ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

ガンダー


  • 身長:45メートル(翼長40m)
  • 体重:2万トン
  • 種別:冷凍怪獣
※ただしコイツの肩書きは凍結怪獣なので注意。肩書きも冷凍怪獣なのはラゴラスなど
 

ガンダー


過去の地球に氷河期を招いてきたポール星人が対ウルトラセブン用に送り込んできた怪獣。 
 
というのもウルトラセブンは冬という季節のない光の国出身で、しかもウルトラ一族の中でも特に寒さに弱いという弱点を持っていた。そこを突くために送り込まれた怪獣こそ、このガンダーなのである。
 

凍結怪獣 ガンダー


外見は銀色の鱗に覆われ、長い棒の先についた眼はカタツムリを思わせる。そして背中には逆三角形の翼のような巨大な突起が生えていて、飛行も可能。
 
だが特筆すべきは口から吐き出す強力な冷気「クールブロウ」。その威力は辺り一面を零下140度という超極寒にしてしまうほどで、まさに「冷凍怪獣」なのだ。
また近接戦では鋭い爪を武器としており、地中を時速70kmで掘り進み、空中をマッハ3で移動できるらしい(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)。
 
こんな奴なので弱点は太陽エネルギーという説があり、極東基地を雪雲で覆ったのも納得というもの。

活躍 

まず始めに地球防衛軍極東基地の周辺を寒冷地にした上にたまたまパトロールで基地の外に出ていたモロボシ・ダンを極寒地獄に閉じ込めた。
そして確実に邪魔になるであろうウルトラ警備隊が守る地球防衛軍極東基地を襲撃すると、動力炉を破壊して基地機能を停止させ、基地を丸ごと氷漬けにしてしまった。
この能力にセブンは大いに苦しめられ、吹雪の中ウルトラアイを探すために歩き回ったことで体力を消耗(ポール星人の見立てでは「あと5分もすればエネルギー切れ」)。ピンチヒッターとして繰り出したカプセル怪獣ミクラスもガンダーには劣勢だった。
しかし防衛軍隊員達の奮闘で基地機能が復旧し、ウルトラ警備隊はウルトラホーク1号ウルトラホーク3号で逆襲に打って出た。
そしてなんとかウルトラアイを見つけたダンは一旦空の彼方へ退却し、太陽エネルギーを補給。苦戦の果てにアイスラッガーで首と両腕を吹っ飛ばして勝利したが、それでもエネルギーの消耗は激しく、地球での活動時間に制限が付くようになってしまった(らしい)
よってこの回以降、セブンは活動限界時間が来るとウルトラマンのカラータイマーの様に額のビームランプが点滅するようになった。

このガンダーの回は、今まで数々の宇宙人の侵略に耐えてきた基地が初めて陥落寸前にまで追い詰められた回でもあり、物語全体に絶望感や焦燥感が溢れていたためか視聴者に強い印象を与えた。
そしてその絶望的な状況をひっくり返したのは、人間の持つ不屈の闘志だった

派生作品での登場

ウルトラマンSTORY0

コウモリやワイバーンに似た姿にアレンジ(原始個体)した形で登場。高い飛翔能力を有する。
同じく天候を操ることが出来るギラドラスと共に水棲人たちの星を極寒地獄に変えた。
空中でザージフリーザスの猛襲を受け左目を斬り落とされるが逃走し、ウルトラマンジャックと戦っていたギラドラスの加勢に訪れた。
しかし、調子こいて至近距離で吹雪を浴びせ続けたため、ジャックのスペシウム光線をほぼ零距離で受けてしまいあっけなく消滅した。

ウルトラマンM78劇場Love&Peace

黄色い姿にデフォルメされて登場。
セブン、ウルトラマンゼアスバルタン星人ガヴァドン(A)と共にウルトラドミノにチャレンジした。
ゴモラが地割れを起こしたせいでドミノが逆向きに倒れてしまい、他のメンバーがドミノの修復をしている間、ドミノを凍結させて時間稼ぎを行った。ちなみに映像作品では『セブン』以来の登場となる。

プラズマガンダー

ゲームおよびその映像化作品『大怪獣ラッシュ』に登場するプラズマ怪獣
肩にプラズマソウルが集中しているのが特徴。

アニメ版では強力な冷凍能力はそのままに、更に雪の中を自由自在に潜って移動するという能力を獲得している……のだが、当然ながら周りに潜れるだけの積雪がないとまったく無意味な能力であり、そもそも数百メートルクラスの巨体をもつプラズマガンダーが全身を隠して移動できるだけの雪が積もったとしたらその時点でとっくに地球人視点では絶望的な状況である

その強力な力でいくつものハンターチームを返り討ちにしてきた実力者とされており、ラッシュハンターズと対決する前にチブル星人(チブローダーストロング)を冷凍ガスで氷漬けにして退けた後にラッシュハンターズと対戦。彼らをも翻弄するが、チブル星人が脱出したチブローダーストロングの自爆を受け周囲の雪原を吹き飛ばされてしまい、身を隠す事を封じられてしまう。

その為、このままでは分が悪いと判断して逃走を図るが、最後はバレルの『「ツインサイクロンソーサー』で右肩のプラズマソウルを破壊された上に、マグナの『ジェットクロー』で残りのプラズマソウルも完全に破壊されてしまい敗北した。

酩酊!怪獣酒場2nd

第57話に登場。「クビが怖い」と言うサラリーマンの愚痴に共感していた(原作で首を切断されて死んだ為)。

ウルトラマンライブ プレシャスステージ

タツヤ少年が視聴していた「ウルトラマンジード」に登場する怪獣で、バルタン星人と共にゼロ・ジードコンビを襲撃するが、ウルトラセブンエメリウム光線で倒される。

セブンガーファイト

第7話に登場。実写作品の登場は実に53年振りとなる。
イカルス星人ガラモン改造パンドンと共に特空機1号セブンガーと戦い、数の暴力で圧倒するも、ウルトラマンゼット・ベータスマッシュの参戦で形成が逆転。ガラモン共々崖下に投げ落とされた。
のちに第9話にてスフラン島に別個体が出現し、セブンガーと対決。ペスターとの挟み撃ちでセブンガーを苦しめたが、セブンガーの躱したペスターの火炎を浴びて倒された。自らの放った冷凍光線はペスターに命中し、こちらも凍死している。

着ぐるみはアトラクション用の流用。

TDG THE LIVE ウルトラマンティガ編 in 博品館劇場

キリエロイドの暗躍により再生した怪獣の一体。
ノーバと共にダイナを襲撃し、ティガの参戦により空中戦に持ち込まれ、ランバルト光弾に敗れる。
キリエロイドによって再び呼び寄せられ、ゼットを人質に取られて思うように戦えないティガを袋叩きにしたが、再生怪獣にビビって会場を駆け回ったナイスにぶつかられてしまう。
続くガイアとの対決では怪力で善戦するが、最期はフォトンエッジに敗れた。

関連項目

ウルトラ怪獣 宇宙怪獣
ペギラ ウー スノーゴン バルダック星人 アイスロン スノーギラン
グロスト マーゴドン ギガザウルス レイキュバス グローザム

関連記事

親記事

ポール星人 ぽーるせいじん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「凍結怪獣ガンダー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「凍結怪獣ガンダー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4596

コメント