ピクシブ百科事典

内柴正人

うちしばまさと

日本の元柔道家、現在は格闘家。
目次[非表示]

概要

熊本県出身で、9歳から柔道をはじめ頭角をあらわし中学卒業から上京国士舘高校、大学と進学。

2004年に開催されたアテネオリンピックや、2008年に開催された北京オリンピックでは、それぞれ柔道男子66kg級にて金メダルを獲得。
その後引退し指導者に転向し九州看護大学へ客員教授として赴任しまだ歴史の浅かった同校の柔道部監督となった。

スキャンダル

しかし、実は彼の酒癖女癖などの悪さは実は知る人ぞ知る事実であったらしく、北京五輪直前に渡瀬恒彦運転手暴行を加えて示談で済ませていた事があったが当時はスター選手だったこともあり大事にはならなかった。
そのせいか金メダリストの実績にもかかわらず指導者として迎えるのも何故か母校の国士舘や
熊本県内の柔道名門校ではなく、柔道部としては新興の学校であった。
そして彼はついにやらかすのである。

2011年11月、赴任して1年も経たない九州看護大学はセクハラ疑惑があったとして彼を解雇。
直後に彼は合宿で部員を引率していったときに未成年部員の飲酒を制止せず挙げ句その女子部員に手を出したとして準強姦罪で逮捕されてしまい、金メダリストの威光は地に堕ちた。
本人は裁判合意の上だったなどと弁解したものの、そもそも妻子ある身で教え子に手を出すというのが教員としても人としてもアウトなので逮捕以前にクビは当然である。
かくして彼は妻子にも去られ、自らの栄光を汚してしまったのである。

2012年1月10日、全柔連は前年12月27日付で彼の指導者登録を停止処分にしたと発表、さらに翌年2月には一審の有罪判決を受けて会員登録永久停止処分を受け、彼は柔道界から完全追放された。
また五輪を受けてもらっていた故郷の自治体等からの栄誉賞なども剥奪された。

裁判で最高裁まで争ったものの2014年に刑が確定し服役。
2017年9月に仮釈放(刑期満了自体は12月)されたが、柔道界に戻ることもできない状況のため総合格闘技イベンターの紹介もあり、柔術で格闘家として再出発することとなった。

そして2018年、中央アジアキルギス柔道連盟総監督就任と相成った。

関連タグ

柔道

pixivに投稿された作品 pixivで「内柴正人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15780

コメント