ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』に登場する猿神。名は「骸骨を持つ者(Hanumat,ハヌマット)」に由来し、基本的に主格形のハヌマーン(Hanuman)と呼称される。
『ラーマーヤナ』の冒頭で、羅刹の王ラーヴァナを打倒するためヴィシュヌがアヴァターラ(化身)の一つ・ラーマとして地上に向かう際、他の神々が彼を助けるために多くの被造物を作った。その一つとして風神ヴァーユヴァナラ(猿族)であるケーシャリーの前妻アンジャナーとの間に生み出した存在がハヌマーンである。
猿王スグリーヴァの重臣にして、誰よりも熱心で敬虔なラーマの信奉者。プラーナ文献によると、シヴァの化身でもある。

ラーマの協力者としてハヌマーンが本格的に活躍するのは「キシュキンダー編」の終盤からとなる。ラーマの力で復権を果たしたスグリーヴァが軍勢を整えランカー島へ進軍することになり、空を飛べるハヌマーンは本隊に先立って海を越えてランカー島に乗り込む。
ハヌマーンは囚われたシーターを発見すると彼女にラーマの指輪を渡して励ましの言葉を送り、ラーヴァナの王宮で羅刹たちを蹴散らす。ラーヴァナの息子の一人にして最強の戦士インドラジットが神々を宿す致命の武器を放ったが、ハヌマーンは武器に宿る神に対して礼拝したため、傷つけられることはなかった。
そのまま捕らえられて火刑に処されたが、火神アグニの加護を受けていたハヌマーンは火に焼かれることがなく、逆に島中に火をつけて回り、見事に自軍へ帰還する。

ランカー島において羅刹軍との戦争が始まると、ハヌマーンは猿軍を指揮して勇猛果敢に戦い、数多の敵将や兵卒を討ち取るが、その中でハヌマーン最大の戦功として挙げられるのが、インドラジットに瀕死の重傷を負わされたラーマとラクシュマナを助けるためにカイラーサ山から薬草を運んだことである。
ハヌマーンは羅刹のカーラネーミによる襲撃などの妨害を受けながらもカイラーサ山に到達すると、どれが必要な薬草か分からなかったので山頂を持ち上げて戦場に舞い戻り、ラーマたちを薬草で癒した。そして再び山に赴き、山頂を元の場所に戻した。
ちなみに道中でラーマの故郷アヨーディヤの近くを通りがかった際、山を持ち上げて飛行するハヌマーンを見て怪しんだラーマの弟・バラタに弓矢で射落とされるという事件もあった。互いの素性を知ると、ハヌマーンはラーマの近況をバラタに伝え、彼を安心させた。

戦争が終わるとラーマはハヌマーンに恵みを贈ると言い、それに対して彼は「ラーマの偉業が語り継がれる限り長く生きること」を願った(ラーマの記憶は失われないため、不死になったことになる)。
以上の『ラーマーヤナ』のハヌマーンの活躍は己を完全に滅して主に尽くすこと、両者を結び付ける絆は安全のない忠誠と解釈されている。

ハヌマーンはスグリーヴァの忠臣として弁舌に長け、上述した飛行能力や山を動かす怪力の他にも、カイラーサの薬草の効力を延ばすために月を飲み込んで時間の経過を押しとどめるなど多くの超能力を備えている。
さらに戦においては山のように大きく塔のように高い背丈、金属のように輝く皮膚、ルビーのように真っ赤な顔、長大な尾を持つ姿で戦ったとされ、その咆哮は雷鳴のように敵を粉砕した。
他にも「伸縮自在の法」を用いて相手を撹乱し、小さくなって敵の体内に潜り込んだ後巨大化して相手の五体を引き裂いたり、猫ほどの大きさになって羅刹軍の内情を探ったりしている。

時代設定的には後代にあたる『マハーバーラタ』にも登場。同じくヴァーユの息子であるビーマを教え諭す。彼もハヌマーンに似てガダ(棍棒)の扱いに優れていたという。

インドでおなじみシヴァ、カーリーらと並んで有名な神様であり、力と生命の象徴として当地ではハヌマーン・ガルヒ(寺院)が建立され、生誕祭ハヌマーン・ジャヤンティが毎年カイトラ月(4月前後)に開催されるという。
後に西遊記の主人公・孫悟空のモデルにもなったと言われる。
白く美しい毛皮を持つとも言われ、とある白いサルに彼の名をもじってハヌマンラングールという名がつけられた。

