果的に暗黒四天王の目論見は失敗に終わるものの、ギガバトルナイザーは消滅せず、宇宙空間を漂っていたところをザラブ星人に回収され、『ウルトラ銀河伝説』にて再びベリアルの手に渡ることになってしまった。

凶悪宇宙人 ザラブ星人(ウルトラ銀河伝説版)


そして、ベリアルは怪獣墓場の怪獣や宇宙人達を蘇らせてウルトラ戦士達にけしかけ、最終的には彼らと合体した超巨大怪獣「ベリュドラ」に変貌。しかしレイとゼロの活躍でベリアルが倒され、その際に消滅した。

だが、後にレイオニクスの血を引くレイバトスが自らの魔力を用いて復元し、100体の怪獣たちの亡霊を蘇らせ、全宇宙の支配のために利用しようと画策することとなる。

レイバトスが倒されると共に再び消滅。しかし、ゼロはその消え方に何やら気になる所があったような素振りを見せており、その後、いかなる経緯かベリアルの手に戻り、ゼロの予感は思いもよらぬ形で的中してしまうことになる


その後もベリアルの武器として使われ続けたが、ジードとの最終決戦の際に破壊されてしまい、再度喪失してしまった。


しかし、復活したベリアル達が登場するDARKNESSHEELS-Lili-のキービジュアルに登場している。さらに、本編ではバトルナイザーが登場しているため、再び復活する可能性がある。


機能・特徴

ウルトラマンベリアル

形状が金棒状の武器になっていて、通常のバトルナイザーでモンスロードできる怪獣(超獣宇宙人含む)の総数が一度に3体までなのに対し、最大100体まで同時に操る100体モンスロードが可能(ただ劇中では明らかに100体以上いる気がするのだが…)。劇中では怪獣墓場に眠る怪獣達を蘇らせて配下とした。

両端にはネオバトルナイザーが5つ象られている。


両端部から「ベリアルショット」、「ベリアルジェノサンダー」等の様々な光線技を放つ事も可能であり、並のウルトラ戦士を一撃でダウンさせてしまう程強力である。

他にも怪獣同士の魂を融合させる力を持っており、『ウルトラ銀河伝説』では「ベリュドラ」、『ウルトラファイトオーブ』では「タイラント」、『UGF 運命の衝突』では「グア・スペクター(完全体)」を生み出している。


本体の耐久性も桁違いであり、初代マンスペシウム光線を弾くどころか、ゾフィーM87光線ジャックのスペシウム光線、エースメタリウム光線80サクシウム光線の同時発射も完全に防ぎきってしまった程(恐らくキングが破壊ではなく封印という手段を取らざるをえなかったのも、アストラのマグマチックチェーンのように彼の力をもってしても破壊できなかったためではないかと考えられる)。


…のはずだったのだが、『ジード』最終話では、ジードの全フュージョンライズ形態の光線技「ジードプルーフ」の直撃を受けて木っ端微塵にされてしまっている

M87光線のときと違い受け流すような防御ではなく、ジャック・エース・80による同時攻撃のときのように受け止めるタイプの防御方法ではあったが、奇跡、運命の遺伝子など様々な条件が重なったこともレイブラッドの呪縛たるギガバトルナイザーを破壊できた理由なのかもしれない。


しかし、後に判明した出自から実はキングが破壊できなかったわけではなく、あえて破壊せずに残しておいた可能性も浮上しており、キングでも破壊不可能であったかは簡単には判断できなくなっている。


ベリアル以外の使用者

ベリアルの専用武器であるギガバトルナイザーだが、武器として一時的に使用するだけならば並の宇宙人でもある程度は扱うことが可能であり、『ウルトラ銀河伝説』ではザラブ星人がベリアルジェノサンダーらしき光線を発射して宇宙監獄の見張り番を倒してベリアルを解放したほか、『ウルトラファイトオーブ』ではレイバトスがやはりベリアルジェノサンダーと思われる光線でオーブを攻撃している。

また、ベリアル同様にレイオニクスならば、自らのバトルナイザーを利用してギガバトルナイザーにある程度干渉することが可能であり、終盤ではこの機能が仇となってベリアル(ベリュドラ)は敗北することとなった。


