ピクシブ百科事典

関東大震災

かんとうだいしんさい

大正12年に大正関東地震により発生した大規模な災害(震災)。
目次[非表示]

概要

大正12年(1923年)9月1日(土曜日)11時58分頃、相模湾で発生したM(マグニチュード)7.9~8.1、Ms(実体波マグニチュード)8.2~8.3、Mw(モーメントマグニチュード)7.9~8.2というM8クラス相当の規模を誇る巨大地震(関東地震)に伴い発生した災害震災)。相模トラフ沿いで起こった巨大地震の一つであり、日本災害史上最悪の震災である。

震度

観測所で観測された震度のみで掲載する。

震度観測所
(7)小田原
6熊谷 布良(富崎) 東京 横須賀 甲府
5宇都宮 銚子 長野 飯田 沼津 浜松 宮津
※震度4以下は省略

本震3分後にM7.2、4.5分後にM7.3の地震が起こって地震動は10分以上続いている。
この地震は日本から約9000kmも離れたオーストリアのウィーンやフランスなどのヨーロッパの国々にまで震動が確認されており、地球規模で震動したと思われる。

関東大震災の再現シミュレーション


緊急地震速報にPLUM法が使用されています。

地震のメカニズム等

震源域は相模トラフ沿いの西側とされ、三浦半島の延長線方向の相模トラフの走行に平行する右横ずれの低角逆断層とされる。地震調査委員会は発生要因をフィリピン海プレートの沈み込みによって生じたプレート境界での北米プレートの跳ね返りとしている。

前兆現象

大正4年(1915年)11月、東京で有感地震が過去最多の18回観測され、その後に沈静化していき静穏状態になった。今村明恒助教授が、それまでの観測のもとこの地震を約18年前に予言していたが、大森教授に騒ぎを沈静化させるために論文を撤回された。
1 ~2年前に大正10年(1921年) 茨城県南部で地震(M7.0)と大正11年(1922年) 浦賀水道で地震(M6.8)が発生し、浦賀水道の地震では25人が死傷した。
2 ~3ヶ月前に茨城県東方で200~300回の群発地震が発生している。

余震活動

基本的に確認されたM5以上の地震を掲載している。

  • 1923年
    地震発生日と時刻震源規模
    1923年9月1日12時1分東京湾M7.2
    12時3分神奈川県・山梨県・静岡県県境付近M7.3
    12時7分伊豆大島近海M6.0
    12時11分伊豆大島近海M5.6
    12時17分伊豆大島近海M6.4
    12時23分相模湾M6.5
    12時40分相模湾M6.5
    12時47(48)分山梨県中・西部M6.8
    13時20分伊豆大島近海M6.2
    13時31分静岡県東部M6.1
    14時22分静岡県伊豆地方M6.6
    15時19分茨城県沖M6.3
    16時37(38)分静岡県東部M6.6
    9月2日11時46分千葉県南東沖M7.3
    18時26(27)分千葉県東方沖M6.9
    22時9分静岡県伊豆地方M6.5
など
  • 翌年
    地震発生日と時刻震源規模
    1924年1月15日5時50分神奈川県西部(丹沢地震)M7.3
など

東日本大震災のような海溝型地震であるため、余震が連発して発生した。

被害

南関東各府県と茨城県静岡県東部に甚大な被害をもたらした。死者・行方不明者は約10万5,000人(長年約14万人とされていたが近年の研究により重複があるとみられてきている)という日本の震災の中でも最大の死者数を誇る。
横浜東京下町(特に火災による被害が多く、日本橋地区は全面積が焼失京橋神田浅草本所深川などもほぼ焼失したとされる)は壊滅的な被害があったものの、短期間で復興した。

なお横浜に明治時代以来の建物が少ないのはこの時の大震災で失われた事が主な原因である。震災後の東京は江戸の名残が一掃され、広い車道の両側にビルが立ち並ぶ無機質な近代都市に変わっていった。

また神奈川県などでは土砂崩れによる土石流が原因で300人以上が死亡あるいは行方不明となっている(特に神奈川静岡では崖崩れによる死者が複数出ている)。さらに津波も発生、鎌倉では300人以上が死亡。

