ピクシブ百科事典

闇のエージェント

やみのえーじぇんと

闇のエージェントとはウルトラマンギンガに登場する3体の宇宙人の総称である。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンギンガとの戦いで殆どの力を使い果たしたために表だって動けない闇の支配者が、自身の復活に必要なマイナスエネルギーを得るため、自身の代わりとするために『ダークスパーク』で『スパークドールズ』から実体化させたバルキー星人イカルス星人ナックル星人グレイの3体の宇宙人。

主な使命はダークな心(邪な心)に支配された人間に『ダークダミースパーク』を渡し、怪獣に『ダークライブ』させ、その際に得られるマイナスエネルギーを支配者に捧げることだが、時にはギンガの抹殺や闇の支配者の復活を促すための策謀などを請け負う事もある。

人形から元の姿に戻してもらった事を恩義に感じているため基本的には支配者に忠実だが、イカルス星人だけは自身の保身に走ったため口封じされている。

このように、敵組織の幹部格に当たる存在だが、割とコミカルな描写も多く、シリアスな役柄からギャグまでこなせるという万能っぷりを見せている。

ダークルギエル消滅後UPGで雑用係をやらされている様子。

ちなみに、プレミアムバンダイ限定のDXダークスパークでは、バルキー星人、イカルス星人、ナックル星人グレイのライブサインをリードすると、各々が実体化した時のセリフを聞く事ができる。

ウルトラマンX

われら星雲!
われら星雲!



何の因果か『ウルトラマンX』にも第9話にゲスト出演する。

バルキー星人は英語混じりで話す「春木」、イカルス星人はイカを強調して喋る「伊刈」、ナックル星人グレイはオネェの「名栗」として人間に擬態し、「星雲荘」という民家で生活を営んでいた。

人間時の姿はそれぞれの声を担当した声優が演じている。ただし劇中ではギンガシリーズとの繋がりについては語られず、公式サイトでの表記もそれぞれバルキー星人ハルキイカルス星人イカリナックル星人ナクリとなっている。このため、『闇のエージェント』たちとはよく似た別人なのではないかという推測もできる(
だが一方で番組内の提供クレジット画面では「あの『元』エージェント3人組が登場!」と書かれていたり、「大地の怪獣ラボ」でもエックスが「侵略を止めて平和に暮らしていた」と発言しているなど、闇のエージェントと同一人物であることを示唆する描写もある。名前についても人間時の偽名と同じでもあり、単に『ギンガ』シリーズ未視聴者への配慮としてあえて深く描かなかったようにも取れるため、結局のところ真相は不明である。

悪事から足を洗ったのか、本作での彼らに地球侵略の意志は微塵も無く、それどころか10万円の入った財布が落ちているのを見つけて一度は歓喜するも、通りがかった警官に渡すほどの良心を見せているなど、前作までの悪辣っぷりが嘘のような行動を見せる。
Xioのワタル隊員の弟であるイサムが星雲荘に転がり込んできた時も、拒絶することなく割とあっさり受け入れ、彼がラグビーでの失敗を引きずっている事を知ると励まそうとするなど、面倒見の良い所を見せた。イサムの方も彼らが侵略者でないことを行動から理解しており、宇宙人としての正体を知った時もXioへの通報を止めたり、彼らを庇ったりなど信頼関係を築いている。

バルキー星人のペットであったサメクジラの「ジョリー」を狙ったババルウ星人率いる暗黒星団チームと、そのサメクジラを賭けて「チーム星雲」を結成しラグビー対決をすることになる。なお、ギンガS本編で味方であったゼットン星人ベルメ暗黒星団チームに寝返っている(ただしこちらも単に『ゼットン星人』と表記され同一人物かどうかは明記されておらず、互いに特別な反応は示していない)。

3日後、Xioの面々やイサムのチームメイトが見守る中でラグビーの試合が行われ、前半は暗黒星団チームの卑怯な戦いに翻弄される。さらに後半では直接的な攻撃を受けて傷つくが、それに怒ったイサムの奮闘により見事逆転。サメクジラを守り抜いた。

そしてイサムがラグビーチームに復帰したのを見届けると、星雲荘を去り何処かへと旅立った。
行き先は不明だが、ナクリの台詞、そして最後に映ったポスターから推測するに、伊香保温泉へと向かったのではないだろうか。


 ウルトラ戦士へ変身していた人間が別世界では一般人として生活していたという前例もある為、不自然な話ではない。

関連タグ

設定 ダークルギエル特戦隊
ミジー星人 - 同じく人間臭い生活をしていた三人組宇宙人。ただしこちらは改心していない。

pixivに投稿された作品 pixivで「闇のエージェント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3926

コメント