ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

天保元年(1830年)生まれ。
諱は近悳。また明治以降は保科頼母と改名している。
西郷隆盛とは室町時代の菊池氏まで遡る縁者。
柔道家西郷四郎は養子。

会津藩家老西郷近思の子として生まれる。万延元年(1860年)父の後をついで会津藩家老となり、主君松平容保を支えた。容保の京都守護職就任に際しては、藩を政局に巻き込むことを憂慮して最後まで反対したため、家老職を解任、蟄居処分を受ける。

戊辰戦争が勃発すると家老職に復帰。白河口にて新政府軍と戦うが、若松城が包囲されると容保に切腹と降伏を勧める。藩士たちはこれに激怒し立場が危うくなった西郷は、越後への使者と称し、長男吉十郎を連れて会津を脱出した(容保から脱出を勧められたとも)。
なお、西郷の母や妻子たちは、籠城戦の足手まといとなることを憂慮し自害している。

会津を脱出した西郷は榎本武揚らと合流。箱館戦争を戦い、降伏後は館林藩へ預けられた。
後に許され、神職などを歴任。旧主松平容保が日光東照宮の宮司となった際には禰宜を務めた。

明治36年(1903年)、故郷会津若松にて死去。

評価

典型的な会津藩士の例に漏れず頑固な保守的思想で、他家から養子としてやってきた松平容保とは度々対立している。
会津藩のことを第一に考え、藩に尽くした忠臣と評される一方、妻子を含め親族が自害する中、自身は逃走し生きながらえた臆病者と評されることもある。

関連項目

武士
家老
幕末
戊辰戦争

関連記事

親記事

会津 あいづ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「西郷頼母」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント