ピクシブ百科事典

ハヌマーンと5人の仮面ライダー

はぬまーんとごにんのかめんらいだー

タイの映像制作会社チャイヨー・プロダクションが1975年頃に製作・公開された映画作品。 日本未公開。
目次[非表示]

概要

インドの神話に登場する白い猿神ハヌマーンがウルトラ兄弟と共演したウルトラ6兄弟VS怪獣軍団の続編。チャイヨー・プロダクション制作。

但し前作が円谷プロとの共同制作だったのに対し、仮面ライダーの劇場版作品『五人ライダー対キングダーク』の配給権を東映から得たものの、それを無許可で編集や新規撮影を行ったため、日本では未公開並び非公式扱いとなっている。


登場キャラクター・人物

ハヌマーン

ご存知、魔性の白い猿人。
後半から5人ライダーを救うべく登場。

釵(サイ)状の武器や卍型の奇妙な飛行ポーズは健在。
新たな能力として敵の罠で死亡した(?)5人ライダーを蘇生する光線を放つ。

5人ライダー

仮面ライダー1号

仮面ライダー2号
OPでは改造サイクロン号に乗用。

仮面ライダーV3
劇中では『ブイサン』と呼称。
OPではセンターポジション、他の4人のライダーと合体してキングダークに挑む等
5人中、最も見せ場が多い。

ライダーマン
目が出てたり、口元が覆われたりと着こなしが中途半端。
OPでは後続の車に当てられそうなるなど、どうしてこうなった

仮面ライダーX
OP主題歌(タイ語)を使われているにもかかわらず、
そのメインをV3に奪われる等、何かと不憫な印象(実はこの当時、まだタイではXライダーが
放映されていなかったらしく、そういった事情も関係しているとか)。

キングダーク
タイの新撮では等身大。
但し流用フィルムでは巨大だった元のオリジナルも所々登場している。
場面によっては等身大⇔巨大化、伸縮自在が可能という設定が付け加えられた。
美女の生き血が大好物で無いと駄々をこねたり、ご機嫌斜めになる。
それ故に威圧感を放っていたオリジナルと対照的に落ち着きも威厳もない。
巨大化時はトゲ付き鉄球を振り回す。

戦闘員
ライダーシリーズと異なり、一般の目出し帽のマスクを着用。
ベタな銀行強盗と見違えるほどの外見。
キングダーク同様、コントまがいの動作が印象的。

怪人たち
ヴィルッド博士が開発した怪人製造機から生まれた4体の怪人。
上半身裸に赤いパンツ、それぞれ、牛、豚、鶏、蛙 といった頭部(被り物)になっている。
一見チープだが、かなりしぶとい。

その他
ドクトルGデストロンの怪人。
コウモリフランケン神話怪人等のGOD機関の怪人。
いずれも流用シーンのみ登場。

登場人物

ヴィルッド博士
前作に続いて登場。
恋人に化けた仏像泥棒に拉致され怪人製造機の製作を強要されるが、5人ライダーに助けられる。

仏像泥棒A
前作、ハヌマーンから制裁を受けた仏像泥棒3人組の一人。
地獄から脱走し、新たに変身能力やテレポートといった超能力を身に付けている。
キングダークと共謀して博士や女性達を拉致する等の悪事を働くも
最期はハヌマーンによって再び地獄へ送られた。
そして、地獄で待っていたものは・・・

仏像泥棒B・C
ハヌマーンの手で血祭りにされた仏像泥棒の仲間。同じく前作から登場。

閻魔大王
ラストで仏像泥棒3人組に処刑を下す。

立花藤兵衛チコマコ
流用シーンのみ登場。


関連動画



実はタイでは仮面ライダーが大人気を博しており、ライダー1号・本郷猛を演じる藤岡弘、は、タイでもっとも有名な日本人として親しまれている。


関連タグ

ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 前作。
仮面ライダーシリーズ 東映
チャイヨー・プロダクション

コメント