ピクシブ百科事典

嘉納治五郎

かのうじごろう

講道館柔道の創始者。明治~昭和期の教育家。アジア初の国際オリンピック委員。

1860(万延元)年~1938(昭和13)年。
摂津国(現在の兵庫県)生まれ。実家は廻船問屋だった。
少年期から柔術を学び、東京帝国大学を卒業後、講道館を創始した。有名な門下生の一人に、『姿三四郎』のモデルとなった西郷四郎がいる。
古流柔術を独自に整理し、打撃技ではなく投げ技と絞め技を主体とする「柔道」を確立させた。
一方で教育者としても活動し、文部省参事官、第五高等中学校の校長、東京高等師範学校の校長などを務めた。
1909(明治42)年にはアジア初のIOC(国際オリンピック委員会)委員に就任。
1938(昭和13)年にはIOCカイロ総会に出席して、1940(昭和15)年の東京オリンピック誘致に成功したが、その実現を見ないまま帰国の途中に死去。
『精力善用自他共栄』、『柔道講義』、『回顧六十年』など教育論、体育理論についての著作も多い。
NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』には、第1章の主要キャラクターの一人として登場(演:役所広司)。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「嘉納治五郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1462

コメント