ピクシブ百科事典

ビクトルギエル

びくとるぎえる

『ウルトラマンギンガS』のラスボス。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンギンガS第14話「復活のルギエル」の終盤にて遂に登場した最強にして最後の敵である『超咆哮獣』

チブル星人エクセラー宇宙の覇者となるべく大量のビクトリウム鉱石のエネルギーを与え永久の眠りから甦らせたダークルギエルの肉体が、UPG基地ライブベースと禁忌の兵器「ビクトリウム・キャノン」、そしてシェパードン(のスパークドールズ)と地下に眠る大量のビクトリウム鉱石と融合合体し、肉体が変異して誕生した最強の生命体。

復活当初はルギエルの意思は完全になく、自称宇宙最高の頭脳を誇るエクセラーが操る最強の肉体としての役割を果たす存在と成り果てていたが、最終回にてルギエルの意識が蘇り、エクセラーを排除した事で名実ともに完全復活を果たした。

ビクトリウム鉱石とシェパードンと融合合体したためか、ダークルギエルの肉体が(デザインの為にどことなくガイガンに似ているが)シェパードンのシルエットを思わせるような姿(怪獣化したような姿)へと変化しており、には巨大化した『ビクトリウム・キャノン』が配備されており、背中にはライブベースの基地の一部が残っているなど、やや機械的な部分もある

全身から「ダークルギエルビート」と呼ばれる破壊光弾を放つ能力が備わったほか、大量のビクトリウムを『ビクトリウム・プラント』と呼ばれる体内器官(元はライブベースに備え付けられたビクトリウムの貯蔵施設だった)に無制限貯蔵しているため最大最凶の兵器『ビクトリウム・キャノン』の威力はさらに計り知れないレベルとなっており、フルパワーで放てば1つを簡単に消し飛ばせるほどの威力を秘めている。

ちなみに、超巨大怪獣という訳ではない(実際、『ウルトラファイトオーブ』の再登場では他の怪獣たちとさほど変わらない大きさで描かれている)が、身長・体重はなんと測定不能
測定不能な理由は不明だが、恐らく測定する側になるべき基地を乗っ取ってしまったせいだろうか?
※ダークルギエルの自身の身長はミクロ〜無限大、体重は0〜無限大なのでそれが関係しているのかもしれない。

戦歴

ウルトラマンギンガS

ギンガビクトリー2人がかりでも全く歯が立たないほどの力と、2人の猛攻(ギンガストリウムウルトラショット、Z光線、メタリウム光線ギンガスパークランス。ビクトリーのキングジョーランチャーEXレッドキングナックルエレキングテイル、ビクトリウムシュート)の直撃を受けてもビクともしない防御力も備わっており(ハイパーゼットンシザースでやっと傷を負わせた)、その圧倒的な力で2人を退ける。

その様は正に今までのギンガ世界を叩き壊すほどの悲壮感漂う描写であった

その後、度重なる戦いで消耗し、残り1回しか変身できなくなり後がなくなったギンガとビクトリーの再戦を受け、その際にシェパードンセイバーフラッシュでビクトリウム・キャノンを破壊されて使用不能にさせられる。
それでもなお力の差を見せつけ、ルギエルの意識が蘇った後はギンガとビクトリーを再び破り石像に変えて今度こそ変身不能に陥らせ、人類たちを絶望の淵に追いやった。

ウルトラマンギンガS終わっちゃったなぁ~・・


しかし、ビクトリアンや雫が丘の人々の協力によって復活したギンガとビクトリーとの三度目の対決では、奮起した両者の連携の前に徐々に押されていき、さらに内部に侵入していたマナによって内部からシステムを暴走させられて遂に行動不能に陥る。
最後は身動きが取れなくなったところへ、合体技:コスモミラクルエスペシャリーを浴びて大爆発を起こし、遂に敗れ去った。

ウルトラファイトオーブ

亡霊魔導士レイバトスが復活させた怪獣軍団の一員として、キングジョーバードングドンツインテールハイパーゼットンと共に登場し、ゼロオーブオリジンに襲い掛かる。

続く第4話ではバードン、キングジョーと共にオーブオリジンと戦ったものの、ビクトリウム・キャノンはおろかダークルギエルビートも使用せず、オーブカリバーに弾き飛ばされた後、バーンマイトのストビュームバーストとストロングコロナゼロのガルネイトバスターの同時攻撃を食らい爆散・消滅した。
再生怪獣ある種王道の展開となってしまったが、ビクトリウムもルギエルの力や意思もない以上、見た目だけがビクトルギエルの二足歩行怪獣と言ってもよい存在だったため、まぁ仕方ない展開と言ったところだろうか(「アムロの乗っていないガンダム」みたいなもんである)。
光線技を使わなかったのも、ビクトルギエルの技のほとんどが範囲攻撃であったためかもしれない。

余談

  • ラスボスであるため、情報誌を除き、物語の終盤までその存在は伏せられていたのだが、ギンガSの後半の初期に流された玩具「DXビクトルギエル」のCMで盛大なネタバレが行われてしまった…もっともこれはビクトルギエルに限った話ではなく、ギンガ本編というか『新ウルトラマン列伝』内ではCMでギンガの新要素が先行公開される傾向にあった。もっと言うと、これは12月になると翌年からの新番組情報のリーク時期と衝突するため関連アイテムの販売が制限される事情によるものと思われ、以降のラスボスも11月のソフビ先行発売で明らかになるのが定番となっている。
  • 当初は中から黒いギンガが出現するという案もあった。
  • 『ファイトオーブ』では、ラスボスであるにも関わらず早くも再生系要員として使われてしまった。彼が選ばれたのは(他の亡霊怪獣軍団のメンバーから推測して)、完全オリジナルではないサンダーダランビアやスーパーグランドキング、前回坂本監督が映画で使用したダークルギエルやファイブキング、味方枠のシェパードンを除いた中で選ばれた『ギンガ』、『ギンガS』枠の怪獣であるためだと推測できる。


関連項目

ダークルギエル ラスボス(ウルトラシリーズ)
ウルトラマンギンガS チブル星人エクセラー
ウルトラファイトオーブ レイバトス
アークベリアル→大量の鉱石を吸収して怪獣のような姿になるところが共通している
デスフェイサー→防衛チームの超兵器が怪獣になる点が共通

pixivに投稿された作品 pixivで「ビクトルギエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11160

コメント