ピクシブ百科事典

ネット右翼

ねっとうよく

一定の特徴を持った右翼的発言をインターネット上で行うユーザー、および彼らに直接あるいは間接的に影響を受けた人々の総称として作られた造語。
目次[非表示]

概要

この単語自体は2ちゃんねる成立直後には普通に使用されており、それ以前から既に使用されている形跡が存在し、ウヨ嫌韓といった言葉も使用されていると推測される。

この言葉の略称として「ネトウヨ」「ネットウヨ」「熱湯浴( 誤変換より )」が挙げられる。特に「ネトウヨ」は語呂が良く変換しやすいため広く定着していった。

基本的には(モラルが低い、マナーの悪い)保守派、右派に対して侮蔑的に用いられるものであり、自称するものではないのだが、高須克弥( 外部リンク )瀬戸弘幸( 外部リンク )など「ネット右翼」を自称する者もいる。

特徴

元々はインターネット上の右派言説を指していたと推察されるが、ネットスラングであるがゆえに明確に定義されておらず、実際のところはネットと無関係な文脈においても用いられる蔑称である。在特会等は「俺たちは顔出しでデモ活動しているからネット右翼ではなく行動する保守だ」と名乗っている。

ネット上の右派言説の特徴として、日本の旧来右派が一般に持つマッチョイズム(貧困層や弱者への冷淡さ)、自己責任論、タカ派歴史修正主義への傾倒の他、「朝鮮韓国に対する差別感情」があげられ、いわゆる「嫌韓厨」とほぼ同義として用いられることもしばしばである。

歴史

 ネット上の嫌韓言説( これはほぼ「ネット右翼」と同じ意味として扱われる )は2002年日韓ワールドカップの開催を機に台頭したが、2005年ごろまでは彼らの活動はネット上にとどまっており、マスコミはあまり取り上げることはなかった。

しかし2006年に「在日特権を許さない市民の会」が結成され、同会をはじめ「街に出たネット右翼」と称される草の根市民団体脅迫ヘイトスピーチなどの事件が報道されるようになると、この言葉が普通にネットの外でも使われるようになっていった。

ネット右翼の大衆化・高齢化

2010年代の実態としては「特定アジア」などネット周辺から生まれた用語が産経新聞など既存のメディアで使われるようになっており、嫌韓・嫌中を扇動する書籍が広く読まれるなど、ネット右翼的な言説が(ネットをあまり使わない)中高年の保守層にも浸透しつつある。ニダーなど2ちゃんねるから発生・一般化したネット文化も少なくなく、彼らがネット文化、さらには右派言論に与えた影響はいい悪いは別にして無視できない物も多い。

ビジネス右翼

2018年の差別動画通報騒動の一環で、ネット右翼の台頭の背後には、アフィリエイト収入目当てに過激な差別扇動を繰り広げる「ビジネス右翼」(通称「ビジウヨ」)の暗躍があったことが知られてきている。参考→右派系まとめサイトの管理人に「目的」を直撃してみた(外部リンク)

問題点

ネット右翼と認定される、あるいは自称するものの中には「事実を捏造改竄歪曲しデマを流布」「ヘイトクライムなどの犯罪行為を扇動」「根拠なく他者を敵味方に分類し、敵対すると見なした人物や団体を誹謗中傷」「2ちゃんねるなどの電子掲示板や、ピクシブ百科事典などのwikiといった、ネット上のコミュニティ荒らし」などの問題行動を繰り返す場合がある。

 また、上記の行動をたしなめられると相手を「反日」「テロリスト」等のレッテル貼りを行ったり、「根拠の無い敵対陣営認定」( 例えば「工作員認定」「在日認定」 )を行うなど、いわゆる的な行動が非常に目立っている。

 なお、一部では「上記の行動を行う悪質なネトウヨとされる人物の中には敵対勢力の工作員や団体が成りすましニセ右翼が混じっている」と主張する場合もあるが、これもまた「根拠の無い敵対陣営認定」に類する話である。

問題点の広域化

実際のところこのような悪質ユーザーの存在はこの者達のみが抱える問題ではなく、ネット上、あるいは多くの人が集まるコミュニティにしばしば存在する状況であり、わかりやすい例としては、ゲハカップリング論争など、多くのジャンルにおいて問題化している信者アンチの騒動に巻き込まれるファンという構造と、本質的にはほぼ同じであり、もはや思想以前の問題として、ただ厨は厨としか言いようが無い。


関連項目

ネットスラング
ネトウヨ
対義語:ネット左翼

pixivに投稿された作品 pixivで「ネット右翼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10876

コメント