ピクシブ百科事典

毛利マセンシア

もうりませんしあ

戦国時代・江戸時代初期の日本の女性。
目次[非表示]

元亀元年(1570年)~慶安元年(1648年) 本名・桂姫、通称・引地の君。
小早川秀包の妻で長男・元鎮、次男・元貞の他女子数名をもうけた。

生涯


1570年、大友宗麟の娘として生まれる。乳母のカタリナの影響で1585年にキリスト教に入信する。
父・宗麟の無くなった1587年に秀包と結婚。同じくキリシタンであった夫の信仰に影響を与えたと言われる。
関ヶ原の戦いの翌年、1601年に夫が死去。
1648年に亡くなるまでキリスト教の信仰を貫いた。

逸話


  • 関ヶ原の戦いのときマセンシアと子供たちは筑後にいたが、加藤清正鍋島直茂黒田官兵衛の軍勢に攻められ生命の危険に晒された。このとき秀包は攻め手が黒田家ならば信頼できるので降伏するように言っていたという。
  • 毛利家の当主・毛利輝元はキリシタンを嫌っており、迫害・弾圧を行いマセンシアにも棄教を迫った。しかしマセンシアはこれに従わず、逆に宣教師の来訪を許可するよう輝元に要求したため、輝元も彼女の信仰を黙認するしかなかった。
  • 長男・元鎮の洗礼名は「フランシスコ」、であり大友宗麟と同一のものである。

関連タグ

戦国時代九州勢中国勢

pixivに投稿された作品 pixivで「毛利マセンシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4885

コメント