ピクシブ百科事典

金栗四三

かなくりしそう

日本のマラソン選手。1891年(明治24年)~1983年(昭和58年)。日本初のオリンピック出場者。

概要

熊本県出身。
1911年(明治44年)、当時の世界記録を大幅に更新するタイムを出し(しかもシューズではなく、マラソン足袋着用によるもの)、翌1912年(大正元年)、短距離走の三島弥彦選手とともにストックホルム五輪に出場。

しかしオリンピック初出場の日本は、選手の体調管理に対する知識も乏しく、さらにレース当日は最高気温40度という猛暑で、選手の半数が棄権、脱水症状で死者が1名出る程の過酷な環境であった。金栗も日射病で倒れてしまい、コース途中の農家で手当を受けて、翌日意識が戻った時には既にレースは終わっており、失意の内に帰国する。
帰国後は箱根駅伝の創始にも関わり、「日本陸上界の父」と言われた。

ところが彼のリタイアを大会本部は把握しておらず、金栗本人も棄権の意思を届け出ないまま帰国してしまったため、記録上では「レース中に失踪、行方不明」という扱いになっていた。
時は流れ、1967年(昭和42年)3月、ストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典が挙行された際、委員会が金栗の記録に気づき、ゴールさせてやろうではないかという運びになった。招待を受けた当時75歳の金栗が競技場のトラックを走り、ゴールのテープを切った時、場内では「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」という粋な計らいのアナウンスが流れたという。

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』では、主人公の一人を務める(演:中村勘九郎)。

関連タグ

関連記事

親記事

オリンピック おりんぴっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金栗四三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5045

コメント