ピクシブ百科事典

ギラドラス

ぎらどらす

ギラドラスとは特撮ドラマ『ウルトラセブン』に登場した怪獣である。
目次[非表示]

概要

別名:核怪獣
身長:65メートル
体重:15万トン


ウルトラセブン第20話「地震源Xを倒せ」に登場。

ギラドラス 【ニコニコ動画用イラスト】


シャプレー星人が操る怪獣。アザラシに似た体型をしており体表は黒いに覆われている。頭部にある左右一対ののような赤い結晶を発光させることで気象「ウルトニウムストーム」をコントロールすることも可能。
シャプレーの命令地球の中心核の物質「ウルトニウム」を採掘していたが、シャプレーのと共に地上に出現。吹雪を起こして寒さに弱いセブンを苦しめるが、ウルトラ警備隊の支援で復活したセブンのアイスラッガーを切り落とされた。

派生作品

小説ウルトラマンメビウスアンデレスホリゾント』にアルビノ・ギラドラスとして登場。
その名の通り白い体色が特徴で、口から光弾を吐く能力を持つ。
シャプレーの一団に操られ関東地方一帯を吹雪で包むがメビウスによって倒された。

映画『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THEMOVIE』ではベリュドラの右の角の一部として登場した。

AC『ウルトラ闘魂伝説』でも雑魚敵として登場。頭上に雷雲を発生させて攻撃してくる。

漫画『ウルトラマンSTORY0』ではより首が長い首長竜に似た姿で登場。
ガンダーと共に水棲人の星を強襲し、天候を変えて吹雪吹き荒れる地獄に変えてしまった。全身の鱗は極めて強固であり、ウルトラ戦士たちの打撃もまるで通じなかった。
巨体を活かした突撃ウルトラマンジャックの脚に傷を負わせたが、その速度を逆利用されてしまい、ザージの作った抜けば玉散る氷の刃にジャックが全光エネルギーを結集したことにより、自分から突っ込んで行って三枚おろしにされて死んだ

没デザイン

ギラドラス初稿バージョンあるいは甲狼(かぶとおおかみ)

かぶとおおかみ


ギラドラスの初稿バージョン。
昆虫の複眼のような大きな目にレッドキングを思わせる蛇腹状の体表、鋭い鈎針のような前足が特徴。
デザインを担当した成田亨はマックスファクトリーから「甲狼(かぶとおおかみ)」としてガレージキット化された時のコメントで、当時の製作陣と考えが合わず、気に入ったデザインをセブンに登場させたくなかったので自主的に没とした事を語っている。

関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ怪獣 シャプレー星人

pixivに投稿された作品 pixivで「ギラドラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32792

コメント