レイバトスは武器として使うのみならず怪獣も召喚するなど、より応用的な使い方を見せているが、すぐに呼び出せたのはタイラントだけであり、100体の怪獣を蘇らせる点に関しても、その場ですぐに実行できたベリアルと異なりわざわざ「暗黒の儀式」を行う必要があった事や、放った光線もオーブにあっさり受け流されていた事から、やはり完全に使いこなせているとは言い難い…演出の都合という解釈もできるが。


ただ怪獣の蘇生に関しては、ベリアルはプラズマスパークによるブーストも込みだったため、ギガバトルナイザー以外は全て自力で100体の怪獣を蘇生させようとしていたという面ではある意味でベリアルより使いこなせていたと言えるかもしれない。

また、脆さが目立ったベリアルの復活怪獣だがレイバトスのものはそういった部分は殆どなく、高い戦闘力を見せている。(タイラント等は明らかに復活のレベルが違っている)

ここら辺はさすが亡霊魔導士というべきか。


また、ベリアルの息子でありレイオニクスとしての力を色濃く受け継ぐジードも使用可能であり、ライブステージでは窮地に陥った際に飛来したこの武器を使用して切り抜けている。

ただし、ベリアルの遺伝子が活性化するため、ジードが持った場合コンディションに関わらず両目が赤く輝く。


その他

ベリアルが単独で二度もウルトラの星を陥落させかけたのは、ギガバトルナイザーの性能によるところが大きく、もしもこれが無ければ負けていたのでは?という意見もある。


例えば、初登場した『ウルトラ銀河伝説』では、ギガバトルナイザーを取り落とした状態でゼロと戦った際には敗北してしまったのに対し、『ウルトラマンジード』で再度ギガバトルナイザーを手にした際には(自身がかつて以上に強くなっていたこともあるが)通常のゼロよりもはるかに強化されたウルティメイトゼロに勝利していたりする。


ギガバトルナイザーを使いこなせる実力を持つベリアルが強敵である事は変わりないが、ギガバトルナイザーの印象が強過ぎる上、上記の出来事などもあって「ギガバトルナイザーがないベリアルは弱い」というイメージを持たれがちである。


もっとも、ベリアルは下手な光線技を素手で防ぎ、並大抵のパンチやキックでは全くダメージを受けないほどの防御力を持っており、生身でも充分すぎるほど強い。それは、アナザースペースでのゼロとの再戦で生身で雪辱を果たした事からもわかるだろう。

『ジード』に至っては強化形態を体得した事もあってか以前ほどギガバトルナイザーに頼った戦い方はしておらず、新たな怪獣を手にする機会がなかったからか本来の怪獣召喚装置として使われる事はついになかった

だが、「DARKNESSHEELS-Lili-」のベリアル曰く「道具への依存は自身の進化を諦める事に繋がる」とのことから、レイブラットの力(=道具への依存)ではなく、自身の力で支配してこそ意味があるという結論に至った為と考えられる。


また、アーマードダークネス纏った際もダークネストライデントやダークネスブロードを駆使しゼロと互角の戦いを展開した事から、武器を扱う能力も高い事がうかがえる


ギガバトルナイザーの恐ろしさは、たたでさえ強いベリアルが使う事で文字通り鬼に金棒となる事であろう。



TCGバトルスピリッツ

コラボブースター『ウルトラ怪獣超決戦』(BSC24)収録のウルトラマンべリアル(BSC24-X03)はこのギガバトルナイザーを持った姿で描かれており、アタック時の「怪獣」/「星人」を復活させる効果もギガバトルナイザーで怪獣墓場の怪獣を復活させたエピソードに由来している。『ウルトラマンベリアルアトロシアス』(BSC24-X03)も類似効果を持つ。

この効果の対象は出典を考慮しないため、ゴジラ怪獣が含まれる他禍威獣/ベリアル融合獣/シビトゾイガーといった名称に「怪獣」と入っているものとして扱うカードも含まれる。

文字通り、夢の100体モンスロードが可能なのである。


ギガバトルナイザーそのものはコラボスターター『対決!ベリアル軍団』(PB08)にて系統:神話・心具のブレイヴとして登場(いわゆるサーガブレイヴのこと)。

べリアル/星人を名称に含むコスト4以上のスピリットが合体条件。コアシュートした相手を消滅させた時に1ドローが可能となっている。

しかし、このブレイヴは創界神ネクサス『悪の権化 ウルトラマンベリアル』(PB08-X02)と合体することでこのネクサスに置かれているコア3つをボイド送りにする事でトラッシュから怪獣/星人/ゼットンのどれかを名前に含むスピリットをノーコスト召喚が可能。これにより、陛下のお力によって滅亡の邪神最終兵器でゼットンするという夢のような展開も実現できる。


