ピクシブ百科事典

毛利元就

もうりもとなり

日本の戦国大名。1497年4月16日-1571年7月6日(明応6年3月14日-元亀2年6月14日)
目次[非表示]

概要

室町時代後期から戦国時代において活躍した安芸の国人領主・戦国大名。安芸の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域迄、領土を拡大させ中国地方だけでなく、戦国時代を代表する名将の一人として評価されている。二つ名として「乞食若殿」や「謀神」と呼称される。特にありとあらゆる権謀術数を使用した稀代の策略家として有名でありその実、緻密に計算された策略の数々はかなり高く評価されている。

経歴

安芸の国人・毛利弘元と福原氏との間に次男として誕生。(兄は先代当主・興元。弟に父の側室の子である元綱)幼名は松寿丸。幼少期は早くに母を亡くし、松寿丸が10歳の時に父・弘元も酒毒が原因で死去。その様な大変苦しい境遇から「乞食若殿」と貶されていたという。

永正8(1511)年に元服し、元就を名乗る。

1516年、兄の興元が24歳で急死。家督は興元の嫡男・幸松丸が2歳で継ぐが、幸松丸が幼少の為、元就は叔父として幸松丸を後見する。

その後、安芸武田家当主・武田元繁が自国の領土に攻めて来た「有田中井手の戦い」において数の上で優勢だった安芸武田氏の軍勢に辛くも勝利し、毛利氏の発展と安芸武田氏の衰退につながった。この戦いは「西国の桶狭間」とも呼ばれている。

甥の幸松丸が9歳で死去すると、家督を継ぐ。しかしこれを快く思わない坂広秀と渡辺勝らは元綱を後継者として立てようとした。

しかし元就は先手を打って元綱とその一派を殲滅して鎮圧。この事件以降、大内家に再び従属。一時期は尼子に戻るが、結局大内に戻っている。

1541年、尼子晴久が吉田郡山城が攻めてくると大内援軍の陶晴賢の救援もあって勝利した。

しかし翌1542年、大内義隆は月山富田城攻めに失敗してあえなく撤退。元就は義隆に怒りを買った。

その8年後(1550年)、吉川家最後の当主・吉川興経を暗殺して次男・元春を吉川家に入れる事に成功。

更に当時の沼田小早川家当主・繁平に問題があった為、元就は繁平の妹(後の問田大方)に通じて竹原小早川家を継いでいた三男・隆景を養子に入れようとする。

小早川家臣・田坂全慶が反発したので元就は始末し、両小早川家の統一に成功。

1551年、大寧寺の変(大内義隆が家臣・陶晴賢に滅ぼされた事件)の際には陶晴賢に属す。しかし大内家の領国を無断で奪取し、陶晴賢との対立を招いた。

元就は軍事能力を低下させようと画策。結果、江良房栄を計略で騙して謀殺させる。

そして、有名な厳島の戦いで陶晴賢を破り、大内氏を弱体化させ滅ぼし、尼子氏も打ち破り強大な支配領土を固めた。その後、度々体調を崩して75歳にて死去。

三本の矢

毛利元就に関する最も有名な逸話のひとつだが、実際は後世の創作。

ある日、元就は三人の息子(毛利隆元吉川元春小早川隆景)を枕元に呼び寄せ、1本の矢を折るよう命じた。息子たちが難なくこれを折ると、次は3本の矢束を折るよう命じたが、息子たちは誰も折ることができなかった。
元就は一本では脆い矢も束になれば頑丈になるということを示し、三兄弟の結束を強く訴えかけたという。

……と言うことになっているが、実際は長男の隆元が元就より8年も前に死亡しているため、どう考えてもありえない図式である。

とは言え、説話もしくは教訓話としては人口に膾炙している。有名な所ではサッカーチームサンフレッチェ広島がこの逸話を基にしたネーミングである。

余談

彼の書いた書状が何通か現存しているが、現代人の目からしてもかなりの達筆である。
そのためか、NHK大河ドラマ『毛利元就』に題字として彼の直筆の字がそのまま採用されている。
そしてスタッフロールにも『題字 毛利元就』と載っている。
大河ドラマに本人の名がスタッフロールに流れたのは今のところ彼一人のみである。

関連タグ

謀神 高性能じいちゃん 松寿丸 厳島神社 中国勢 武将 中国三大謀将 毛利家
妙玖(正室)
毛利隆元吉川元春小早川隆景…三本の矢
穂井田元清 小早川秀包 五龍局 
毛利輝元 吉川広家 毛利秀元(孫)
尼子経久 大内義隆 陶晴賢

