ピクシブ百科事典

韋駄天

いだてん

韋駄天とは仏教における天部の神の一人。

「韋駄天」の称は漢訳仏典には無く、中国道教の神「韋将軍」と習合した際に生じた表記である。
元になったのはインド神話の軍神スカンダで、塞建陀天、私建陀天、建駄天、違駄天などと音訳された。

大乗仏教においては四天王の配下である三十二将のリーダーで、三十二将のうち増長天につく八将の一人である。
一面二本腕二本足で人間に近い姿をしている。仏像仏画では合掌した両手の上に掲げ持つようにや棒を乗せている事が多い。

大乗仏教における韋駄天は足の速い神とされ、それを生かして仏舎利を持ち去った夜叉を捕まえたとされる。
足の速い人を「韋駄天」と呼ぶのはこれに由来する。
また、子供病気を癒す医神としての顔も持つ。院を守護する「伽藍神」としてもよく祭られる。

スカンダが原型となった天部はもう一人「鳩摩羅天」がいる。こちらはスカンダの異名クマーラ(童子・少年神)が音訳された名称。
インド神話におけるスカンダのように、孔雀に乗り、六つの顔を持つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「韋駄天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45257

コメント