ピクシブ百科事典

チャイヨー・プロダクション

ちゃいよーぷろだくしょん

1963年、タイ王国に創立された映像制作会社。ちなみに「チャイヨー」(ไชโย)とはタイ語で「万歳」または「乾杯」の意。
目次[非表示]

チャイヨー・プロダクションの野望


1960年代
ソムポート・セーンドゥアンチャーイ

62年、映画産業勉強のため日本へ留学生としておとずれた
彼は東宝で研修を受けてそこへ円谷英二に師事

翌年63年、タイ王国に帰国し「チャイヨーフィルム」創立

1970年代

後にウルトラ6兄弟VS怪獣軍団
原題:「ハヌマーンと7人のウルトラマン」(タイ:1974年)を発表!
(日本では1979年公開)

当時怪獣ブームはが下火になるにつれ円谷プロ倒産の危機が
ソムポーテ氏による企画によって盛り返したとか。

ウルトラマンを使用する独占権、いわゆる『1976年契約書』を貰い
東南アジアでウルトラマンを使用したビジネスを開始
現に『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』ポスターなど数多く確認されている。
尚、著作権や利権を巡って泥沼の争いとなり、円谷プロを今日に至るまで苦しめる事になる。

翌年、1975年にハヌマーンと5人の仮面ライダーを発表

元々東映まんがまつりで放映された「5人仮面ライダー対キングダーク」
上映権を買い付けたチャイヨープロ、もらったフィルムを
そのままタイの映画館に上映すればいいところを

勝手にハヌマーンと仮面ライダーが共演する撮影ファイルを接ぎ足して改造したため、
時々タイと日本の風景が入り混じるチグハグな映像、
更にはタイの現地スタッフがライダーマンの衣装を正しく着こさないといったトラブルが。
本作の監督は日本人・東条昭平によるものとされている。

当然、無許可な上にフィルムを勝手に改ざんして仮面ライダーの映画を作られた事に激怒した東映から著作権侵害で提訴されて呆気なく敗訴し、賠償金を支払う事件となった。

ほかには『ターティエン』(73年)、『ジャンボーグA&ジャイアント』などを発表


1980年代

『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』に『ウルトラマンレオ』や『ウルトラマンZOFFY』などからの映像を円谷プロに無許可で付け足し編集したリメイク映画『ハヌマーンと11人のウルトラマン』(タイ:1984年)を発表したが、その後この作品は違法であると判決されたため映像ソフト化はされていない。


2000年代
円谷プロをさしおいて中国との合作『ウルトラマンミレニアム』
を創造したことで著作権侵害訴訟に

結果チャイヨー側の敗訴!タイ王国最高裁判所は円谷プロへ損害賠償金の支払いを命じる。

判決では円谷プロが「ウルトラシリーズ」唯一の著作者であること
  またソムポーテ氏の契約書が偽造とする円谷側の主張が認められた!

しかし、この後大金を投じてタイ王国にウルトラマンランドなる施設の設立!
さらに中国にはウルトラマングッズ専門店を!?
  
現在チャイヨー・プロダクションは裁判に関する費用や施設建設費
2011年タイ王国の洪水騒動で被害をうけて倒産とした聞く・・・

 参考資料:「封印映像大全」アスペクトムック
      :「まんが・ホントに知らない映画&漫画アニメ&特撮 秘密大全DX」コアマガジン
      :「映画HIHO」特集記事など

幻の企画『プロジェクト・ウルトラマン』とは?

仏様を大事にしない奴は死ぬべきなんだ!


上図左よりウルトラマンミレニアム・ウルトラマンダーク・ウルトラマンエリート、おまけのハヌマーン

あらすじ  
『13体の怪獣が地球を襲いこみ、3人のウルトラマンが迎え撃つ』(あの作品のパクリ?)
映像
Youtubeといった動画サイトでも確認できる。3分から5分ぐらいの宣伝映像だったが結構クリオリティ、精密度が高かった。

ダーク!エリート!ミレニアム!



関連タグ

関係するタグがありましたら、紹介してください。
ハヌマーンウルトラマン特撮タイ
ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団ハヌマーンと5人の仮面ライダー
ウルトラマンギンガ(似ている…?)
シーズン痛(ここをモチーフとしたと思われる「チガウヨープロダクション」が登場した)

別名・表記ゆれ

チャイヨー

pixivに投稿された作品 pixivで「チャイヨー・プロダクション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3243

コメント