ピクシブ百科事典

ウルトラマンキング

うるとらまんきんぐ

ウルトラマンキングとは、「ウルトラシリーズ」に登場するキャラクターである。『ウルトラマンレオ』で初登場。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンキング 【ニコニコ動画用イラスト】


身長58メートル
体重5万6千トン
年齢30万歳
飛行速度マッハ20
走行速度マッハ3
ジャンプ力500メートル
腕力10万トンタンカーを持ち上げる
声優清川元夢(『ウルトラマンレオ』第39話、『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』、『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』STAGE2)
増岡弘(『ウルトラマンレオ』第50話)
小泉純一郎(『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』)
檜山修之(『ウルトラマンジード』)

SP


ウルトラ族伝説の超人で、光の国のプラズマスパーク建設に尽力した、ウルトラ長老の1人である。ウルトラ戦士達から見ても、のような存在とされている。そのため宇宙警備隊には所属しておらず、普段は無人の惑星キング星に一人で住んでいる。また、『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』では無人の惑星トワールに住み、謎の老人に変装していた。

ウルトラ族はプラズマスパークからのディファレータ因子を含む光で初めて超人化したとされているが、彼の場合元より超人であったとする説がある。何故ならプラズマスパークが完成したのは26万年前だが、キングは2003年に30万歳の誕生日を迎えたからである。いったい彼がどういう経緯で超人と化したのかは現時点でも不明である。
あくまでもパラレルだが、『ウルトラ超伝説』ではピコという本名が与えられ、後に数奇な運命をたどる事となるトランとは無二の親友だったらしい。この頃から異能の力が発露し、様々な未来を予知している。また、ウルトラの星の住人達が地球人の素顔を曝しているのに対して元の姿を保っている。

能力

ウルトラマンキングとウルトラ兄弟を比較するとウルトラ兄弟と人間程の能力差があるとされ、本人曰く「並のウルトラマンがウルトラキングに挑むのは人間がウルトラマンと戦うほど無謀」とのこと。実際に公式作品では他のチートラマンのように戦闘において敗北はおろか弱体化したことすらない

戦闘力のみならず、公式で「何でもできる」とされるほどの神がかった超能力を持ち、自分の誕生日を祝うために異なる宇宙同士を繋げるという荒業をやってのけたり、この他にも様々な奇跡を起こしたこともある。

いいんだよ大好きだよ


ただしアストラのマグマチックチェーンはキングの超能力をもってしても外す事ができなかったとされている(アストラについては昔の書籍が出展元であり、2000年代の書籍には記載されているものの、この設定はなくなっている可能性もある)。現在でも公式サイトに記載され続けている有名な設定でもある。

劇中で披露した能力としては他にも

  • 一寸法師サイズになったレオを元の大きさに戻したキングハンマー
  • バラバラになったレオを再生したキング再生光線
  • ヒカリに対して試練として嵐を発生させた天候操作能力
などがある。
後述のジードでの活躍を踏まえれば、他のウルトラマンができることは上位互換レベルでキングにもできるようである(次元移動に対して時空融合、人間と一体化に対して宇宙と一体化など)。

容姿

現在明らかになっているどのウルトラ族とも異なるカラーリング。
金と紫を基調とした神々しいデザインで、高齢さを伺わせながらも威厳ある風体をしている。
まとっているマントウルトラマントと言い、裏地が赤い一枚目をウルトラマンレオに送っている。現在のマントは裏地が紺色の二枚目であり、設定上は何枚も持っているという。

役割・立場

基本表舞台に立つことはない仙人のような存在。M78星雲光の国を初め、ウルトラマンレオとアストラの故郷獅子座L77星や、『ザ☆ウルトラマン』に登場したU40でも「必ずどこかにいる」と言われながら、それまで一度も姿を見せたことはなかったとされていたが、1974年放映の『ウルトラマンレオ』第26話「日本名作民話シリーズ! ウルトラマンキング対魔法使い」で初登場した。

