ピクシブ百科事典

ウルトラマンスコット

うるとらまんすこっと

ウルトラマンスコットは、チーム『ウルトラマンUSA』の隊員であり、本作の主人公である。
目次[非表示]

データ

身長82m(初代ウルトラマンの2倍以上)
体重6万4千t(戦艦大和より少し軽いくらい)
飛行速度マッハ24(初代ウルトラマンの5倍弱)
必殺技グラニウム光線
出身星M78星雲惑星アルタラ


概要

 ウルトラマンスコットは、ウルトラセブンなどのレッド族に生まれた戦士である。その逆三角形マッチョボディから予想が付く通り、身長150mの怪獣キングマイラを何㎞も投げ飛ばすほどの怪力を持つ。(劇中を見る限り、サンフランシスコの市街地から、沖合のアルカトラズ島まで投げ飛ばしている。ガイアもびっくりな投擲能力である。)
 アメリカナイズされた荒々しい性格で、怪獣を倒すためなら周囲の被害はあまり気にしない
 人間体のスコット・マスターソン大尉を演じる声優は、古谷徹氏。
なお、実写版スーツにはセブンと同じ位置に黒い覗き穴があるが、オリジナルには覗き穴は見られない。

ウルトラマンフェスティバル2016ライブステージ第2部にてマックスセブンと共にレッド族代表としてゼットン軍団に戦いを挑む。なんと光線技でクローンゼットンを敗るという快挙を成し遂げる。なお、本編に比べて親しみやすい陽気なアメリカンなキャラクター付けがなされている。(といっても英語混じりの口調ではない。)

必殺技

グラニウム光線
三戦士共通の必殺技。腕を十字に組んで発射する青い光線。逆に組んで放つと、対象を押し出すウルトラ・プッシュビームになる。

ウルトラ・エナジー・ボール
腰のバックルから迸る電流を光球にして投げつける。よってくさタイプの技ではない。
作中ではガルバラードの本体イームに使用したが、それってこうかはいまひとつではないのだろうか…。

ウルトラ・スライサー
早い話が八つ裂き光輪。イームに対して連続で投げつけて切断した。なお、切断シーンは中々にグロく、最後はグラニウム光線で焼き尽くしてトドメを刺した。

ウルトラアタック
猛スピードで敵に突進する肉弾技。ムキムキなスコットが突撃してくるのだから敵にとってはひとたまりもない威力である。


関連項目

ウルトラシリーズ ウルトラ銀河伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンスコット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8982

コメント