ピクシブ百科事典

ウルトラフュージョンブレス

うるとらふゅーじょんぶれす

ウルトラマンゼロが、礼堂ヒカルとショウに授けた強化アイテム。

概要

新たなる強敵エタルガーに対抗するために、ウルトラマンゼロウルトラマンキングから授かってきたアイテムで、ウルトラマンギンガウルトラマンビクトリーウルトラマンギンガビクトリーへと合体させることが可能。

外見はストリウムブレスと同じだが、いカラーにのレリーフのストリウムブレスとは対照的にいカラーにのレリーフになっており、レリーフもギンガビクトリーの横顔が描かれている。

礼堂ヒカルがストリウムブレス同様左腕に付けており、レリーフを左に傾けた後にヒカルとショウがかつての北斗星司南夕子のように空中でジャンプして一回転し、「ウルトラタッチ!」の掛け声と共にスイッチにあるライブサインをビクトリーランサーでスイッチごとタッチしリードし、「ギンガ!」「ビクトリー!」と叫び、その後にポーズを取った二人が「「ギンガビクトリー!」」と叫ぶことでギンガビクトリーへと合体変身する(ただし玩具ではビクトリーランサー側で「ウルトライブGo!ウルトラヒーロー!」と全く関係ない音声が流れるのは内緒)。

だがすぐに使えるというわけではなく、お互いの息が合っていなければ使用することが出来ない。そのためヒカルとショウはウルトラマンゼロ指導の元片手を手錠でつながれて特訓する羽目になった。ゼロも当初は「エタルガーに対抗できる究極の力」とその存在を曖昧にして伝えていた。

時空城から解放されたウルトラ戦士たちからエネルギーを与えられたことでレリーフ下のディスクにウルトラ戦士の顔が描かれ、ストリウムブレス同様回すことで歴代ウルトラヒーローの技を使うことができる。ただしティガダイナガイア一つのディスクに一纏めになっており、使える技も一つずつである。また、使用時の発声はヒカルとショウによるものになっている。

この作品以後、ストリウムブレスに代わりヒカルが左腕につけたままであり、『ウルトラファイトビクトリー』および『ウルトラマンX』にゲスト出演した際にも装着・使用している。

関連項目

ウルトラマンギンガビクトリー
ストリウムブレス

関連記事

親記事

ウルトラマンギンガビクトリー うるとらまんぎんがびくとりー

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラフュージョンブレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2590

コメント