ヒンドゥー教では鬼女ダーキニーを抑える神としても扱われている。

ジャイナ教でも信仰されている。上座部仏教圏ではタイ王国版の『ラーマキエン』などを通じて親しまれ、民間信仰において登場する。
大乗仏教においてはチベット仏教で僅かに言及されるが、漢訳仏典を経典とする中国朝鮮日本ベトナムの仏教においては、親である風神ヴァーユは風天として取り入れられているが、彼は対応する天部の神が存在していない。
余談だが、日本仏教では神仏習合による尊格である山王権現において、猿を神使として祭っている。

ちなみに、ハヌマーンが不死になった理由については別伝も存在する。ある時空腹だったハヌマーンは天に昇った太陽を巨大な果実と勘違いして追いかけまわし、そのためにインドラの怒りを買ってヴァジュラの一撃を喰らい、地上に叩き落とされた。この一件をハヌマーンの父であるヴァーユがインドラに抗議したことで、インドラは自分が斃した猿が盟友の実子であったことを知り、詫びとして祝福を与え、ハヌマーンに不死を約束した、というものである。この逸話は『おひさまをほしがったハヌマン』という絵本にもなり、一般に知られている。




えっ?

こんないい奴だなんて知っているハヌマーンのイメージと違う?

ハヌマーンは悪魔にしか見えないぐらい酷い奴だって?




タイの白猿


……では、ここからはそんなひねくれた君たちが知っているハヌマーンについて紹介しよう。

登場作品

映像

ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団(原題『ハヌマーンと7人のウルトラマン』)

  • チャイヨー・プロダクション(タイ)と円谷プロダクション(日本)の合作映画。おそらく、日本における「虐殺を好む血に飢えた神」というハヌマーンの歪んだイメージはほとんどこの映画が原因である。
    • 有名な「仏様を大切にしない奴は死ぬべきなんだ!」の元ネタもこれ。
    作中設定ではヴァーユとアンジャナーの息子ではなく、風神ラマヤーナが吹かせた風を女神サワハが吸い込んだ末に生み出した子供。
    • サワハもラマヤーナも架空の神格である。というか、ラマヤーナに至ってはハヌマーンの登場する物語の名前(ラーマ王行伏記じゃないか!うーむ……言葉通りならラーマが親ということになってしまう。
    • 作中で語られる『ラーマーヤナ』の設定も原典と異なり、交渉する相手が月ではなく、太陽神であるスーリヤだったり、彼が助ける相手も主人のラーマではなく、弟のラックサナ(ラクシュマナ)だったりする。
    劇中では取り柄の短いトライデント(に近い)を使用しているが、本来の武器は棍棒である。一応、劇中でも棍棒に変形しているが、と取れなくもない見た目。
ハヌマーンと5人の仮面ライダー
獣拳戦隊ゲキレンジャー

ゲーム

真・女神転生

  • 幻魔属に属する悪魔として登場。
ロックマンゼロ
  • 1』のボスキャラの一人・ハヌマシーンは、ハヌマーン(孫悟空)をモデルにしている。
デジタルモンスター
ダブルクロス
  • プレイヤーが取得可能な能力系統の一つとしてハヌマーンの名が使われている。振動と速度を操る能力。

漫画

氷室の天地

  • 英雄史大戦のカードの中に混ざっていた。Fate世界ではハヌマーンは半神カウントである模様。
機動警察パトレイバー
  • 高層建築用のレイバー。小説版にも登場する。
テコンダー朴
  • 主人公に味方するタイ人・ソムチャイの使うムエタイ技の一つが「指輪を捧げる猿王(ハヌマーン・タワイ・ウェン)」という名前。

小説

『風の白猿神』

  • 主人公の操るメカ「神格匡体」の名がハヌマーン。

別名・表記ゆれ

ハヌマン

関連タグ

インド神話 ラーマーヤナ  猿神
レッドマン:日本では同一視されている。しかし、外国人に対してレッドマンを引き合いに出してハヌマーンの話をするのは相手の国によっては非常に失礼な事なので決してやらない事

関連記事

親記事

ヴァナラ ゔぁなら

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハヌマーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166176

コメント