関連タグ

ウルトラ銀河伝説 ゴーストリバース バトルナイザー

レイブラッド星人 ウルトラマンベリアル レイバトス


サンダーストリーム - ベリアルの力を得た姿であるため、類似の武器「ギガトライデント」を使用する。ベリアルを使う他のフォームと違いこのフォームだけが武器を振るえるのは相方が過去に人類を滅ぼそうとした経験のあるウルトラマンアグルだからかもしれない。




以下の内容は『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』の重大なネタバレを含みます。














実は、ギガバトルナイザーを作ったのはレイブラッド星人ではなく、クシア人であった。


クシア人は宇宙の平和のためにギルバリスを産み出したもののそれを制御できず暴走させてしまった。しかし彼らは諦めず、ギルバリスに対抗する武器としてギガバトルナイザーとギガファイナライザーという対になる2つのアイテムを産み出したのであった(超全集によればギガファイナライザーを作る過程でギガバトルナイザーが誕生したとのこと)。

怪獣という他者を数多く従えるギガバトルナイザーと自身の力を極限まで高めるギガファイナライザーは、性質的な意味でも対になっているといえる。


ただし、「ゴーストリバース」や「ウルトラファイトオーブ」におけるギガバトルナイザーの描写の中には、使い手の力をそのにかかわらず増幅させるかのようなものもいくつか存在しており、バトルナイザーとしての性質はその延長である可能性もある。また、ギガファイナライザーは正しい心を持った者にしか使用できないとされており、(あくまでも使いこなす力があればの話だが)使用者を選ばないギガバトルナイザーとこの点でも対になっている。


だがそのギガバトルナイザーが何故レイブラッド星人の手に渡ったのか、また他のバトルナイザーとはどういう関係にあたるのか等は結局明かされなかったため不明のままである。

  • 「レイブラッド星人がクシア星の滅亡後に持ち主のいなくなったギガバトルナイザーを回収し、改造した」
  • 「ギガバトルナイザーのデータを元にレイオニクスたちに与えるバトルナイザーを製作した」
  • 「レイブラッド星人がクシア人に協力するふりをしてバトルナイザーを元に開発させた」
  • 「開発者がレイオニクスに相当する人物だった」

などと考えるのが自然であろうか。


惑星クシアは超全集によればM78ワールドにあった星であり、かつギルバリスを開発していたのが何万年前とされており、レイブラッド星人がまだ肉体が健在だった頃だと考えると様々な可能性が考えられると言える。


また『つなぐぜ!願い!!』の未公開映像によれば「AI制御ではギルバリスにハッキングされてしまうことから、精神エネルギーを力に変換するアイテムとしてギガバトルナイザーが開発された」「ギガバトルナイザーはレイオニクスの負の精神エネルギーを増幅させた魔性のアイテム」という情報が明かされている。この情報は現在のアイルが話した内容のため(特に後者の)時系列関係はやはり曖昧ではあるが……


少なくとも時系列的には(マルチバース間で時間の流れに差異ができることを考慮しても)、

「クシアでギルバリスが暴走」→「ギガファイナライザーおよびギガバトルナイザーを開発」→「ベリアルの乱」→数万年後→「ゴーストリバース」となるはずのため、上記のどの説だとしてもかなり昔の出来事だということがわかる。



ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突

アブソリュートタルタロスの企みにより、デビルスプリンターを利用したレイバトスの並行同位体によってまたしても復元されてしまう。直後、ギナ・スペクターモルド・スペクタージュダ・スペクターの魂をギガバトルナイザーを用いて送り込み、新たなグア・スペクターを誕生させた。

しかし、デビルスプリンターの影響でレイバトスは消滅し、ギガバトルナイザーはタルタロスに回収され、別の時間軸から調達されたであろうトレギアアイと共にナラクの保管庫に入れられる。


そして惑星ブリザードでの戦闘の後、アブソリューティアンと袂を分かち新たな道を進むことを決めたベリアル(並行同位体)によって保管庫から持ち出されるのだった…。

関連記事

親記事

バトルナイザー ばとるないざー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196920

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました