ピクシブ百科事典

鳥羽・伏見の戦い

とばふしみのたたかい

鳥羽・伏見の戦いとは、慶応4(1868)年1月3日に起こった、戊辰戦争のきっかけとなった内乱である。
目次[非表示]

戦争のきっかけ

慶応4(1868)年1月3日に起こった、戊辰戦争のきっかけとなった内乱。
西郷隆盛が討幕の大義名分を得るべく、部下に江戸で乱暴狼藉を働かせ幕府が武力行使をする機会をうかがった。計画通り庄内藩が薩摩屋敷に砲撃。これにより新政府軍と旧幕府軍の戦争が始まった。

開戦

大坂から入京しようとした会津、桑名兵が鳥羽・伏見方面で新政府軍と衝突。数で勝っていた旧幕府軍であったが大軍の利を活かさず多数の方面からではなく鳥羽・伏見の二街道からに進軍は抑えられ新政府軍は兵力を集中でき防ぎやすかった事、会津・桑名などの藩や新撰組は旧態依然の装備であったが、フランスから調練を受けた伝習隊一個大隊も含む幕府歩兵部隊は近代化された軍隊であり装備も新政府軍の近代兵器に見劣りするどころか凌駕している面もあったが戦場での経験の差に薩長より劣っていた事もあり苦戦、更に戦の最中に錦の御旗が掲げられ賊軍となることを恐れた旧幕府軍の中から淀藩などの離反者が続出した。戊辰戦争のきっかけとなりこの敗北を機に幕軍は連戦、連敗を強いられることとなる。
敗北後徳川慶喜は大阪城から逃走。江戸へ帰還した。

参戦陣営

コメント