ピクシブ百科事典

愛国公党

あいこくこうとう

愛国公党は、日本の政治団体。複数存在するため、本文中にて解説する。
目次[非表示]

愛国公党〈The patriotic political party〉あいこく こうとうとは、

1.明治維新の実力者、板垣退助ら結成した明治期の自由民権政党。明治新政権に弾圧されるが幾度か再建し、いずれの党首(総理)は板垣が勤めた。
2.インディーズアーティストエノクナギが主催する極右の国粋主義と新自由主義に基づく政治団体。
この項目では二つの項目に関して説明を行う。

明治時代の政党

 この政党は複数回、板垣退助により立ち上げられた。

第一次

 この政党は板垣退助江藤新平など、征韓論に端を発する政変において下野した人たちにより、1874年に立ち上げられた。
 基本的人権を保護し民撰議院設立を政府に要求することを第一の目的としていたものの、実際はまだ議会設置以前であったためこの運動は実らず、主要な人物も帰郷したりしたため頓挫した。なお、この団体は名称に「愛国」を初めて用いた団体である。

第二次

 その後、日本最初の近代政党である自由党が成立したものの、1884年に解党、その後紆余曲折を経て板垣退助など一部の人間が1890年に立ち上げた政党。他の政党と合併し立憲自由党となり、解散する。

現在存在する政治団体

 この団体はエノクナギ(林裕之。ゲーム声優、プロダクション代表、秘密結社代表、禰宜。元陰陽道神職)氏が立ち上げた政治結社、あるいはシンクタンクである。
 愛国公党のcopylightには、当サイトの文章の転載、翻訳、拡散は、自由としますが、その際には、執筆者と当サイトの紹介とリンクを、必ず、つけるようにしてください。ただし、画像、音声等の無断転載は、お断りします。
とありますが、条件を満たせていない可能性が高い(執筆者の定義があいまいで、「愛国公党の執筆者」か「転載の執筆者」のどちらかか不明、またその紹介が存在しなかった)ことと、こちらからの引用の可能性が高かったこと、個人および団体の宣伝の可能性が高いため削除しました。
 また、このサイトのmetaタグには愛国公党は古代出雲の復活を目指し学術研究や創作活動や報道などを包括的に行う在野のシンクタンクです.とある。実際はどちらなのだろうか。

特色

 この団体の特色としては「現政府を傀儡とみなす」「外国排斥主義」、「原発廃止」、「法人税と関税以外の税金廃止」、「貨幣経済の革新」などであり、外国排斥主義以外は極右というよりもむしろ左翼的政策であると推測される。また、記述者側に経済法律ほか、各種知識が不足していると思われる節(たとえば「労働者に休日がなくてもOK」と解釈できたり、「義務教育と職業訓練用の学校以外を廃止しているため、法律の専門家が存在できなくなる」)もある。
(この部分の執筆はid=72680、無職。自称音楽家、自称小売商、自称左翼団体創設者が記載しております)

外部リンク

ツイッター

コメント