ピクシブ百科事典

岩倉具視

いわくらともみ

岩倉具視とは江戸・明治時代に活躍した公家・政治家である(1825-1883)。
目次[非表示]

概要

京都の下級公家堀川家の次男として生まれ、後に岩倉家に養子になる。
1858年に江戸幕府が対アメリカ通商条約の勅許を求めた際、88人の参議を伴いこれを拒絶、外国嫌いの孝明天皇の信任を得る。しかし1860年、天皇の妹を14代将軍徳川家茂に降嫁させる公武合体を推進したことで攘夷派浪士から命を狙われ洛外の岩倉村に5年間も隠棲するハメになった。この時期、坂本龍馬大久保利通ら志士と交流。
この時期には表立って行動してる資料は少ないものの、どう見てもフィクサーじみて裏で暗躍したり、朝廷工作したりといった痕跡がそこかしこに見受けられるため、幕末を扱った創作では敵味方どちらとして扱うにしても「政治闘争の妖怪」「自らの姿は見せないがあちらこちらに謀略の種をまく面倒な存在」といった、一種の奸物として扱われることが多い。孝明天皇の崩御は岩倉具視が毒殺したのではないかと噂された。討幕の密勅を出すも大政奉還でこの密勅は無効となった。孝明天皇の死後、罪をゆるされ朝廷に復帰。王政復古の大号令を出し小御所会議で当初山内容堂に押され気味だったが容堂の失言を機に主導権を握る。戊辰戦争では予め用意した錦の御旗で新政府軍が官軍であることを示し戦いを有利に幕府側の戦意を奪う。1871年から1873年にかけて欧米諸国に視察に出掛けたり征韓論を押さえ込んだりしている。明治6年の政変後、赤坂で高知県士族から襲撃を受けるが一命を取り止める。憲法問題では天皇制を維持するプロイセン型の憲法制定を主張。伊藤博文が憲法調査に欧米に渡った後、憲法完成を見ずに亡くなる。

余談

実は、日本で初めて告知を受けた人である。
また、昭和時代の人々には「五百円札の人」としても馴染み深い(1951年から1985年まで採用された。その間1度デザイン変更)。
隠棲時代、屋敷を賭場にして寺銭(賭場の場所代)を稼いでいた。 

関連項目

日本鉄道 鉄道建設を支援した
加山雄三 岩倉具視の子孫

pixivに投稿された作品 pixivで「岩倉具視」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1850

コメント