ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要


永禄10年(1567年)、毛利元就の九男として生まれる。幼名は才菊丸。母は乃美大方で四兄・穂井田元清と七兄・天野元政の同母弟。

才菊丸が生まれたとき元就は数えで71歳であり、44歳も年長の長兄・毛利隆元は生まれる前に亡くなっていた。
当初は備後の国人大田氏の後継となり大田元綱(おおたもとつな)と名乗るが、天正7年(1579年)に男子のいなかった三兄・小早川隆景の養子となり小早川元総(こばやかわもとふさ)と名乗った。
天正11年(1583年)、人質として甥の吉川広家と共に大坂の羽柴秀吉の下に送られた際に「秀」と「藤」の字を賜り、藤四郎秀包(ひでかね)と改名する。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで初陣。その後も四国征伐・九州征伐・文禄・慶長の役など多くの戦に参加するが、関ヶ原の戦いにおいて西軍として大津城攻めに参加したため改易。翌慶長6年(1601年)、長門赤間関(現在の下関)において35歳の若さで病没した。

逸話

  • 立花宗茂とは小早川隆景を義父として義兄弟の契りを結んでおり、多くの合戦を共にしている。
  • 妻は大友宗麟の娘・マセンシア桂姫。本人も受洗し、洗礼名はシマオ。
  • 兄弟の中では次兄の吉川元春に次いで武勇に秀でていたという。また鉄砲術に長けており、「雨夜手拍子」という銃を愛用していたという。


関連タグ

戦国武将吉川元春毛利輝元小早川秀秋

関連記事

親記事

毛利元就 もうりもとなり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小早川秀包」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17920

コメント