震災後デマ

首都圏に壊滅的打撃をもたらした震災という未曾有の事態であったが、当時はまだラジオ放送がなく、電話も普及しておらず、一般の人々が遠隔地から情報を得る事ができる手段は新聞のみであった。しかし、東京府内に存在した新聞社は社屋焼失あるいは発行不能な状態(府内において9月5日夕刊が震災後初となった)となっており、人々はを情報源とするしかなかった。またその他の地域の新聞も情報を得ることができなくなり、政府や軍などの当局の発表や伝聞情報などを頼りにするしかなかった。

その結果、新聞の地方版では「伊豆七島全島が噴火」「東京が津波で水没」「東京駅が崩壊し駅員3500人が全員圧死」など荒唐無稽な見出しが紙面に踊る事になった。

その中で混乱に乗じた朝鮮人による凶悪犯罪、暴動などのデマが広まる。「朝鮮人が井戸を投げ込み、放火を行っている」「数百人もの不逞鮮人が上陸、日本を脅かしている」などの事実無根の情報が行政機関によって伝えられ、いくつかの新聞が掲載した。これにより噂の信憑性が増す事になってしまい、当時日本が併合していた朝鮮の出身者や、中国人などが多数殺害された。また「会話のイントネーションが違う」ことなどにより地方出身者および聾唖者なども朝鮮人と誤認されたとみられ、自警団などにより殺害された(参照梓澤和幸のホームページ)り、すんでのところで日本人とわかり殺害を逃れた、と言った証言もいくつも存在している。

なお、「朝鮮人暴動説」の主な発生源は、当時内務省警保局長を務めていた正力松太郎(のち読売新聞社主)であり、これを鵜呑みにした各警察署や新聞社が市民にデマを広げたものである。陸軍第一師団の検証によりこれが全くの虚偽であることが露見すると、警視庁は新聞等に対し報道規制を布き、報道されないようにした。

その他・被害と影響について

  • 東京帝国大学図書館大倉集古館などが焼け、資料等が大量に失われた
  • 石造やレンガによる建築が地震に弱いことが広く知れ渡り、その後はほとんど建築されなくなった。建築基準に耐震性が加えられた(建築関係者の間では、1891年(明治24年)の濃尾地震で耐震構造の重要性が既に認識されてはいたが不徹底だった)。
  • 第一次世界大戦の好景気の反動により不景気となりかけていたがこの震災によりさらに不景気となる、影響は昭和の金融恐慌まで続いた。
  • 上野大仏の首が落ち、予算不足のため再建不能となる。
  • 地殻変動により三浦半島や房総半島が1〜2mほど隆起した。これにより沖ノ島(千葉県)などいくつかの島が陸続きになっている。
  • 治安維持の失敗(おまけに上述のようにデマまで流し社会不安の原因を作りだしている)により警察信頼が薄れ、軍隊の信頼が増した。

鉄道

国鉄

私鉄

  • 小田原電気鉄道(後の箱根登山鉄道)は駅舎の多数が半壊、鉄道網も大幅に破壊され、さらに当時行っていた電力事業に関しても被害甚大であり廃業寸前まで追い込まれた。のち他社による買収を受け、その後分離された。
  • 熱海軌道組合線(大日本軌道小田原支社の路線は熱海線敷設の際国に売却されたが、それを引き継ぐため国が資産を貸し出す形で運営された鉄道、当初小田原-熱海間だったが小田原-真鶴間は廃止されていた)はこの地震により全線不通となり、そのまま廃止された。

軍事

  • 空母改修中の天城が破損、廃艦となり、破棄されるはずだった加賀が空母となった。
  • 長門が救援物資を輸送したがその際27ノット出したことが外国に確認される、なお「釜が壊れるくらいたいたので限度を超えていた」といいわけ(実際にはかなり余裕を持たせた設計だったらしい)した模様。

切手類

  • 印刷局および倉庫が被災し、切手(一部の原版)および収入印紙等の印紙類(原版のほとんど)の印刷が不可能となった。そのため民間印刷所に切手などを製造させた(なお紙幣に関しても民間に依頼して印刷した記録は残っているが日本銀行等が所有する分で間に合ったため発行せず焼却)。
  • 記念切手(東宮御婚儀)が原版ごと焼失、発行中止となっている。

関連タグ

地震 震災 防災の日 相模トラフ巨大地震
阪神大震災平成7年(1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害。
東北・関東大震災:平成23年(2011年3月11日東北地方太平洋沖地震による震災の呼称のひとつ。→ 東日本大震災

pixivに投稿された作品 pixivで「関東大震災」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237000

コメント