ピクシブ百科事典

ラゴン

らごん

ラゴンとはウルトラシリーズに登場する怪獣。初出はウルトラQ20話「海底原人ラゴン」。
目次[非表示]

ウルトラQ

別名:海底原人
身長:2m
体重:100kg

スーツアクター古谷敏

第20話『海底原人ラゴン』に登場。
2億年前に地球に存在した爬虫類が進化を遂げた海底原人。
性格は基本的におとなしいがすさまじい怪力を誇る。音楽を好む性質がある。
卵生でカエルに似たゼリー状の卵を産む。

岩根島の漁師が仕掛けた網に偶然卵が引っ掛かってしまい、それを取り戻すため島に上陸し島民を怪力で殺害したり民家を壊したりした。孵化した子供を返されておとなしくなり島から引き上げて行った。

この個体はで、乳房が確認できる。

ウルトラマン

第4話『大爆発五秒前』に登場。
詳細は巨大ラゴンを参照。

ウルトラゾーン

ドラマパート第7話、第8話、第12話、第14話、第15話、第16話、第17話、第18話、第19話、第19話、第21話、第22話、第22話、第23話および第5話、17話のアイキャッチに登場。

スーツは新造で、雄、雌、子供の3つがある。
「シャー」と鳴き声を出すことが多いが、普通に喋ることもある。声優は不明。

ウルトラマンギンガ

ラゴン(SD)


身長:14センチ~30メートル
体重:150グラム~2万トン

第4話『アイドルはラゴン』に登場。
ひょんなことからグラビア撮影モデルとなった美鈴に嫉妬した千草ダークライブしたもの。
怪力での格闘戦のほか、口から光線を吐く(なぜかSEがゴジラ放射火炎と同じになっている)。
今作では等身大で現れる、音楽を聴くとおとなしくなるなど「ウルトラQ」の設定も引き継がれている。

撮影中の美鈴に襲いかかり、止めようとするヒカル健太を振り払い執拗に追跡する。
最終的に巨大化し、ヒカルがウルトライブしたキングパンドンと戦って圧倒するが、正体に気付いたヒカル達に説得された後、ウルトラマンギンガのギンガコンフォートによって元の姿に戻った。

なお、健太がラゴンの動きを止めようとするシーンで、スーツアクターの顔が一瞬映ってしまうミスが起こっている(DVD化の際に修正されている)。

ウルトラマンオーブ

うみんちゅ



第8話「都会の半魚人」に登場。

親子共々とある魚屋の店主の源さんこと戸松源三郎に匿われており、食料となる魚を分けてもらっていた。
子供の方は源さんから色々な玩具をプレゼントされ、彼に懐いている。

ある時近海の魚が捕れなくなり、魚を食べることができなくなったことで子どもが衰弱してしまい、母親が魚を捕りに行こうと無断で外出してしまったことで市民に存在が発覚、ビートル隊に通報されてしまう。

その後は源さんの手引きで廃屋に隠れていたが、近海の魚を食い尽くしたグビラが上陸した際に、グビラに餌として狙われてしまい、一度は子供が丸呑みにされてしまうものの、かけつけたオーブにより無事救出される。

最後は親子ともどもガイSSPの面々、世話になった源さんに見守られながら海へと帰っていった。

その後、第24話「逆襲の超大魔王獣」ではマガタノオロチの気配を察知したのか、かつて自らを捕食しようとしていたグビラの背に乗り、日本近海を離れていく姿が目撃されている(この時、親子そろってこちらに向かって手を振るという微笑ましい行動を見せている)。

今回は巨大化せず、終始等身大のままであった。音楽を好むという設定も踏襲している。
また、温厚で友好的な性格、人間と意思の疎通を計ることができる高い知性、魚を好んで食べる点など、『ウルトラマンSTORY0』に登場した水棲人間を思わせる設定が見受けられる。

ウルトラ忍法帖

第2話に登場した。別名「板前忍獣」
グビラと一緒に海の魚介類を悉く捕まえ、漁師や将軍を困らせていた。肩書通り料理が得意。
しかしグビラが魚と間違えて津波に遭って溺れたマンとセブンを砦に連れてきてしまった事でウル忍と戦う羽目になる。串を使った技「千本乱れ打ち」を喰らわせるが、「身代わりの術」で首領に当たってしまう。それが原因で首領の怒りを買い、謝罪するも許されず破壊光線で上半身を吹き飛ばされて死亡した(直後に首領は「しまった、怒りの余り部下を殺してしまった」と後悔していた)。


関連タグ

ウルトラQ ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31131

コメント