ピクシブ百科事典

ショウ(ウルトラマンギンガ)

しょう

ショウとは、『ウルトラマンギンガS』の登場人物。
目次[非表示]

演:宇治清高

「これで決める!!」

概要

ウルトラマンギンガS』における礼堂ヒカルと並ぶもう一人の主人公ビクトリーランサーを使うことによってウルトラマンビクトリーウルトライブする。

地底の民・ビクトリアン青年
謎の敵によってビクトリアンにとっての命の源である水晶体「ビクトリウム」が次々に奪われたため、ビクトリアンの女王・キサラからビクトリーランサーを授かり、ビクトリウムを奪う謎の敵の正体を暴くべく地上へと向かう。
責任感が強く、自分に厳しいストイックな性格をしており、自らの使命を果たすために地上の人間とはできるだけ関わらないようにしていた。生真面目故に少々融通の利かない面もあるが、同胞や故郷を思う気持ちの強さは本物。念動力の使い手で、大量のチブロイドをまとめて圧倒するなど生身の戦闘力も高い。
「どんな場所に住んでいても全ての人間は同じ空で繋がっている仲間」と語るヒカルに「お前には分かるまい!空を知らずに生きてきた俺達の気持ちが…!」と答えており、当初は地上の人間達に対して一種の嫉妬のような感情を抱いている節が多少見られた。

始めてヒカルと出会った時にブイチョコレートというウエハース菓子をもらったことから時折食べているシーンがある。このウエハースチョコレートは実際にお菓子として商品化された。なお実際の菓子には本編に登場する怪獣のカードが付属しているが、本編の菓子にカードがついているかは不明。

本編開始前に放送された『新ウルトラマン列伝』の「ウルトラマンギンガS 直前スペシャル」ではナックル星人グレイからイケメンと評された。

本編での主な活躍

第1話の時点では地上の人間に加えウルトラマンギンガやヒカルのこともビクトリウムを狙う敵と思っており、EXレッドキングを倒した直後のギンガにいきなり戦いを仕掛けたが、第2話でヒカルに落下してきた瓦礫から救われたことで心境に多少の変化が生じ、共にエレキングを倒した。

同胞を思う気持ちは強いが、第4話では他の誰かを巻き込みたくないという考えもあって仲間に頼る戦いについて嫌悪した節が見られた上、スパークドールズのことをビクトリウムを狙う連中が使っていた邪悪なものとして一度は使用を拒んだことすらあった。後にサドラにライブしたヒカルの説得を受け、スパークドールズに善悪がないことや危険を顧みず自分を助けようとするレピシェパードンを見て一人で強くなるわけではないと悟り、多少仲間に対する考えも軟化した。
これ以降はヒカル達とも積極的に共闘するようになり、第5話ではヒカルのことを素直に「仲間」と呼んでいる。また、多少ながら気さくな部分も見せるようになった。

第6話では地球を追放されたビクトリアンを名乗るヒヨリを一時は敵と疑ったが、彼女を始めとする地球を追放されたビクトリアン達の過去を知り、彼女のライブしたゴモラファイヤーゴルザから救った。そして戦いの後彼女を自分達の仲間に迎え入れる。

第7話でギンガ共々強敵ファイブキングに敗れ、続く8話で傷ついたヒカルをUPGのライブベースに運んだ。その後、エクセラーの命令でライブベースごと自爆を図ろうとしたワンゼロ「ただ駒にされ、裏切られ、そんな運命にお前はなぜ抗おうともしないんだ!!」と説得しつつ渾身の一撃を与えて倒し、UPGの作戦で復活したビクトリーと再び一体化。ヒカルと息の合ったコンビネーションでファイブキングを見事倒した。

第10話ではガッツ星人ボルストのライブしたベロクロンドラゴリーに単身立ち向かうが2対1の戦いに苦戦を強いられ、ドラゴリーの牙の猛毒に侵されてしまう。それでも傷が完全に癒えていない状態でヒカルの加勢に現れたが、毒の影響でもはや立っていることすらままならない状態だった。しかし、そんな彼をベロクロンの攻撃から庇ってついに命を落としてしまったシェパードンの魂がクリスタルスパークドールズとなって彼の手に現れ、新たな力聖剣シェパードンセイバーが誕生し、ショウは消滅してしまったシェパードンの想いに応え、ベロクロンとドラゴリーを倒した。

「シェパードン、そうだったよな。俺とお前はいつも一緒だった。お前がいてくれるから、俺は絶対に負けない!!」

だが第13話にてビクトリウム・キャノンが使われたことに激怒し、第14話でヒカルに絶縁を言渡しライブベースに侵入するが、神山長官の不意打ちを受けて捕まり、ビクトリーランサーとシェパードンのクリスタルスパークドールズを取り上げられてしまう。その後は陣野隊長に助けられ、アリサから事情を聴いたことでヒカルと半ばではあるが和解した。

