ピクシブ百科事典

摩利支天

まりしてん

摩利支天とは大乗仏教で信仰される天部の女神である。
目次[非表示]

概要

日天の眷属たる陽炎女神
日天に付き従い、常にその前を疾行する俊足の持ち主。
焼けず、濡れず、傷付かず、目立たず、すばやく仏敵を発見して切り込んでいくという。

マリーチ(「光線」の意)という梵名を持つが、インド神話に彼女に対応する神格は存在しない。
同名の神はいるが、こちらは男性神で、マルト神群(嵐の神々)の一柱。
ブラフマーの息子で、リシ(聖仙)やプラジャーパティ(創造神)の一人、という顔を持つ。
名前が同じ別神といったところか。

現在では、ヴェーダ神話に登場するの女神「ウシャス」”が、摩利支天の原型として有力視されている。

姿

摩利支天。


に乗り、様々な武装をもつ女性像。に腰掛け、その蓮が猪の背に乗った形になっているものが多い。

多くは顔は一つ腕は二本(一面二臂)の像で表させるが、三面かつ六本腕八本腕(三面六臂/三面八臂)の姿も存在する。
多くは片手にを握っている。

男性の姿の像も作られている。

信仰

その勇ましい姿から、毘沙門天と並んで武芸守護・戦勝祈願、また主に付き従って功を立てる姿から“武士の守護者”の天部として信仰される。

中国では道教の神・斗母元君としても信仰されている。
また准胝観音と同一視されることもある。

中世の日本では戦国武将武士たちによって信仰された。著名な信仰者に楠木正成毛利元就山本勘助前田利家がいる。

真言は――
オン アニチ マリシエイ ソワカ

創作における摩利支天

摩利支天マリーチ 天空戦記シュラトの登場人物。
マリシテン 女神転生シリーズに登場する仲魔
摩利支天(LoV) ロードオブヴァーミリオンに登場する使い魔
紅楼蜃夢・摩利支天 神咒神威神楽の登場人物玖錠紫織の太極。

関連タグ

仏教
太陽神 天部 戦女神
戦闘 陽炎

pixivに投稿された作品 pixivで「摩利支天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85812

コメント