ピクシブ百科事典

ウルトラマンギンガビクトリー

うるとらまんぎんがびくとりー

ウルトラマンギンガとビクトリーが合体した奇跡のヒーロー
目次[非表示]

「これが人間と、ウルトラマンの力だ!」

概要

2015年春休み公開の劇場版『ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』で初登場。同作で登場した強敵エタルガーに対抗するために誕生した。

ウルトラフュージョンブレスによってウルトラマンギンガウルトラマンビクトリーが融合したウルトラ戦士。
しかも実際はウルトラマンティガからウルトラマンゼロまでの平成ウルトラマンから授かった力も加わっている。
あまりにもそのまんまなネーミングからギンガの強化形態と思われがちだが、「新たなヒーロー誕生」とCMで謳っていたことからもわかるように、公式では別のウルトラマンとして扱われている。

ビクトリーの能力であるウルトランスシェパードンセイバーをより強化して使用できる上、ギンガストリウムウルトラ6兄弟の技を扱うように、ティガからゼロまでの平成ウルトラマンの必殺技を使うことができるという、ギンガストリウム以上の全部乗せ仕様。まさに究極の姿であり、本気で戦えばエタルガー以上の力を持つ。

続編『ウルトラファイトビクトリー』でも、巨大ヤプールとの戦いに際しこの形態に変身、ウルトラフュージョンシュートでヤプールを倒した。
しかし、直後に復活したジュダ・スペクターにより召喚されたスーパーグランドキング・スペクターと交戦することとなる。
最大の必殺技を使って消耗していたためかメビュームシュートでグランドキングに攻撃するも通用せず、グランドキングの反撃で合体が解けてしまった。

ウルトラマンX』にも登場し、ウルトラマンエクシードXと協力してモルド・スペクターギナ・スペクタージュダ・スペクターが一体化したグア・スペクターを撃破した。

アーケードゲーム『ウルトラマン フュージョンファイト!』にも参戦。
ギンガとビクトリーのウルトラフュージョンカードをフュージョンアップさせることで使用可能となる。
また、『DXオーブリング』でも同様の方法で「ウルトラフュージョン!」の音声と共に変身を再現できる。

必殺技

発動方法はギンガストリウムと同じだが、発声はヒカルショウが行う。

ウルトラフュージョンシュート
ウルトラ10勇士の力を一つにして十字に腕を組んで放つ超絶光線。
早い話が平成版コスモミラクル光線
ギンガビクトリーブレイカー
超高速で敵に突撃して体当たりを食らわせ粉砕する荒技。
この技だけウルトラフュージョンブレスを使用せずに発動する。
ゼペリオン光線
「ウルトラマンティガの力」で発動。
ソルジェント光線
ウルトラマンダイナの力」で発動。
フォトンエッジ
ウルトラマンガイアの力」で発動。
フルムーンレクト
ウルトラマンコスモスの力」で発動。
コズミューム光線
「ウルトラマンコスモスの力」で発動。
クロスレイ・シュトローム
ウルトラマンネクサスの力」で発動。
オーバーレイ・シュトローム
「ウルトラマンネクサスの力」で発動。
マクシウムカノン
ウルトラマンマックスの力」で発動。
ギャラクシーカノン
「ウルトラマンマックスの力」で発動。
メビュームシュート
ウルトラマンメビウスの力」で発動。
メビュームバースト
「ウルトラマンメビウスの力」で発動。
エメリウムスラッシュ
「ウルトラマンゼロの力」で発動。
ワイドゼロショット
「ウルトラマンゼロの力」で発動。

これらの光線技は大半が未使用で、使ったのはウルトラフュージョンシュート、メビュームシュート、ワイドゼロショットのみだったが、『X』にてフォトンエッジ、ソルジェント光線、ゼペリオン光線が使用され、残るはコスモス、ネクサス、マックスのみとなった。
ウルトラマンフュージョンファイトでは通常攻撃としてエメリウムスラッシュが使用されている。
大半の力が未使用に終わったのは、同じく究極の姿であるあの2人を連想させる。
今後の客演次第によっては未使用の技も登場の機会があると思われる。

関連タグ

ウルトラマンギンガS 平成ウルトラマン なんでもあり
コンプリートフォーム
チートラマン
ウルトラマンギンガストリウム

合体したスーパーウルトラマン繋がり

ウルトラマンレジェンド
メビウスインフィニティー
ウルトラマンサーガ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンギンガビクトリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40564

コメント