ピクシブ百科事典

テコンダー朴

てこんだーぱく

「テコンダー朴」とはネトウヨが読んだら間違いなく火病る反日漫画である(棒) (画像は悪役のチョッパリ)
目次[非表示]

作品情報

原作・白正男、作画・山戸大輔
2007年に創刊された晋遊舎の雑誌「スレッド」に掲載されていた漫画だが、雑誌自体が短命でたった3話しか連載されなかった。
しかし、8年後の2015年に青林堂より書き下ろしの7話分を収録した単行本を刊行、同年12月に青林堂の雑誌「ジャパニズム」にて連載が再開された。
2018年12月、ジャパニズムでの打ち切りを発表し、そのわずか30分後にコアマガジンの雑誌「実話BUNKAタブー」での連載継続を発表した。

概要

スレッド掲載時とジャパニズム掲載時では内容が異なっているが、大まかに言えば韓国出身の主人公、朴 星日(パク スンイル)がテコンドーを用いて韓国と対立する敵と対決していくというもの。
単行本第一巻では日本で行われるトーナメントを舞台に各国を代表する武術の達人達(韓国を尊敬するタイ代表のソムチャイを除き、民族主義的な政治思想を持っている)と戦ったが、第二巻以降は「チョッパリをどつき隊」(リーダー:廬満錫(ノ マンソク))という既視感のある団体とともに、「在糾会」をはじめとしたこれまた聞き覚えのある日本国内のレイシスト達と戦う内容になっている。

主人公含む韓国人がありとあらゆる物事に対して無茶な韓国起源説を主張する、「その手は人を殴るためでなく人と手を繋ぐため その口は人を差別するためでなく人と愛を語るため」といい事を言ったかと思えば次のコマで「そして最強格闘技テコンドーで劣等民族チョッパリ(日本人野郎)を殲滅だ」と宣うといった印象的な台詞回しがネットで話題となった。

言うまでもないが、韓国マンセーに見せかけ、実際には日本人の視点から韓国人のナショナリズムを痛烈に皮肉った作品であり、格闘要素は申し訳程度にしか含まれない風刺漫画である。
また、2巻以降は韓国人のほか、日本国内の各政治的人物・団体に対するステレオタイプや偏見を極端に描写してやはり皮肉っている。


関連タグ

レイシストをしばき隊 
Splatoon2・・・原作者がガチ勢で有名。twitterの告知アカウントのツイートがSplatoonプレイの実況でほぼ埋まっており設定が行方不明と言われている。

関連記事

親記事

ジャパニズム じゃぱにずむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テコンダー朴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159251

コメント