ピクシブ百科事典

江藤新平

えとうしんぺい

幕末の武士(佐賀藩士)、明治初期の政治家。司法卿(現在の法務大臣に相当)として法治主義的な独立した司法制度を実現しようとしたものの政府内での理解が得られず、下野して士族反乱(佐賀の乱)の首謀者となり敗北、斬首された。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日 天保5年(1834年)2月9日
没年月日 明治7年(1874年)4月13日
出生地 肥前国佐賀郡八戸村


概要

佐賀藩士・江藤新平とは、維新の十傑の1人である。

肥前国佐賀郡八戸村にて長男として生まれた。安政3年には意見書「図海策」を執筆し、藩の洋式砲術や貿易関係の役職を務めている。そして、文久2年には脱藩し京都で志士活動を始めた。本来なら死罪となるはずの脱藩だが鍋島直正の配慮で永蟄居を命じられる。
戊辰戦争では、佐賀藩は、薩摩藩・長州藩・土佐藩を中心とした朝廷軍(官軍)の勝利を疑っていたことから、参戦が遅れてしまい、上野戦争でようやく初参戦するという失態を演じてしまう。このとき江藤は軍監として官軍の東征に加わるが、「維新に出遅れた」という負い目と恥辱が、後に佐賀藩と江藤に悲劇的な結末をもたらすことになる。

司法卿時代、佐賀の乱

司法卿(現在の法務大臣)として裁判所の設置、法律の制定等近代的な司法制度の確立に貢献。井上馨山縣有朋の汚職を糾弾した。明治6年の政変で下野し佐賀で不平士族に担がれ佐賀の乱を起こすが政府軍に攻められ窮地に陥り部下を見捨て西郷隆盛のいる鰻温泉を訪ね援助を求める。しかし西郷は部下を見捨てた江藤の態度に怒りこれを拒否。板垣退助を訪ねに向かった高知で逮捕された。その後公平性を著しく欠いた裁判で士族の身分を剥奪され斬首され梟首される。享年40


西郷どん演:迫田孝也

関連イラスト

【年賀状】江藤新平【2012】


江藤新平
江藤新平くんを描かせて頂きました。



関連タグ

武士 平胤雄 維新の十傑 図海策 ギャグマンガ日和 佐賀藩士 
西郷隆盛 後藤象二郎 板垣退助

pixivに投稿された作品 pixivで「江藤新平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59826

コメント