ピクシブ百科事典

宇宙獣神ゴード

うちゅうじゅうしんごーど

ウルトラセブンの未制作シナリオ「宇宙人15+怪獣35」に登場する怪獣の名称。※中心にいる怪獣がゴード。
目次[非表示]

概要

バルタン星人率いる宇宙人大連合軍が蘇生した大怪獣軍団の内、生き残ったレッドキングペギラジェロニモンネロンガエレキングの五強大怪獣の猛攻の前に力尽き、倒れ伏したセブンの前に突如として宇宙から現れた謎の大怪獣。

ライオンの様なが特徴的な光り輝く金色の翼と銀色の体をした神秘的かつ神々しい姿をしており、恐らく宇宙の秩序と平和を守る超越した存在=の一柱ではないかと推測されるが詳細は不明である。

神様だけにその戦闘能力はすさまじく、(たぶん)セブンを回復させた後、五強大怪獣を一瞬にして倒し使命を果たした後、セブンに見送られながら宇宙へと帰還していった。

補足

「宇宙人15+怪獣35」が未使用に終わったため、新怪獣ゴードに関してもデザイン等の作業が行われることはなかった。
しかし約40年の時を経て、実相寺昭雄監督の一周忌特別企画が組まれたフィギュア王 118号(2007年11月)において、『ウルトラセブン』TVシリーズ後半の怪獣デザインを手がけた池谷仙克氏の手によりゴードのデザイン画が描き下ろされている(池谷氏曰く「実相寺監督への最後のご奉公ですかね」とのこと)。
さらにこのデザイン画をもとに、着ぐるみをイメージしたリアルなフィギュアと「もし放映当時に商品化されていたら」というコンセプトのレトロなソフビ人形が製作され、これらの誌上通販も行われた。

また「宇宙人15+怪獣35」も、かつて児童誌「ぼくら」で『ウルトラマン』『ウルトラセブン』をコミカライズしていた一峰大二氏の手により同号で漫画化されている。
内容は大幅にアレンジされているが、怪獣軍団を撃退するも満身創痍となったセブンをゴードとセブン上司が迎えにくるという、『ウルトラセブン』のもう一つの最終回ともいえる内容に仕上げられている。

関連イラスト

ウルトラセブン「宇宙人15+怪獣35」



関連タグ

ウルトラセブン 実相寺昭雄 池谷仙克

デラシオン(ある意味似たような存在)

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙獣神ゴード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354

コメント