基本的には事態を静観するというスタンスを取っており、余程のこと(後述)がない限りは、ウルトラ戦士達の戦いには一切干渉をしない。
例を挙げると、ウルトラの星地球と衝突させられそうになるという危機に見舞われたときも、ババルウ星人に騙され的外れな怒りに燃える兄弟達を叱り諭すなど、極力当人達に解決させようとするスタンスを崩さなかった他、未来ではウルトラマンゼロの修行を密かに見守っていた。
こうした姿勢を取っている理由は、強大な力を持つが故にウルトラ戦士達が自分に頼りきりにならないようにと考えているため、またウルトラ戦士達の成長を願っていることなどであるためと推測される。
ウルトラ兄弟をはじめとするウルトラ戦士達も、こうしたことを知っているためか彼の協力を頼みにすることはない。

ただし、ウルトラマンベリアルの最初の光の国襲撃事(第一次ベリアルの乱)、ウルトラ戦士達全員でも対処できないだろうと目された100万のダークロプス軍団の戦いに参戦するなど、ウルトラの星自体がピンチになるほどの大事件の際には姿を現してウルトラ戦士に力を貸している。ウルトラマンひみつ大百科内ではウルトラ大戦争の時に侵攻してきたエンペラ星人率いる怪獣軍団に対し「悪は悪の場所へ行け!ここはお前たちの来る所ではない!」とウルトラベルの光を浴びせて撃退したとされる。
また、「クライシス・インパクト」の影響で宇宙が崩壊を始めた時など、最早ウルトラ戦士たちの力をもってしてもどうすることもできないような極めて困難な事態に陥った際には自ら事件を解決へと導いたこともある。

さらに、自らの力ではどうしようもない境地に陥っている、または孤軍奮闘せねばならない者に対しては慈悲深い。
例を挙げると、

などが挙げられる。

またウルトラマントはさまざまな武器に変形してレオの勝利に貢献したり、ナイトブレスは肉体を完全に消滅させられたメビウスを再生させたり、ウルトラフュージョンブレスはノアの作ったウルティメイトイージスですら仕留めれないエタルガーを倒すのに大きく貢献するなど、彼が与えたアイテムも要所で活躍している。

活躍の機会はレジェンドノアと比べてもトップクラスに多いが、彼のみ3大チートラマン中主役ではない(立ち位置からして他のウルトラ戦士を見守る指導者的立場にいる)ことが理由だと思われる。

ちなみに潘めぐみ氏からは後述のロイヤルメガマスターの活躍も含めて「ウルトラマンチート」というあだ名をつけられた。

ウルトラマンジード

本作で久々に表舞台に姿を現した……だけにとどまらず、オープニングにて非常に強い存在感を放っており、物語のカギを握るキーパーソンの1人ではないかと目される。

第3話にてクライシス・インパクトで破壊された宇宙(サイドスペース)を復元したが、宇宙全体と一体化したため、キング自身は拡散してしまい、音信不通となっていることが判明した(しかし、キングという「個体」から宇宙という「概念」になるという、他の全てのウルトラマンと比べても破格な能力を見せた。つまり、この時のキングはどごぞの女神と同じ状態である)。
ジード超全集ではウルトラ戦士が持っている人間と一体化して命を救う能力のキング版である旨が語られている。

肉体こそ失ったものの精神体は健在であり、地球で起きているベリアル一味とジードたちとの戦いを密かに見守り続けていた。また、精神世界でベリアルの攻撃を防いで鳥羽ライハを守るなど、宇宙と一体化した状態のままでなおその能力は超絶的ものとなっている

第9話では伏井出ケイに止めを刺そうとしたライハに「やめなさい、君がすべきことじゃない」と彼女に語り掛けて静止し、彼女を思いとどまらせた(この段階ではまだキングであるとは断定されなかったが、「威厳のある声」というライハの台詞からキングであると確信した視聴者は多かったようだ)。
ちなみに、ライハがキングの声を聞くことができたのは、かつて彼女がまだ赤ん坊で母親のお腹にいたころに危険な状態に陥り、そのときに彼女の両親の祈りが宇宙に拡散していたキングに届いたことでライハの命を救ったことが原因だったようだ。

