ピクシブ百科事典

三条実美

さんじょうさねとみ

(天保8年2月8日~明治24年2月18日)  正一位大勲位。公爵。

天保8年2月8日、三条実万の子として京都に生まれた。
兄の公睦が没したため世嗣となり、安政元年に禁色昇殿を許された。
父の実万は内大臣、議奏など朝廷の要職にあったが、幕閣、諸大名等、また橋本左内等の志士とも連絡があり、攘夷公卿として活躍したが、安政5年に井伊直弼が大老となるに及んで、落飾を命ぜられ、翌年には没してしまった。
この時、実美は23歳で、この頃から急速に政治への関心を深めていった。

文久2年9月、勅使として副使姉小路公知と共に土佐藩主山内豊範の護衛により江戸に下り、攘夷の決行を督促する勅書を将軍徳川慶茂に授けた。
この頃が実美の生涯で最も華やかな時代であった。
しかしながら、翌文久3年の将軍上洛を機に、尊王攘夷派の勢力は拡大したかに見え、8月13日には尊攘祈願として大和国行幸が実現すると思われながら、薩摩会津両藩の結合により中止せざるを得なかった。
この結果、尊攘派はたちまちの内に失脚せざるを得なくなり、実美ら七卿は京を追われ、長州兵らと共に長州へ向かった。
このようにして公武合体派が完全に主導権を握ることになった。
これはまた孝明天皇の満足されるところでもあった。
元治元年、失意の中にあった実美は鶯の声を聞いて、「鶯は何の心もなる竹の 世を春なりとうちはいて啼く」と詠んでいる。
更に慶応元年には長州から築洲大宰府へと流離の日々を送ったが、慶応3年の王政復古に伴い、ようやく官位が復旧されて、12月27日に大宰府から京に帰り、この日実美は新政府の議定となった。

明治元年に副総裁となり、外国事務総督を兼任、更に関東監察使となった。
江戸東京と改められ、鎮将府を置くに及び、実美は鎮将を兼ね、駿河以東十三国の政務委任を命ぜられた。
明治2年には右大臣となり、明治4年には太政大臣神祇伯宣教長官に任じた。
以後、朝鮮問題、佐賀の乱台湾出兵、江華島砲撃事変、西南戦争等の処理にあたり、明治18年の責任内閣制度の創定に至るまで右大臣を務めた。
明治22年には、内大臣ながら一時内閣総理大臣を兼任し、明治24年に55歳をもって波乱に富んだ一生を終えた。

人物

三条家は五摂家に次ぐ清華の内でもその首に数えられる名家で、家学として香道音楽がある。
実美もそれらを学び、それぞれの道に長じた。
また和漢の学(国学ならびに漢学)に通じ、特に歌にも優れたものがあった。
上述の長州、筑前に追われた時に詠じた和歌は、自らこれを『西瀕遊草』と名づけ、また明治維新後の遺詠は高崎清風が編纂して『難四之可他延』と題されて今日に残る。
書画にもまた優れていたといわれている。
実美の人柄の良さというものは、結局は征韓論政変で、西郷派と大久保派の間にあって収拾がつけられず、ついに寝込んでノイローゼになってしまう様な結果をもたらしたものといえ、自己主張の少ない、政治家としては今一つ物足りなさを感じさせる人であった。

pixivに投稿された作品 pixivで「三条実美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3146

コメント