ピクシブ百科事典

栗本薫

くりもとかおる

栗本薫は、日本の小説家、評論家。
目次[非表示]

1953年2月13日生まれ。東京都葛飾区出身。
2009年5月26日没。享年56歳。

概要

1976年、筒井康隆を論じた評論『パロディの起源と進化』で商業デビュー。
1978年には、『ぼくらの時代』で第24回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてデビューした。
小説家としては「栗本薫」、評論家としては「中島梓」の名義を使い分けており、一人二役の擬似対談が企画されたこともある。

生涯で執筆した本は約400冊。1年間に新刊20冊という事もあった。
100巻以上にもおよぶファンタジー小説グイン・サーガ』がライフワークであり、個人で書かれた作品では実質上"世界最長の小説"だったが、栗本の逝去により130巻で未完になった。

やおいの草創に深くかかわった作家の1人であり、BL雑誌の始祖「JUNE」誌では長年にわたり「小説道場」(中島梓名義)という読者投稿小説コーナーを担当していた。この道場から巣立ったプロ作家も多い。また自身も同誌に連載をもっていた(ちなみに挿絵は吉田秋生などが担当していた)。なお、栗本の小説における同性愛傾向は、森茉莉(森鴎外の娘)の影響と言われる。
自作の二次創作同人誌も発行しており、リアル"公式が最大手"であった。
スーパー戦隊シリーズの熱心なファンでもあった事が、評論「わが心のフラッシュマン」で語られている。

いわゆる「あとがき作家」の先駆者の一人でもある。

1970年代以前に生まれた人にとっては、小説家というより「『象印クイズ ヒントでピント』の女性解答者チームのリーダー」(中島梓名義)としての方が認知度が高いかもしれない。

作品

小説

グイン・サーガ
魔界水滸伝
伊集院大介シリーズ
ぼくらシリーズ(探偵・栗本薫)
夢幻戦記
六道ヶ辻
終わりのないラブソング
レクイエム・イン・ブルー
バサラ
緑の戦士
お役者捕物帖
トワイライト・サーガ
今西良・森田透ブランチ
矢代俊一シリーズ

評論

文学の輪郭
道化師と神
ベストセラーの構造
小説道場
コミュニケーション不全症候群

関連タグ

小説家 評論家
豹頭王の未完
御大

外部リンク

栗本薫 - Wikipedia
栗本薫とは (クリモトカオルとは) - ニコニコ大百科
栗本薫とは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「栗本薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9737

コメント