第17話ではライハと対面を果たして彼女をジード=朝倉リクの精神世界へと送り届けてジードをベリアルの呪縛から解放させ、さらに彼女の祈りがジードに届いたことにより覚醒したキングのウルトラカプセルキングソードを使用することで、彼の力を宿したジード最強形態ロイヤルメガマスターが登場しベリアルを撃破する切り札となった。
また、ライハを送り出す際、ジードを「若きウルトラマン」と呼び、ウルトラマンの模造品として作られたジードをウルトラマンの一人として認めている。

しかし、終盤では伏井出ケイから奪ったストルム器官によって、ベリアルに宇宙に拡散した自身のエネルギーを吸収され、サイドスペース諸共消滅する危機に見舞われてしまう。

最終話ではキングもベリアルが倒されると同時に無事に肉体を取り戻し(それと同時にサイドスペースの傷も完治した)、最後はウルトラの父と共にジードの功を労いながら、元の世界へと帰還していった。

ちなみに今作でのキングの声を担当するのは、勇者こと檜山修之氏である。
ライザーを作ったと思われるヒカリは彼と関係が深いことから、ライザーのボイスは彼の声を元にしていた可能性もある。

尚、あまり注目されていないが宇宙の修復と自身の肉体の再生からたった数十年しか経っていない。
人間からすれば長い期間かもしれないが、軽く一万年以上も生きるウルトラマンからすれば、どれだけ早いのかがわかる。

AnotherGenesis

ウルトラ銀河伝説』のパラレルワールドを描く作品。ここでもウルトラマンキングは登場している……が……

ネタ

ウルトラのおじいちゃん

キング爺


ウルトラマンノアなどに次ぎ、現在判明しているウルトラ族の中でも高齢である。そのためウル忍かっとびランドなどのパロディ漫画やCMや四月馬鹿では典型的なおじいちゃんポジションに収まっていることが多い(見た目のせいもあるだろうが)。

ウルトラマンやセブン、母と出演しているファミコンのCMでは、アパートの一室で、のんきにひなたぼっこしていた。四月馬鹿では母やゼロなどにボケ老人扱いされている……。

ショーなどでの役回り

イベントやショーなどでは最終的なゴタゴタを解決するためだけによく登場する。
よくある万能キャラをオチにもってくるという手法である。
レジェンドサーガは終盤でのみ登場するがこれらは最終戦力としての意味合いが強く、キング独特の立ち位置とはやや異なる(ちなみにノアはウルフェスだとほぼネクサスの強化形態扱いである)。
正に、デウス・エクス・マキナ的な、チートに近い存在であると言えよう。

もう全部こいつでいいんじゃないかな


滅多に見られないハッスル

ただし、ごくまれに他のウルトラマンと共に立ち回りを演じることもある。
その数少ない例の一つである『ウルトラマンフェスティバル2012』ライブステージ第2部では4体の怪獣軍団のうちの1体・ベロクロンを大ジャンプからのヘッドシザーズで押し倒して撃破し、そのまま顔面騎乗しながら悠々と残りの敵を数える、という鮮烈すぎる登場を果たす。その後残った怪獣も中国拳法じみた柔の拳で圧倒し、孤軍奮闘していたゼロを救った。
この時のキングは「ひぃ、ふぅ、みぃ……まぁまぁじゃな」「ゼロよ、もっと自分を信じぃ」など、異様に口調が老けており、さながらバトル漫画によくいる「飄々とした老師範」のような振る舞いをしていた。しかも戦闘終了後にはご丁寧に腰まで痛めている
威厳ある超人としてでも、耄碌した老人としてでもないこのような独自の方向性でキングがクローズアップされた例はほとんどなく、なかなか意欲的な描写であったといえる。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラシリーズ
チートラマン 

ロイヤルメガマスター…キングの力を持つ形態。設定上はウルトラ戦士の中でもトップクラスの戦力を持つとされる。

アトロシアス…ウルトラマンベリアルの究極進化形態。キングの力を多量に取り込んでおり無類の強さを発揮する。

ウルトラマンレオ ウルトラマンゼロ ウルトラマンジード…キングと縁が深いウルトラ戦士

ウルトラマンヒカリ ウルトラマンギンガビクトリー…キングから授かったアイテムがキーとなる戦士

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79086

コメント