ピクシブ百科事典

征韓論

せいかんろん

幕末・明治初期の政治課題の一つ。

征韓論は幕末から明治初期にかけ、一つの重要な課題であった。

幕末、吉田松陰橋本左内勝海舟らは、欧米列強の侵略に対抗するためには近隣諸国と団結する必要があると考えた。
明治に入ると、朝鮮は排他的鎖国政策をとり、また日本欧米と組んで侵略を企てていると考えて修好を拒んだ。
そこで明治6年西郷隆盛板垣退助江藤新平副島種臣らはこれを討つことを主張する。
が、同年、欧洲から帰国した岩倉具視木戸孝允大久保利通らは内政優先を説いてこれを退けた。
以後、征韓派は参議を辞して下野し、士族の反乱や自由民権運動を展開してゆく。

コメント