ピクシブ百科事典

概要

陸奥会津若松城に藩庁を置いた。親藩(初期は外様)。表高23万石。

鎌倉時代以来この地は蘆名氏の領地であったが、伊達政宗によって滅ぼされ、小田原征伐後は蒲生氏郷上杉景勝がこの地を領した。関ヶ原の戦いの後蒲生秀行加藤嘉明が領したが、お家騒動によって除封され、1643年、将軍徳川家光の異母弟保科正之が入部してからは保科(松平)氏が9代にわたり藩主をつとめた。

藩校の日新館の方針は厳しかった。完全な実力主義で、成績が良ければ飛び級のようにどんどん先に進めたのに対し、成績が悪いと20年以上経っても卒業させてもらえなかった。心得の中にある「ならぬものはならぬ」という文言は有名。

前述の経緯から江戸幕府と一蓮托生ともいうべき間柄の藩で、幕末の1862年、9代藩主松平容保は京都守護職に就任し、佐幕派として活躍した。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の中核となって新政府軍と戦い、会津戦争で老人や白虎隊などの若年兵、斎藤一新撰組、娘子軍の中野竹子川崎八重のような女性までも動員して新政府軍に徹底抗戦するも敗北した。

改易の後、1869年に陸奥斗南(青森県下北半島)3万石に移り再興したが、本州最北端での生活が苦しかったことは言うまでもない。なお、明治政府に下北半島での再興を命じられたわけではなく旧会津藩士の間で自らこの地を選んだ。そちらへは行かずに会津に残った藩士もいる。


なお、上記の白虎隊や新選組、娘子軍らのエピソードや後世の人間たちによる判官贔屓もあって、現在では「江戸幕府に最後まで殉じた悲劇の藩」と目されていることが多い会津藩だが、それらはほとんどが藩士や武士といった当時の支配者層たちの物語(後年の創作や誇張も含む)であり、被支配者層であった領民(庶民)たちから見ると、決して「悲劇」ばかりとは言い切れない。

詳しくは割愛するが、会津藩は江戸幕府との関係が深かったが故に出費も多く、戊辰戦争勃発以前から領民は重税と武士至上主義の旧態依然とした藩の体制に苦しめられていたことが判明していた。会津戦争の際にはそんな藩に愛想を尽かし、敵である新政府軍を「圧政からの解放軍」と見做して寝返った領民も数多くいたことが分かっている(「会津世直し一揆」の項目も参照)。
また、これが当時会津攻めの司令官だった板垣退助がのち自由民権運動に身を投じたきっかけの一つになったという。

現在の会津地方はいささか特殊な歴史観が膾炙しているが、被支配者層であった領民たちの目線に立って見直してみると、また違って見えてくるのも歴史の面白いところであろう。


余談になるが、会津藩の近くに位置する庄内藩(現在の山形県鶴岡市)も同様に旧幕府軍として会津藩と共に新政府軍と激戦を繰り広げ、会津藩敗北後も最後の最後まで頑強に抵抗した藩である。

こちらの藩は「領民を手厚く保護する」藩政を代々行っており、藩主および藩士と領民の仲が良く結束が非常に固かったため、これが間接的に戊辰戦争における善戦へとつながった(多くの領民が率先して庄内藩の兵士に志願しており、新政府軍への寝返りがほとんど無かった)と考えられており「新政府へ恭順するまで、城どころか自領内への新政府軍の侵入を一度たりとも許さなかった」逸話など、会津藩の知名度に隠れがちではあるものの、その精強さや結束力の固さは会津藩と並んで後世に伝えられるべき事柄であろう。

関連タグ

会津 会津若松市

関連記事

親記事

はん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「会津藩」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「会津藩」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8334

コメント