最終話でヒカルと共に最強の敵ビクトルギエルを倒した後は自身の使命を果たしたため地底世界に帰還した。


劇場版『決戦!ウルトラ10勇士!!』では、強敵エタルガーに敗北し、エタルガーを倒す力を得るためヒカルと共にウルトラマンゼロから特訓を受けることになる。
事件解決後はなんとUPGに入隊した。防衛チームに「現在変身可能な」2人のウルトラマンが所属しているのは、初の事例である。
(『A』の北斗と南は合体変身なので「2人のウルトラマン」ではない、『レオ』のMACはダンが変身できない)

ウルトラファイトビクトリー

エタルガーとの戦いのその後を描いた『ウルトラファイトビクトリー』では主人公を務める。

奏でろ、勝利のメロディー!


休暇を得てサクヤと共に久しぶりに地底世界に帰還したが、そこでかつてヒカルと共に倒したはずのヤプールが操る超獣アリブンタと遭遇し、ビクトリーにライブして応戦するが、その体表の頑丈さに苦戦を強いられ、窮地に陥ったところを駆けつけたウルトラマンヒカリに救われる。
そして彼から、ヤプールの目的が「ビクトリウム・コアの力を使って宇宙の帝王を蘇らせること」だということを知らされ、それを阻止するために魔笛封印剣ナイトティンバーを授かる。

ウルトラマンX

第13、14話に登場。

第13話

実弟ジュダ・スペクターの敵討ちに挑んできたモルド・スペクターと戦っていたが、その強大な力の前に窮地に立たされ、アリサやモルド共々『X』の世界に到着する。その時にビクトリーランサーを落としてしまっていた。
マスクをつけられた状態で拘束されていたが、持っていたビクトリウム結晶のペンダントで縄を切って拘束を脱し、見張りについていたマグマ星人シャプレー星人を念動力で吹き飛ばし脱出に成功する。
そして大地と邂逅。マスクのせいでうまく喋れなかったことと、加えてアリサの発言によって地底人だから言葉が通じないと勘違いした大地に困惑する。
大地と行動を共にする中、ダークサンダーエナジーを受けて強化されたモルドと遭遇。ビクトリーランサーが無いため戦えなかった代わりに、大地とエックスの戦いを見守ることに。エクスラッガーを完全に扱いきれなかったために窮地に陥ったエックスを、合流したアリサから受け取ることで取り戻したビクトリーランサーの力で援護。その場を切り抜ける。

受け継がれし○○


戦闘が終わり、Xioと合流してからマスクを外されようやくコミュニケーションがとれるようになり、エクシードXの力を十分に発揮できていなかった大地に剣の特訓を課す。どうやらエックスのことはゼロから聞いて知っていたようだ。ちなみに大地に特訓を課す際に、「俺はゼロより厳しいぞ!」と豪語していた。
そして自らの教えを自分のものとした大地を認め、共に再び出現したモルド&マグマ星人相手にタッグを組んで立ち向かう。激戦を戦い抜いてきた強さを見せ、マグマ星人を圧倒。そしてエックスと共にビクトリーナイトへと強化変身し、最後はナイトビクトリウムシュートでマグマ星人を打ち破った。

第14話

駆けつけたギンガと共に3人でモルドを撤退に追い込んだ後、大地にXio基地に連れて行かれ、大地の理想を自分とシェパードンの関係を話題に出して後押しする。その後ギナ・スペクターに鞭で首を絞められつつも互角の格闘戦を繰り広げ、そしてヒカル/ギンガや大地/エックスと共にグア・スペクターと戦う。ギンガとフュージョンしギンガビクトリーとなり、最後はエクシードXと共にグアを打ち破った。

余談

演じた宇治清高氏は、別の特撮作品チャラ男に対して激しい恨みを抱いていた高校生を演じている。

『ウルトラマンX』でマスクを付けられてしまった描写は、『ウルトラマンレオ』第34話で郷秀樹アシュランに特殊なマスクを装着させられたシーンへのオマージュである。

関連タグ

ウルトラマンビクトリー
地底人
ウルトラマンギンガS
礼堂ヒカル
もう一人の主人公
ビクトリアン
ウルトラマンX

藤宮博也…同じようにもう一人の主人公と言えるウルトラマン。
ユニコーン・ゾディアーツ…役者繋がり。


セリザワ・カズヤ←ショウ→伊賀栗レイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ショウ(ウルトラマンギンガ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23846

コメント