ピクシブ百科事典

鍋島直正

なべしまなおまさ

幕末に活躍した佐賀藩主、人材を育成し、洋学を奨励した名君として知られる。佐賀の七賢人。

概要

生没年 文化11年12月7日(1815年1月16日)~明治4年1月18日(1871年3月8日)
鍋島直正とは幕末に活躍した第10代肥前藩主である。第9代藩主・鍋島斉直の十七男。号の閑叟(かんそう)から鍋島閑叟とも称す。
種痘の普及、均田制、焼き物等特産品の生産、蘭学の普及、反射炉を建設すると同時に、藩政改革を行って財政再建を成功させ、日本初の実用的蒸気船・凌風丸を完成させた。
文久元年(1861年)に家督を嫡男・直弘を譲った後も強大な権力をもち、脱藩した大隈重信、副島種臣、江藤新平に対し本来は切腹を命じるところを謹慎処分という寛大な処置を施し各藩の藩士が処刑で命を落とすなか、肥前藩士が維新まで非業の死を遂げたものはいなかった。戊辰戦争ではアームストロング砲といった圧倒的な戦力を持ちながら鳥羽・伏見の戦いで薩長両藩が旧幕府軍に勝利するまで中立を保った後に、官軍についたことで周囲から日和見主義を揶揄されて「肥前の妖怪」と呼ばれた。
前述のお通り、文久元年(1861年)に引退したが岩倉具視に請われて議定、大納言、開拓使長官を務めたが持病の肺炎悪化で明治4年(1871年)に没した。

徳川慶喜は回想でずるいやつと評している。

関連タグ

明治維新 幕末 鳥羽・伏見の戦い

キャラクター・人名

pixivに投稿された作品 pixivで「鍋島直正」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250

コメント