創作

毛利元就(戦国無双

もうりとたちばな



CV:石川英郎
史実元就が身内を重んじた一面を強調したキャラクターで、癒し系に描かれている。

詳しくはこちら→毛利元就(戦国無双)

毛利元就(戦国BASARA



CV:中原茂
史実元就の身内以外に冷酷な一面を強調したキャラクターで、悪役的描写が多い。

詳しくはこちら→毛利元就(戦国BASARA)

毛利元就(戦国ランス

毛利元就



呪い憑きの毛利家の老人国主。一人称は「儂(わし)」。

豪快で戦と宴会が好きな「わんぱく爺」。元々は普通の人間だったが、妖怪にかけられた呪いにより人間離れした巨体と力を持ってしまった。その力に惹かれた多くのチンピラを部下にし、周囲の国を侵略した。歳の離れた3人の娘、毛利てる吉川きく小早川ちぬがいる。毛利の一般兵(モブ)は基本的にオレンジのモヒカンで、元ネタは『北斗の拳』。

呪い憑きの状態では戦闘性能が特殊で、元就隊は戦場に出撃すると孤軍扱い。反撃を受けない上に固定200(人撃破)ダメージを与える「元就パンチ」を用いる。呪いが解けた後も攻撃力が高く、隊の強さは脅威的。

明らかに他の作品で見られる知的イメ-ジの欠片もないが、これは知的イメージで登場させては面白くないからという理由で、こうなった。

毛利元就(戦極姫

共に歩む人



CV:草柳順子

毛利家の女性当主。当主としての自覚に乏しく、気弱でおとなしい性格。猫好き。戦事には長けているものの、本人は戦を好んでいない。PC版「戦極姫3」では四人の子が居る母親になっており、当主の座を長女の毛利隆元に譲っている。

毛利元就(戦国大戦

毛利さんちが


(左側が青年期の毛利元就。右側は三男の小早川隆景

「15XX五畿七道の雄」から参戦。
青年期と老年期の姿でそれぞれ1枚ずつ存在する(「戦国大名」版も含めれば3枚)。

青年期は当主就任~厳島合戦直前までの頃の姿。
群雄伝では、当初は野心を抑えきれない自信過剰な人物像だが、尼子経久との戦いを通して戦国大名としての冷徹さを身に着けていく。

老年期は厳島合戦~死去までの頃の姿。
一般にイメージされる謀神毛利元就に近い。事前の準備と工作により確実に勝利を収める老獪な人物だが、嫡男・毛利隆元の死を契機に後継者たちの育成に力を注ぐ。
持ち計略「謀神の掌上」は莫大なコストと相応の効果時間を誇る陣形だが、発動時のボイス「我がをもって敵を切り裂く」が謀神渾身のギャグと受け止められネタにされた過去がある。

毛利元就(殿といっしょ

毛利さん

(左端)
三矢の教えを息子たちに伝えようと必死な教育パパ。あまりに教育熱心すぎて、教育のために身を滅ぼしているフシすらある。

毛利元就(信長の忍びシリーズ)

三男・隆景曰く「稀代の謀略家」であり、人を見る目に長けている。斎藤道三の没後、諸国を漫遊していた明智光秀に対し「貴殿の心にはが飼われている」と指摘している。

毛利元就(御城プロジェクト)

御城プロジェクト:RE 敵兜「毛利元就」


という敵として登場。三つの眼と三本の矢を収納する矢筒を持つ。重装備で着込んだずんぐりむっくりな体型に加え、ガスマスクを被ったかのような顔と煙突で、スチームパンクめいた出で立ちをしている。イベントと本編の両方に登場。「謀神」の異名通り、雑魚を掃討した主人公をだまくらかし、知略で追い詰めるも敗北、その後はイベントで様々な謀略を張り巡らし、何度も主人公を襲撃してくる。自身の住んでいた城である吉田郡山城の事は一応気に入っており、兜ないで「どの城娘が一番か」談義をした時は彼女が一番であると主張している。
非常に移動速度が遅いが、「三本の矢」の逸話通り、三本の矢を一度に放つ攻撃をする。これの何が嫌らしいかと言うと「範囲内に目標が三つあればそれら全てを攻撃する」点にある。遠距離城娘はもちろん、蔵やトークンすら狙われるため、蔵の防衛が重要なイベントでは撃破に手間取るとポンポン蔵を破壊される大参事にみまわれる。更に殿すら射程に収めれば攻撃対象にするので、どれだけ城娘で固めようと一定範囲内まで近づかれたら殿がついでのように撃ち抜かれて詰む。流石は謀神。


他の記事言語

Motonari Mouri

pixivに投稿された作品 pixivで「毛利元就」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66228401

コメント