ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ダークスパークウォーズ

だーくすぱーくうぉーず

ダークスパークウォーズとは、『ウルトラマンギンガ』の根幹を司る事件である。ここでは同じ時期に起こっていた地球での戦争についても記述する。
目次 [非表示]

概要編集

ウルトラマンギンガ』が始まる千年前、宇宙で起こった大きな闘い。

宇宙の彼方で発生したウルトラ戦士怪獣軍団の大激戦の最中、遠い未来からやって来たダークルギエルダークスパークを振るった事により、その場にいた数多くのウルトラ戦士や怪獣、宇宙人たちがスパークドールズへと変えられてしまった。

その後ルギエルは追って来たウルトラマンギンガとの激しい戦いの末力を失い、ダークスパークの中に封印。ギンガもまたギンガスパークの中に封印された。


その後両スパークとスパークドールズは長きにわたって宇宙を彷徨い、地球の降星山の地下にもあったビクトリウムの磁気に引き寄せられ、落下する事となった。


なお、参戦したウルトラマンの内、光の国のウルトラマンは原典と同一人物である事が示唆されている(『ウルトラギャラクシーファイト』にてギンガと面識のあるタロウがM78スペースのタロウと同一人物である事がほぼ確定となっている)


地球での戦い編集

ダークスパークウォーズとほぼ同じころ、有史以前の地球でもまた争いは起こっていた。

地球の命の源そのものであるエネルギー鉱石「ビクトリウム」を巡り、当時の地球人たちは戦争を始めてしまい聖獣シェパードンの暴走を引き起こした。

だが突如宇宙からやって来たウルトラマンビクトリーがシェパードンの暴走を鎮め、古代人の選ばれしものが自らに変身することのできるアイテムビクトリーランサーを授けた。

古代から不思議な力を持っていた地底人の種族ビクトリアンは、ビクトリウムの強大な力はやがて世界を滅ぼすと考え、ビクトリーランサーを使ってビクトリウムを地底に封印。自らをその守り人とした。

だが今度はビクトリーランサーの使い方を巡ってビクトリアンの過激派と穏健派が激突。

戦いは穏健派の勝利に終わり、過激派のビクトリアンたちは地球を追われ、異次元空間へと追放された。

そして争い事を好まなかった当時のビクトリアンの指導者によってこれ以上争い事を失くすために過激派ビクトリアンの存在と過激派と穏健派の戦いの記憶は「忌まわしき過去」として抹消されてしまった。

真実を知るのはシェパードンのみとなり、後年この戦いで追放された過激派の末裔・ヒヨリが地球に帰還。現存するビクトリアンたちやギンガ、ビクトリーと対決する事となった。


ダークスパークウォーズに参戦したヒーローと怪獣編集

ここではダークスパークウォーズでの戦闘シーンやスパークドールズが散らばるシーンで確認できた怪獣やヒーローを述べる。

戦闘シーンは新撮映像も存在する一方で、予算の都合上、一部の例外を除いてウルトラヒーローとウルトラ怪獣は過去作のスチール写真や切り抜き画像から流用されたものがほとんど。なので本当に参戦したのかはあいまいなところがあり、よく見たら同一人物が同一画面にいたりという現象が起こっている事も…。また、スパークドールズが販売されていない怪獣は過去に販売されたウルトラ怪獣シリーズで代用されている。

同一人物が複数人いるという描写は並行同位体という事で説明が付くが、この時はまだ沿うような設定がなかったために指摘されてもおかしくない…。


参戦したことが明確になった戦士、怪獣編集




※小説「マウンテンピーナッツ」より。最後の二体は何故参加していたのかは不明。



シルエット、もしくはスパークドールズのみの登場編集

(※)はスパークドールズのみ登場した怪獣やウルトラマンを指します。



この他にも情報ありましたら追記願います。



関連タグ編集

ウルトラマンギンガ ウルトラマンギンガS

関連記事

親記事

ダークルギエル だーくるぎえる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました