ピクシブ百科事典

ウルトラマンセブン

そんなやついねぇよ

ウルトラマンセブンとは、よくある間違いである。
目次[非表示]

健太「俺のは、ウルトラマンセブンか!」
友也「…ウルトラセブンです!」

(『ウルトラマンギンガ劇場スペシャル第2弾>劇場スペシャル』より)**

概要

「ウルトラマンセブン」などというキャラは存在しないし、そんな番組も放送されていない。正しくはウルトラセブンである。

では、なぜ後に出てくるウルトラ戦士は一部の例外を除きみな本名は「ウルトラマンなんとか」なのに、セブンだけ「マン」が付かないのだろうか?

実は放映当時、『ウルトラセブン』はウルトラマン』の世界観を受け継ぐ続編として作られたわけではなかったのだ。
そもそもウルトラマンは今日でいうウルトラシリーズ第1作『ウルトラQ』の派生作品で、ウルトラセブンもウルトラQの派生作品なのである。
裏付けというべきか否か、ウルトラマンとセブンの方向性は少し違う。ウルトラマンに登場した宇宙人はバルタン星人ダダザラブ星人メフィラス星人ゼットン星人の5種族だけ(ケムール人もちょろっと出た)であり、他は全部怪獣だった。そして怪獣たちはテレスドンジャミラジェロニモンといった一部の例外を除く自然界に存在していたもの達が、ガオガオと暴れ回っていたのだ。
だが『ウルトラセブン』は、全ての怪獣が宇宙人の手先として操られるか、もしくは宇宙人並の知能を兼ね備えており、中には怪獣や宇宙人の着ぐるみすら登場しない回もあった(故郷を破壊された復讐に来たギエロン星獣及び細菌であるダリーを除く)。『セブン』は『ウルトラマン』の設定を引きずることなく、別の作品として放送されたのである。
しかし、『帰ってきたウルトラマン』でウルトラマンジャックが登場すると世界観は一変、セブンは(薄々設定されてはいたことだが)ウルトラマン一族出身ということが克明に描写されたのだ。かくしてウルトラセブンは「ウルトラマン」と明確に世界観がリンクし、ウルトラセブンと言う名前だけが浮く形で残ってしまったのだ。
更にその次回作『ウルトラマンAは』本来『ウルトラA』というタイトルだったが、この名前は既に他社で商標登録されていた為、間に「マン」を足した『ウルトラマンA』へ変更となった。
以降、出てくるウルトラマンたちは『ウルトラマンタロウ』『ウルトラマンレオ』といった感じで全て「ウルトラマンなんとか」と言う名前になるようになっていったのである。しかしこの『ウルトラセブン』という浮いた存在が、後々のウルトラシリーズの世界観を広げる一人者であることは確かである。

要するに

ウルトラセブンの表記ゆれです。

備考

(以下の記述は、安藤健二(2008)『封印作品の憂鬱』洋泉社による)

円谷プロの3代目社長(円谷皐氏)がサインし、チャイヨー・プロダクションのソンポート氏(円谷英二弟子の一人で、ウルトラマンを仏顔にした張本人)と1976年に交わしたとされるウルトラシリーズの海外での独占利用権の譲渡に関する契約書(英文)では、「ウルトラマンセブン(ULTRAMAN SEVEN)」と表記されている。
社長自身が間違えたのか、それとも…。

そして、この「ウルトラマンセブン」の表記が、円谷プロがチャイヨープロにタイの裁判闘争で勝利する一因となったのである(他にも、『ウルトラQ』を『ウルトラマン1』と表記する、英文タイトルのスペルミス、作品の本数が実際と異なるなど、複数の不可解な点が存在する)。

2008年2月、タイ最高裁は上記の契約書を偽造と判断し、チャイヨープロに対しウルトラマン関連のビジネスの停止と損害賠償金の支払いを命じる判決を出した。その判断の最重要根拠としたのは、皐氏のサインが筆跡鑑定で偽物と判定されたことである。それに加えて、「作品名や本数の誤り」が根拠として挙げられていた。問題の契約書は皐氏が作成した(タイプライターで打った)という体裁になっている。真に皐氏が作成したのであれば、そのような誤りは起こり得ないとされたのである。

日本の裁判(東京高裁)では、契約書は真正に成立したものと判断され、作品名や本数の誤りは「全くの誤りではない」として問題視されなかった。真正だとすれば、なぜ皐氏はこれほど杜撰な契約書を作り、ソンポート氏がそれで良しとしたのかが謎である。偽造だとすれば、ソンポート氏は大それた詐欺行為を目論んだにも関わらず、それに用いる書類の作成は非常に杜撰だったことになる。

勿論、情報の流通や、文書の作成にかかる状況は、現在と1976年当時では大きく異なる。ソンポート氏がタイで参照した資料が誤っていたのかも知れない(ソンポート氏が契約書の文面を考えて皐氏に示したにせよ、偽造したにせよ)。また、タイプライターでは一度打った文字を消すことはできないため、文書の修正には多大な手間を要する(誤字脱字のない綺麗な文書を作ろうと思えば、最初から全て打ち直すしかない)。誤りには気付いていたが修正の手間を惜しんだのか、そもそも正誤の確認をする暇がないほどに慌てて作成したのか・・・。いずれにしても杜撰である。

当時を知る関係者からは、「皐氏が後で『そんな契約書は偽物だ』と言い張れるよう、意図的に誤記したのかも知れない」という意見が出ている(契約は、皐氏がチャイヨープロに設けた借金返済の代替策として結ばれたとされ、皐氏以外の円谷プロ関係者は全く関知していなかった)。それが真相であれば、皐氏の意図は30年以上も後に外国の裁判所により叶えられたことになる。単なる誤記だとしても(真正にせよ偽造にせよ)、『ウルトラセブン』が誤記を誘発しやすい名称であったことが、円谷プロを救う一因になったことになる。

ウルトラセブンと、幻のヒーロー・ウルトラマンセブン。前者は架空のヒーローとして存在するが、後者は架空のヒーローとしても存在しないという、二重の意味で非実在のヒーローである。しかし、その非実在のヒーローが、円谷プロを救う一因になったという事実は、記憶されてもよいのではないだろうか。

関連項目

思い出は億千万:正しくは「ウールトラマン、ウルトラマン、(ウルトラ)セブン」と分けて歌っている。

ウルトラマンフュージョンファイト!:こちらは逆にTwitterなどのSNSで「ウルトラフュージョンファイト!」と誤記する人が多い

関連記事

親記事

ウルトラセブン うるとらせぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンセブン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26219

コメント